今週の注目レース

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

京都競馬場 1600m(芝・外)定量 3歳以上オープン

2016年 ミッキーアイル

2016年 ミッキーアイル

逃走完遂のミッキーアイルが2年6か月ぶりのGⅠ制覇!

2015年 モーリス

2015年 モーリス

上半期のマイル王モーリスが秋も頂点に輝く!

2014年 ダノンシャーク

2014年 ダノンシャーク

ダノンシャークがハナ差の激戦を制してGⅠ初制覇

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

本競走は1984年の創設以来、11月の京都開催の第3週目に芝1600m(外回り)を舞台に変わりなく行われており、春の安田記念と並んで“ベストマイラー決定戦”として位置付けられている。また、クラシック路線を戦ってきた3歳馬や天皇賞(秋)出走馬の参戦もみられ、例年多彩なメンバーがそろうレースとなっている。なお、本競走は2008年に創設された秋季国際GⅠ競走シリーズ『ジャパン・オータムインターナショナル』に指定されている。

コースの特徴

京都・芝1600m(外回り)

2コーナーの引き込み線にあるスタート地点から、3コーナーまでの距離が長いコース。向正面の半ばから3コーナーにかけては上り坂で、3コーナーから4コーナー半ばにかけて一気に下り、直線約400m(Cコース使用時398.7m)が平坦となる。直線では馬群がばらけて、内が空くケースも多い。京都の芝は移動柵がA〜Dコースまで取れるため、終始インコースの良い状態が続く。基本的には時計勝負になりやすく、スピードの持続性に加えて、インを器用に立ち回れる能力が要求されるコースだ。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: