今週の注目レース

武蔵野ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600m(ダート)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

実績馬と上昇中の馬が対決する舞台

昨年は重馬場という条件の中、タガノトネールがコースレコードを記録して優勝。一昨年の優勝馬ノンコノユメは、続くチャンピオンズCで2着に入り、2013年はベルシャザールがこのレースとジャパンカップダート(現チャンピオンズC)を連勝するなど、ハイレベルな戦いが続いている。今年も当然多頭数による激戦が期待できそう。その一戦の傾向を、過去10年のデータからチェックしてみよう。

単勝オッズ別の成績に注目

過去10年で単勝「1.9倍以下」に支持された馬は4頭いたが、3着内率は100%でも優勝はない。「2.0〜2.9倍」の2頭は7着と15着に敗れている。逆に、好成績を残しているのは「3.0〜3.9倍」。また、「10.0〜14.9倍」からは4頭が優勝している。〔表1〕

〔表1〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.9倍以下 0-2-2-0 0% 50.0% 100%
2.0〜2.9倍 0-0-0-2 0% 0% 0%
3.0〜3.9倍 3-2-0-2 42.9% 71.4% 71.4%
4.0〜6.9倍 0-1-0-13 0% 7.1% 7.1%
7.0〜9.9倍 1-2-1-9 7.7% 23.1% 30.8%
10.0〜14.9倍 4-1-3-9 23.5% 29.4% 47.1%
15.0〜29.9倍 0-1-2-18 0% 4.8% 14.3%
30.0〜49.9倍 2-0-2-12 12.5% 12.5% 25.0%
50倍以上 0-1-0-61 0% 1.6% 1.6%

年齢別の成績にも特徴あり

過去10年の武蔵野Sでは、3歳馬と5歳馬の成績が良好。その間の4歳馬はいまひとつで、4歳馬のワンツー決着となった2010年を除くと、その他の年では全て3着以下に敗れている。また、6歳馬は3着内率で上々の数値となっているが、7歳以上の馬は苦戦している。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 4-2-3-18 14.8% 22.2% 33.3%
4歳 1-1-2-23 3.7% 7.4% 14.8%
5歳 4-4-1-31 10.0% 20.0% 22.5%
6歳 1-3-3-24 3.2% 12.9% 22.6%
7歳以上 0-0-1-30 0% 0% 3.2%

前走のレース別成績もチェック

過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べてみると、特徴的なのが前走がJRAのダートのGⅢだった馬たち。「阪神のGⅢ(プロキオンS、シリウスS)」だった馬は2頭が優勝しているのに対し、「その他のJRAのダートのGⅢ」から臨んだ馬は、全て4着以下に敗れている。また、前走オープン特別組で好走した馬の大半は、前走が東京競馬場のレースだった。〔表3〕

〔表3〕前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
ジャパンダートダービー 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%
マイルチャンピオンシップ南部杯 0-4-0-10 0% 28.6% 28.6%
その他のダートGⅠ 0-0-1-3 0% 0% 25.0%
阪神のダートGⅢ 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.3%
その他のJRAのダートGⅢ 0-0-0-24 0% 0% 0%
芝のJRA重賞 0-0-2-7 0% 0% 22.2%
その他の地方競馬のダートグレード競走 1-1-1-11 7.1% 14.3% 21.4%
東京のオープン特別 3-3-3-27 8.3% 16.7% 25.0%
その他のオープン特別 1-1-0-22 4.2% 8.3% 8.3%
東京・中山の1600万下 2-0-2-11 13.3% 13.3% 26.7%
その他の1600万下 0-0-0-4 0% 0% 0%
  • 備考:「その他のダートGⅠ」には地方競馬のJpnⅠと海外のG1を含む
  • 備考:格付け前のレパードS(重賞)は「GⅢ」として集計した

前走で単勝4番人気以内だった馬が断然

過去10年の武蔵野Sで連対した馬は、全て前走で単勝4番人気以内だった。前走で5番人気以下だった馬は3着に5頭入っているものの、それ以上の成績は残せていない。〔表4〕

〔表4〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-3-3-17 14.8% 25.9% 37.0%
2番人気 2-2-1-21 7.7% 15.4% 19.2%
3番人気 3-2-1-15 14.3% 23.8% 28.6%
4番人気 1-3-0-15 5.3% 21.1% 21.1%
5番人気以下 0-0-5-57 0% 0% 8.1%
  • 備考:前走が海外のレースだった馬を除く

過去2走で右回りも左回りも走っていた馬が好成績

過去10年の武蔵野Sでは、「過去2走で右回りと左回りの両方に出走し、1勝以上を挙げていた」という馬が2008年を除いて連対している。また、これらの馬は全て該当する左回りのレースで連対していたという点も共通している。今年もこのような成績を残している馬がいるかどうか、チェックしておくことをおすすめしたい。〔表5〕

(浅野靖典)

備考:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕過去2走で右回りと左回りの両方に出走し、1勝以上を挙げていた武蔵野S連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 2走前 前走
2007年 2着 ワイルドワンダー 阪神 プロキオンS 1着 盛岡 マイルチャンピオンシップ南部杯 2着
2009年 2着 ダイショウジェット 東京 欅S 1着 京都 室町S 9着
2010年 2着 ダノンカモン 阪神 大阪スポーツ杯 1着 東京 ペルセウスS 1着
2011年 2着 ダノンカモン 阪神 エニフS 1着 東京 マイルチャンピオンシップ南部杯 2着
2012年 2着 ガンジス 阪神 大阪スポーツ杯 1着 東京 ペルセウスS 1着
2013年 1着 ベルシャザール 中山 ラジオ日本賞 2着 東京 ブラジルC 1着
2014年 1着 ワイドバッハ 阪神 エニフS 2着 東京 エルコンドルパサーM 1着
2着 エアハリファ 阪神 アンタレスS 6着 東京 アハルテケS 1着
2015年 1着 ノンコノユメ 東京 ユニコーンS 1着 大井 ジャパンダートダービー 1着
2016年 2着 ゴールドドリーム 東京 ユニコーンS 1着 大井 ジャパンダートダービー 3着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: