今週の注目レース

武蔵野ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600m(ダート)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

サンライズノヴァ

牡3歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:ブライトサファイヤ
  • 母の父:サンダーガルチ
ここに注目!

3走前のユニコーンSで後続を4馬身突き放す圧勝劇を演じた、現3歳世代トップクラスのダート巧者。他世代の一線級とは今回が初対戦になるが、56kgの斤量で3戦全勝を誇る東京・ダートコースなら、主役候補の一頭に挙げられる。

素質馬がそろった3走前のユニコーンSでは、4コーナー10番手から直線半ばで先頭に躍り出ると後続を豪快に突き放し、1分35秒9の好タイムで快勝。1番人気に支持された前々走のジャパンダートダービー(JpnⅠ、大井・ダート2000m)は、スタートの出遅れとダート2000mの距離がこたえて6着に敗れた。秋初戦となった前走のオープン特別・グリーンチャンネルC(東京・ダート1400m)では、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒7(推定)をマークして力強く抜け出し、4勝目を挙げた。今回は他世代との重賞で相手は強くなるが、大型馬だけにレースを1度使われた上積みは大きく、200mの距離延長も好材料だろう。今後を占う意味でも重要な一戦になりそうだ。

モーニン

牡5歳

調教師:石坂正(栗東)

  • 父:Henny Hughes
  • 母:Giggly
  • 母の父:Distorted Humor
ここに注目!

デビューから7戦6勝の戦績で昨年のフェブラリーSを制し、ダート界の頂点に上り詰めた。その後は勝ち鞍を挙げられず、やや成績は伸び悩んでいるが、ビッグタイトルを手にした東京・ダート1600mの舞台で巻き返しを期す。

もまれ弱さがあってひと息の成績が続いた時期もあったが、5月のかしわ記念(JpnⅠ、船橋・ダート1600m)で3着に逃げ粘り、続くさきたま杯(JpnⅡ、浦和・ダート1400m)では、後方追走からしぶとく脚を伸ばして2着に好走。約4か月の休み明けとなった前走の日本テレビ盃(JpnⅡ、船橋・ダート1800m)は4着だったが、ハナに立って後続の目標にされたことを踏まえれば、勝ったアポロケンタッキーから0秒2差なら悲観する内容ではないだろう。1日に行われた1週前追い切りでは、栗東坂路での自己ベストとなる4ハロン48秒2をマーク。1度使われた上積みは十分で、昨年のフェブラリーS以来となる勝ち星を挙げて、再びダート王の座を目指す。

ノンコノユメ

せん5歳

調教師:加藤征弘(美浦)

  • 父:トワイニング
  • 母:ノンコ
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

一昨年の本レースでは、3歳馬で58kgの斤量を背負いながら、メンバー中最速となる上がり3ハロン35秒2(推定)の末脚を発揮して鮮烈な差し切り勝ちを決めた。今回は約9か月の休み明けになるが、ベストと言える東京・ダート1600mで本領発揮を期待したい。

3歳時の一昨年7月にジャパンダートダービー(JpnⅠ、大井・ダート2000m)を制し、12月のチャンピオンズCでは2着。昨年のフェブラリーSと帝王賞(JpnⅠ、大井・ダート2000m)でも2着と、輝かしい戦績の持ち主だ。前述の帝王賞後に去勢手術を行った後は連対がなく、前走のフェブラリーSも、ハイペースの展開を思えば勝ち馬から0秒6差の7着は少し物足りないが、馬体重が450kg台に戻ったことは好材料だろう。今回は約9か月の休み明けになるが、帰厩後は熱心に乗り込みを消化しており、立て直した効果が感じられる。本来の瞬発力が戻っていれば、直線で前の馬をまとめて差し切るシーンもありそうだ。

ベストウォーリア

牡7歳

調教師:石坂正(栗東)

  • 父:Majestic Warrior
  • 母:Flirtatious Miss
  • 母の父:Mr. Greeley
ここに注目!

4年連続の参戦となった前走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ、盛岡・ダート1600m)は6着に敗れたものの、4・5歳時に同レースを連覇した実績馬。現在は2年以上勝ち星から遠ざかっているが、今年のフェブラリーSで2着に入り、年齢的な衰えは見られない。

7歳を迎えた今年は根岸Sから始動し、カフジテイク(1着)の瞬発力に屈したものの、58kgの斤量を背負いながら2着。続くフェブラリーSでは、中団馬群を追走し、直線は馬場の内めから抜け出しを図って勝ち馬ゴールドドリームとクビ差の2着に好走した。その後は3走前のかしわ記念(JpnⅠ、船橋・ダート1600m)が4着、前々走のさきたま杯(JpnⅡ、浦和・ダート1400m)が上位2頭(1着ホワイトフーガ、2着モーニン)に離された3着、前走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)が6着と敗退。主戦の戸崎圭太騎手が「3戦連続で自分から止めようとする仕草を見せています」と語っているように、力負けではなさそうだ。最後まで集中力を持続できれば、好勝負に持ち込めるだろう。

カフジテイク

牡5歳

調教師:湯窪幸雄(栗東)

  • 父:プリサイスエンド
  • 母:テイクザケイク
  • 母の父:スキャン
ここに注目!

キャリアを重ねながら着実に地力をつけ、今年初戦の根岸Sで重賞タイトルを獲得。並外れた瞬発力が武器で、直線の長い東京・ダートコースはベストの舞台だろう。休み明けを1度使われて状態面も上向いており、目が離せない存在だ。

昨年の秋から頭角を現し、GⅠ初挑戦となったチャンピオンズCでは、最後方追走から大外を猛然と追い込んで勝ち馬に0秒2差の4着と健闘。今年初戦の根岸Sを、レースの上がり3ハロンタイム(36秒1)を1秒6上回る同34秒5(以下推定)の豪脚で差し切り、重賞ウイナーの仲間入りを果たした。4走前のフェブラリーSは、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒9の末脚で3着に追い込み、初の海外遠征となった3走前のゴドルフィンマイル(G2、メイダン・ダート1600m)でも5着と見せ場を作った。3か月ぶりのレースだった前走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ、盛岡・ダート1600m)は4着に敗れたが、瞬発力はここでも抜きん出た存在で、直線の長い東京・ダートコースで能力全開といきたいところだ。

インカンテーション

牡7歳

調教師:羽月友彦(栗東)

  • 父:シニスターミニスター
  • 母:オリジナルスピン
  • 母の父:Machiavellian
ここに注目!

3歳時の2013年レパードSを皮切りにここまで重賞5勝をマーク。勝ち鞍はすべてダート1800m以上だが、2015年のフェブラリーSでコパノリッキーに次ぐ2着に好走したように、東京・ダート1600mでも実績がある。今回も上位争いが濃厚だ。

2度の骨折があって成績が低迷した時期もあったが、今年のフェブラリーS(13着)を前半800m通過タイム46秒2のハイペースで逃げて復調のきっかけをつかむと、続くマーチSは10番人気の低評価だったが、57.5kgのハンデを背負いながら正攻法の競馬で力強く抜け出し久々の勝利を挙げた。GⅠ馬3頭が出走した前々走のかしわ記念(JpnⅠ、船橋・ダート1600m)でも2着に入り、約5か月の休み明けで臨んだ前走の白山大賞典(JpnⅢ、金沢・ダート2100m)は、2周目3コーナーで早めに先頭へ立つと直線は後続を寄せつけず、2馬身1/2差の快勝で完全復活をアピールした。7歳と年齢的にはベテランの域に入ったが、1度使われて状態面が上向いており、悲願のGⅠ制覇に向けて弾みをつけたい。

ゴールデンバローズ

牡5歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:Tapit
  • 母:Mother Russia
  • 母の父:Mayakovsky
ここに注目!

一昨年春のUAE遠征では、環境の変化に戸惑いながらもUAEダービー(G2、メイダン・ダート1900m)で3着に入り、能力の高さは証明済みだ。前走のオープン特別・アハルテケS(東京・ダート1600m)は7着に敗れたが、休養で立て直された今回はあらためて注目される。

今年2月の1000万下で、3歳時の一昨年2月のオープン特別・ヒヤシンスS以来約2年ぶりの勝ち鞍を挙げると、約3か月の休み明けとなった前々走の1600万下・立夏S(いずれも東京・ダート1600m)では、中団追走から直線は大外を豪快に突き抜けて3馬身差の快勝。前走のオープン特別・アハルテケS(7着)は1番人気の支持に応えられなかったものの、今年の上半期は復調ムードを印象付けた。東京・ダート1600mで全5勝を挙げ、デビュー2戦目の未勝利(1着)では、1分36秒7の2歳JRAレコード(当時)をマークしている。今回は5か月の休み明けだが、本レースを目標に入念な乗り込みを消化しており、いい状態で秋初戦を迎えられそうだ。

ロワジャルダン

牡6歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:アグネスショコラ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

一昨年のみやこSを、コースレコードと同タイムの1分47秒8で優勝。今年に入っての成績は物足りないが、スピードの絶対値は引けを取らないはずだ。本来のパフォーマンスを発揮できれば、巻き返しが可能だろう。

4歳時の一昨年、みやこSで初の重賞タイトルを獲得。同年のチャンピオンズCで勝ち馬と0秒3差の4着、昨年のフェブラリーSでも0秒3差の5着と、GⅠの大舞台で上位争いに加わった。前述のみやこS以降は2年以上勝ち星から遠ざかっているものの、今年のアンタレスSでは、直線で窮屈になる場面がありながらも3着に入り、あらためて能力の高さをアピールした。秋初戦となった前走のオープン特別・グリーンチャンネルC(東京・ダート1400m)は8着に敗れたが、約4か月半ぶりに加えて58kgの斤量を背負っていたことを踏まえれば、着順ほどレース内容は悪くなかった。乗り難しさがあって成績はムラだが、ポテンシャルは互角以上。前が競り合う厳しい展開になれば、上位進出が狙えるだろう。

(京増 正臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: