今週の注目レース

チャンピオンズカップ(GⅠ)

中京競馬場 1800m(ダート)定量 3歳以上オープン

データ分析関連動画

尾張で火花散るダート王者決定戦

阪神競馬場から中京競馬場に舞台が移り、今年で4年目を迎える。当舞台で行われた過去3回において、単勝1番人気は2016年のアウォーディーの2着が最高で、それ以外の年は4着以下に沈んでいる。その一方で、6番人気以下の馬が4頭3着以内に入っている。ダート王決定戦となるこの一戦のレース傾向をつかむべく、今回は東京・ダート2100mで行われた2007年、阪神・ダート1800mで行われた2008〜2013年を含めた過去10年の結果を分析していく。

前走のレースに注目

まず、過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、3着以内馬の大半は前走で「JBCクラシック」・「みやこS」・「武蔵野S」のいずれかに出走していた。そしてその中でも、「JBCクラシック」組の好走率が高い。前記の3レース以外では、地方競馬で行われる「JBCレディスクラシック」・「マイルチャンピオンシップ南部杯」組から優勝馬が出ている。また、中京競馬場で行われた過去3年の優勝馬は、いずれも前走でJBC競走に出走していた。今年も出走各馬の臨戦過程に注目するのも面白いだろう。〔表1〕

〔表1〕前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率  連対率 3着内率
JBCクラシック 4-4-5-28 9.8% 19.5% 31.7%
JBCレディスクラシック 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
マイルチャンピオンシップ南部杯 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
みやこS 2-2-3-27 5.9% 11.8% 20.6%
武蔵野S 2-3-0-26 6.5% 16.1% 16.1%
エルムS 0-0-1-1 0% 0% 50.0%
ダートのオープン特別 0-1-1-5 0% 14.3% 28.6%
その他のレース 0-0-0-32 0% 0% 0%

近走での単勝人気をチェック

過去10年の出走馬について、過去3走の国内のレースでの最低単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬10頭は最低単勝人気が「1〜5番人気」だった。中でも、「2番人気」組が連対率で30%に達するなど、好走率で一歩リードしている。その一方で、3着内率では「6〜9番人気」組でも16.1%となっており、近走での最低単勝人気が「6〜9番人気」だった馬でも好走する余地は十分にあるようだ。〔表2〕

〔表2〕過去3走の国内のレースでの最低単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 1-0-1-9 9.1% 9.1% 18.2%
2番人気 6-3-1-20 20.0% 30.0% 33.3%
3番人気 1-1-2-22 3.8% 7.7% 15.4%
4番人気 1-2-2-12 5.9% 17.6% 29.4%
5番人気 1-1-1-15 5.6% 11.1% 16.7%
6〜9番人気 0-2-3-26 0% 6.5% 16.1%
10番人気以下 0-1-0-14 0% 6.7% 6.7%
過去3走全て海外のレース 0-0-0-10 0% 0% 0%

近走でダート中距離への出走経験が重要

過去10年の出走馬について、過去3走でのダート1800m以上のレースへの出走回数別に成績をまとめると、連対馬20頭中14頭は過去3走でダート1800m以上のレースに2回以上出走していた。それに対し、過去3走でダート1800m以上のレースに出走していなかった馬は3着内率が5.9%にとどまっている。近走でダート1800m以上のレースに出走している経験が、チャンピオンズCで生かされる傾向にある、と言えるだろう。〔表3〕

〔表3〕過去3走でのダート1800m以上のレースへの出走回数別成績(過去10年)
出走回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 5-5-2-39 9.8% 19.6% 23.5%
2回 2-2-8-31 4.7% 9.3% 27.9%
1回 3-1-0-26 10.0% 13.3% 13.3%
0回 0-2-0-32 0% 5.9% 5.9%

直近の重賞での成績に目を光らせろ

過去10年の出走馬について、過去4走以内のGⅠ・JpnⅠを除く直近の重賞での着順別に成績を調べると、勝率で上位となっているのは「1着」と「過去4走全てGⅠ・JpnⅠ」の2組となっている。GⅠ・JpnⅠを除いた直近の重賞で勝っているか、近走でGⅠ・JpnⅠに出走し続けていた馬が優勝するケースが多いようだ。また、この2組に加えて「3着」・「4着」組が3着内率で20%を超えていることからも、該当レースで上位争いに加わっていた馬には、マークが必要だろう。〔表4〕

〔表4〕過去4走以内のGⅠ・JpnⅠを除く直近の重賞での着順別成績(過去10年)
着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 5-4-3-30 11.9% 21.4% 28.6%
2着 1-0-0-20 4.8% 4.8% 4.8%
3着 1-1-2-14 5.6% 11.1% 22.2%
4着 0-3-0-4 0% 42.9% 42.9%
5着 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
6〜9着 1-1-0-16 5.6% 11.1% 11.1%
10着以下 0-1-1-16 0% 5.6% 11.1%
過去4走全てGⅠ・JpnⅠ 2-0-3-12 11.8% 11.8% 29.4%
GⅠ・JpnⅠ以外の重賞不出走 0-0-0-7 0% 0% 0%
重賞不出走 0-0-0-2 0% 0% 0%
  • 備考1:創設1、2年目の格付けされていない交流重賞はGⅡ・GⅢと同列に扱った
  • 備考2:香港ローカル重賞はそのグレード表記の通り集計した
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去3走の単勝人気と着順に注目

2009年以降の優勝馬8頭について過去3走の単勝人気と着順を調べると、過去3走で海外のレースを除き、単勝人気順を2つ以上下回る着順に敗れたことがある馬はいなかった。勝ち馬を検討する際は、近走の着順が単勝人気を大きく下回っていなかった馬に注目したい。〔表5〕

(河野道夫)

備考:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕優勝馬の過去3走の単勝人気と着順(過去8年)
年度 優勝馬 3走前 2走前 前走
2009年 エスポワールシチー 1番人気1着 2番人気1着 2番人気1着
2010年 トランセンド 1番人気2着 2番人気2着 2番人気1着
2011年 トランセンド 海外のレース 1番人気1着 2番人気2着
2012年 ニホンピロアワーズ 3番人気2着 1番人気1着 3番人気2着
2013年 ベルシャザール 1番人気2着 1番人気1着 1番人気1着
2014年 ホッコータルマエ 2番人気2着 海外のレース 4番人気4着
2015年 サンビスタ 1番人気2着 2番人気1着 1番人気2着
2016年 サウンドトゥルー 2番人気3着 2番人気3着 5番人気3着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: