今週の注目レース

東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1800m(芝)馬齢 2歳オープン

出走馬情報

ワグネリアン

牡2歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスアンコール
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

素質馬がそろった前走のオープン特別・野路菊S(阪神・芝1800m)を快勝。目下2戦2勝を誇り、来年のクラシック候補との呼び声も高い。折り合い面に不安がなく、展開への注文がつかないうえに、瞬発力も一級品。今回、無敗のままV3が期待される。

「馬体は大きくありませんが、雄大なフットワークで走る馬です。また、性格も素直で、レースに行ってからの折り合いにも心配はありません。将来性が高いことはもちろん、現時点での完成度も非常に高い馬ですから、今回も楽しみにしています。前走のオープン特別・野路菊Sは好メンバーが顔をそろえた一戦でしたが、強い内容で勝ってくれたので、今後への自信がつきました」と、厩舎スタッフの評価は極めて高い。今回は初の関東圏への長距離輸送、初の東京・芝コースとクリアすべき条件はあるものの、豊かな才能はすでに証明済み。満を持して東京競馬場へ登場するだけに、どんな走りを見せてくれるのか、楽しみだ。

ルーカス

牡2歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:メジロフランシス
  • 母の父:カーネギー
ここに注目!

全兄に国内外でGⅠを6勝したモーリスがいる、期待の良血馬。夏のメイクデビュー札幌(芝1800m)で初陣を飾った後は、ひと息入れて秋に備えていた。初戦の内容からかなりの能力を秘めていそうで、本レースも勝ってV2を飾り、この先の大舞台へ名乗りを上げたい。

「夏の札幌開催でのデビュー戦を、期待した通りの強い内容で勝ってくれました。その後は予定通りにひと息入れてリフレッシュし、秋初戦となる東京スポーツ杯2歳Sを照準に調整を進めています。調教の動きもひと追いごとに良化中ですから、上々の仕上がりで出走できるでしょう。兄のモーリスと比較するのはまだ早いでしょうが、この馬も素質は高いので、これからが本当に楽しみです」と、陣営は本馬の将来に夢を描いている。前走の4、5着馬はすでに500万下クラスを勝ち上がっており、3,6着馬も未勝利クラスを脱出。メンバーレベルの高い一戦を豪快に勝ち切った本馬には、さらなる活躍が期待される。

シャルルマーニュ

牡2歳

調教師:清水久詞(栗東)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:エイブルアロー
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

ここまで4戦を消化して3着、2着、1着、2着と、上位争いを続けている。前走のオープン特別・アイビーS(東京・芝1800m)はコスモイグナーツとハナ差の2着だったが、1着馬とは内・外のコース取りの差が出た印象で、勝ちに等しいと言っていいはずだ。

「デビューした頃は少しテンションが高くなることがありましたが、実戦を重ねるごとに落ち着きが出ていて、精神面の成長を感じます。もともと折り合いはスムーズなタイプなので、展開に注文がつかない点は心強いです。牡馬としては線の細い印象を残していますが、センスの良い馬ですし、前走で東京・芝1800mを経験したこともアドバンテージになるでしょう。早く重賞のタイトルを獲得させたいですね」と、厩舎サイドは本馬のセールスポイントを挙げていた。今回は大物の呼び声が高い素質馬たちも登場するが、本馬も大きな能力差は感じられず、有力な優勝候補と言えるだろう。

コスモイグナーツ

牡2歳

調教師:高橋祥泰(美浦)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:ナパ
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

前走のオープン特別・アイビーS(東京・芝1800m)を逃げ切って2勝目をマーク。自分でレースを作れる先行力がセールスポイントで、水分を含んだ馬場コンディション(不良)に対応できることも証明した。前走と同じ舞台なら、互角の走りが可能だろう。

「前走のオープン特別・アイビーS(1着)は、7頭と少頭数のレースでしたが、質の高いメンバーがそろっていたので、価値ある勝利だったと思います。不良馬場を苦にせず、ロスなく運べたことが大きな勝因ですが、最後の直線で1度かわされそうになりながら差し返したように、勝負根性も一級品です。その後はレースの疲れも解消していて、今回もいい状態で臨めそうなので、楽しみにしています」と、陣営は前走の勝利を振り返った。以前は少しワンペースの馬という印象もあったが、ここ2戦では最後にギアを上げている感があり、着実に成長を遂げている印象だ。今回、再び逃走劇が見られるかもしれない。

ゴールドギア

牡2歳

調教師:伊藤圭三(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ギンザボナンザ
  • 母の父:ゼンノロブロイ
ここに注目!

前走のメイクデビュー東京(芝1600m)を、豪快な直線一気で勝利した素質馬。まだ気性面で幼さは残っているが、潜在能力はここでも見劣りしない。今回は、相手強化や200mの距離延長など越えるべきハードルはあるが、持ち味の末脚は魅力十分だ。

「前走のメイクデビュー東京(1着)では、最後の直線で先頭に立ってからフラフラするなど若さをのぞかせましたが、能力の高さは見せてくれました。まだ精神面で成長の余地を残していますから、この中間は馬の様子を見ながら調整を進めています。幸い、順調にきているので、ここも好調をキープしたまま出走できるでしょう。今度は重賞で胸を借りる立場ですが、素質は見劣りしないはずです」と、厩舎スタッフは本馬の状態の良さをアピールした。曽祖母に1992年のオークス馬アドラーブルがいる血統背景も魅力のひとつになっている。前走のような末脚を繰り出すことができれば、重賞でも好勝負が可能だろう。

カフジバンガード

牡2歳

調教師:松元茂樹(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:エミリア
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走の未勝利(東京・芝2000m)を6馬身差で圧勝。この時は不良馬場で勝利を飾っており、馬場状態を問わない点はプラス材料になるはずだ。今回は相手強化となるが、前走の勝ちっぷりを見る限り、能力に大きな差は感じられない。

「1番人気に支持されたメイクデビュー小倉(芝1200m)は、少し距離不足だったようで3着でしたが、距離を延ばしてからは中身の濃いレースを見せています。前走の未勝利では、水分を含んだ馬場コンディション(不良)を克服し、最後は6馬身という大きな差をつけて勝ってくれたので、収穫の大きな一戦でした。その後は疲れが出ないか心配していましたが、調教では力強いフットワークを見せており、これなら前走以上の状態で出走することが可能でしょう。相手は強化されますが、期待を持って送り出せます」と、スタッフは本馬のケアに懸命だ。今回、重賞初挑戦でも上位争いに加わってきそうだ。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: