今週の注目レース

中日新聞杯(GⅢ)

中京競馬場 2000m(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

マウントロブソン

牡4歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスパスカリ
  • 母の父:Mr. Greeley
ここに注目!

昨年はクラシック三冠全てに出走し、皐月賞6着、日本ダービー7着、菊花賞7着という成績を残した。今年はここまでオープン特別で2勝を挙げ、あらためて能力の高さをアピールしている。昨年3月のスプリングS以来の重賞制覇を飾り、さらなる飛躍につなげたい。

昨年の菊花賞(7着)後は9か月間じっくり時間をかけて休養し、復帰初戦となったオープン特別・福島テレビオープン(福島・芝1800m)では、2番手から押し切りを図るマイネルハニー(2着)を、ゴール寸前で力強く捕らえて快勝。続く札幌記念は、スタートで他馬と接触し、後手に回ったことが響いて8着に敗れたが、前走のオープン特別・オクトーバーS(東京・芝2000m)では、中団追走からメンバー中最速となる上がり3ハロン34秒4(推定)の末脚を繰り出し、ストロングタイタン(2着)をハナ差かわして5勝目をマークした。伯父にクロフネがいる良血馬で、4歳になった今年は馬体が490kg台まで成長しており、充実期を迎えていることは明らかだ。

ミッキーロケット

牡4歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マネーキャントバイミーラヴ
  • 母の父:Pivotal
ここに注目!

今年初戦の日経新春杯で重賞ウイナーの仲間入りを果たし、その後は不良馬場だった前走の天皇賞・秋(12着)を除けばGⅠの舞台でも大崩れせずに走っている。強敵にもまれて地力強化は明らかだ。今回、GⅢのメンバーなら主役候補の一頭に挙げられる。

3歳時の昨秋は、神戸新聞杯でメンバー中最速となる上がり3ハロン34秒0(推定)の末脚を駆使してサトノダイヤモンドとクビ差2着に入り、続く菊花賞でも5着に善戦した。今年初戦の日経新春杯は、淀みのない流れを好位追走のレース運びから、直線でシャケトラ(2着)との追い比べをハナ差しのいで待望の重賞タイトルを獲得。その後は京都記念4着を経て、大阪杯が7着、約3か月の休み明けとなった宝塚記念も6着に敗れたが、強敵相手に大きくは負けておらず、悲観する内容ではない。前走の天皇賞(秋)は12着に敗れたが、不良馬場がこたえたもので敗因ははっきりしている。今回は57.5kgのトップハンデを背負うが、GⅡを制した地力は一枚上だ。

スズカデヴィアス

牡6歳

調教師:橋田満(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:スズカローラン
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

芝2000mに狙いを絞った今年は、1月のオープン特別・白富士S(東京・芝2000m)で約2年2か月ぶりの勝利を挙げると、GⅠの大阪杯(11着)を除けば堅実な走りを見せている。ひと皮むけた印象で、念願の重賞制覇に向けて機は熟した。

今年初戦となったオープン特別・白富士Sは、直線半ばで狭いスペースを抜け出すと、最後はサクラアンプルール(2着、その後札幌記念を優勝)をクビ差捕らえて勝利。続く金鯱賞でも、直線で猛然と追い込んで勝ち馬から0秒2差の3着に好走した。GⅠの大阪杯こそ11着と大敗したが、続く鳴尾記念と七夕賞では4着に健闘。秋は前々走のオープン特別・オクトーバーS(東京・芝2000m、3着)から始動し、前走の福島記念は、スローペースを4コーナー2番手から抜け出した勝ち馬ウインブライトに、最後はクビ差まで迫って2着に好走した。差す競馬が板につき、脚質に幅が出てきたことで安定感もアップ。近走の充実ぶりは目を見張るものがあり、今回も有力候補の一頭だ。

メートルダール

牡4歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ゼンノロブロイ
  • 母:イグジビットワン
  • 母の父:Silver Hawk
ここに注目!

前走の関屋記念(12着)以来約4か月の休み明けになるが、帰厩後は本レースに照準を合わせて順調な乗り込みを消化している。これまでGⅢ(昨年の京成杯と共同通信杯、今年の新潟大賞典)で3着3回の実績があり、重賞タイトルに手が届くだけの素質馬だ。

今年初戦の1600万下・アメジストS(東京・芝2000m)を1分58秒3の好時計で勝ってオープンクラス入りを果たすと、続く新潟大賞典では、4コーナー10番手から懸命に差を詰めて勝ち馬から0秒3差の3着。今夏のクラス再編成を経て、前々走の1600万下・多摩川S(東京・芝1600m)では、58kgのトップハンデを背負いながら、早め先頭から力強く押し切って5勝目をマークした。12着に敗れた前走の関屋記念は、レース後に騎乗したM.デムーロ騎手が「上がっていこうとしても反応がありませんでした」と語っていたように敗因をつかみ切れていないが、それまでの実績を踏まえれば力負けでないことは明らかだろう。中間は休養で立て直しが図られており、ここは巻き返しが期待される。

マキシマムドパリ

牝5歳

調教師:松元茂樹(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マドモアゼルドパリ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

5歳を迎えた今年は、牝馬限定戦とはいえ愛知杯とマーメイドSで重賞2勝をマーク。先週のチャレンジCを特別登録だけにとどめ、相手関係などを吟味して本レースに出走してくる以上は、上位争いが濃厚と言える。

一昨年の秋華賞で3着に好走するなど3歳時から能力の片りんを示していたが、5歳を迎えた今年に本格化。1月の愛知杯はスローペースで前有利の展開に思えたが、4コーナー11番手から鮮やかに差し切って念願の重賞タイトルを獲得。3月のオープン特別・大阪城S(阪神・芝1800m)は13着に敗れたが、6月のマーメイドSでは早め先頭の正攻法で力強く押し切って重賞2勝目をマークした。その後はクイーンSが7着、京都大賞典が9着と結果を残せなかったが、前走のエリザベス女王杯では先行策からしぶとく粘って勝ち馬から0秒2差の4着に健闘し、あらためて地力の高さを示した。自在性があって展開に左右されにくい点は強調材料で、愛知杯を制した舞台なら能力全開が期待できるはずだ。

ロードヴァンドール

牡4歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ジャズキャット
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

GⅠに昇格した大阪杯の前哨戦で好メンバーがそろった今年3月の金鯱賞では、8枠15番の外枠から果敢に先手を奪うと、最後までしぶとく粘って勝ち馬から0秒2差の2着に好走した。今回も展開の鍵を握る一頭で、その動向から目が離せない。

今年初戦の1600万下・寿S(京都・芝2000m)を勝ってオープンクラス入りを果たすと、小倉大賞典では、ハイペースを2番手で進み直線もしぶとく食い下がって勝ち馬から0秒4差の4着に健闘。続く金鯱賞はスローペースの単騎逃げに持ち込めたとはいえ2着に入り、地力強化をアピールした。GⅠ初挑戦の大阪杯は14着と大敗したものの、前々走の札幌記念は6着ながら勝ち馬から0秒4差に踏ん張っており、着順ほど内容は悪くなかった。前走の天皇賞(秋)は14着に敗れたが、不良馬場で展開も厳しかっただけに、参考外の一戦と言えるだろう。このメンバーですんなりした競馬ができれば、待望の重賞初制覇も可能なはずだ。

バンドワゴン

牡6歳

調教師:石坂正(栗東)

  • 父:ホワイトマズル
  • 母:ピラミマ
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

デビューから2連勝を飾り、2014年のきさらぎ賞では2着に入ってクラシック候補に挙げられた素質馬だ。その後は脚部不安による約2年の長期休養があり出世は遅れたが、復調を果たしていれば重賞を勝っても不思議はない。

今年初戦の1600万下・但馬S(阪神・芝2000m)は、スタートで後手を踏み後方待機策となったが、直線は内ラチ沿いの狭いスペースから鮮やかに抜け出してオープンクラス入りを決めた。前々走の鳴尾記念は直線の伸び脚を欠いて7着。前走の小倉記念は先手を奪ったものの、前半1000m通過タイム58秒3のハイペースに加え、後続に4コーナー手前で早めに来られる厳しい展開になって11着と敗れた。今回は約4か月の休み明けになるが、久々でも力を出せるタイプ。折り合い面の難しさはあるものの、展開が噛み合えばここでも上位進出が狙えるはずだ。半弟スワーヴリチャード(父ハーツクライ、今年の日本ダービーで2着)に引けを取らない非凡な能力の持ち主で、今回、念願の重賞初制覇を目指す。

フェルメッツァ

牡6歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:スキッフル
  • 母の父:トニービン
ここに注目!

3歳時の2014年アーリントンCで3着と、早い時期から素質の片りんを示していたが、その後も半兄フラガラッハ(父デュランダル、5、6歳時に中京記念連覇)と同様に息の長い活躍を続けている。休み明けの前走(福島記念6着)を使われて状態が上向いており、侮れない存在だ。

今年初戦となった1600万下・初富士S(中山・芝1800m)で、横一線の大接戦をハナ差制してオープンクラス入り。昇級初戦のオープン特別・大阪城S(阪神・芝1800m)が6着、初めての芝2500mだった日経賞は12着に敗れた。続くオープン特別・福島民報杯(福島・芝2000m)では、離れた5番手追走から直線でしぶとく脚を伸ばし、勝ち馬に1/2馬身差まで詰め寄る2着に好走。その後は、七夕賞が勝ち馬から0秒4差5着、小倉記念が同0秒5差3着、前走の福島記念が同0秒2差の6着と重賞で大きな差のない競馬を続けており、キャリアを重ねながら着実に地力をつけていることは確かだろう。どのポジションからでも競馬ができる自在性があり、ここも立ち回りひとつで上位争いに加われそうだ。

(京増 正臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: