今週の注目レース

ファンタジーステークス(GⅢ)

京都競馬場 1400m(芝・外)馬齢 (牝) 2歳オープン

データ分析関連動画

2歳GⅠ、そして来春のクラシックにつながる重賞

昨年は1番人気のミスエルテが快勝。同馬は次走に阪神ジュベナイルフィリーズではなく朝日杯フューチュリティSを選んだことでも話題になった。一方で2着には12番人気馬が入り、馬連は102.4倍の高配当となった。2014年は14番人気馬が優勝し、2008年以降は9年連続で、6番人気以下の馬が3着以内に入っている。今年もそういった下位人気馬の台頭には要注意。過去10年の結果から、その辺りのデータを見ていくことにしよう。

単勝人気別の成績をチェック

冒頭に記したとおり、ファンタジーSは下位人気馬が台頭するケースが多い。過去10年の単勝人気別成績を調べると、「1番人気」に支持されて優勝したのは昨年のミスエルテだけ。同馬を除くと1番人気馬の優勝は2005年のアルーリングボイスまでさかのぼることになる。また、「2番人気」も1勝のみと苦戦しているが、3着には「1〜3番人気」の馬が7頭入っている点が目立つ。対照的に好成績を残しているのが「4、5番人気」の馬たち。次に、単勝オッズ別の成績についても確認してみると、「2.9倍以下」のエリアは3着内率が71.4%に達しているものの、優勝は1頭のみ。また、「3.0〜4.9倍」のエリアは好走馬が少ない。それに対し、「5.0〜9.9倍」と「10.0〜19.9倍」から好走馬が多く出ている。〔表1〕〔表2〕

備考:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
2番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
3番人気 0-0-3-7 0% 0% 30.0%
4、5番人気 4-4-1-11 20.0% 40.0% 45.0%
6〜8番人気 2-3-0-25 6.7% 16.7% 16.7%
9番人気以下 2-1-2-63 2.9% 4.4% 7.4%
〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 1-2-2-2 14.3% 42.9% 71.4%
3.0〜4.9倍 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
5.0〜9.9倍 3-1-5-15 12.5% 16.7% 37.5%
10.0〜19.9倍 2-6-0-17 8.0% 32.0% 32.0%
20.0〜99.9倍 3-0-1-51 5.5% 5.5% 7.3%
100倍以上 0-1-1-26 0% 3.6% 7.1%

前走のレース別の成績にも注目

過去10年の前走のレース別成績を調べると、ファンタジーSで好成績を残しているのは「デイリー杯2歳S」組。該当馬5頭のうち4頭が連対している。その他では、オープン特別から臨んだ馬はいまひとつ。500万下から臨んだ馬の中では、「りんどう賞」組がまずまずの結果を残しているものの、「その他の500万下」から臨んだ馬は3着以内に入っていない。また、「新馬」を勝って臨んだ馬よりも、「未勝利」を勝って臨んだ馬の方が成績が良くなっている。〔表3〕

〔表3〕前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
デイリー杯2歳S 2-2-0-1 40.0% 80.0% 80.0%
小倉2歳S 2-0-0-7 22.2% 22.2% 22.2%
その他のGⅢ 1-0-3-9 7.7% 7.7% 30.8%
オープン特別 1-1-1-23 3.8% 7.7% 11.5%
りんどう賞 1-3-1-25 3.3% 13.3% 16.7%
その他の500万下 0-0-0-14 0% 0% 0%
新馬 1-2-0-20 4.3% 13.0% 13.0%
未勝利 2-2-5-17 7.7% 15.4% 34.6%
地方競馬のレース 0-0-0-2 0% 0% 0%

前走の着順別成績にも特徴あり

過去10年の前走の着順別成績を調べると、ファンタジーSでは前走2着馬が好成績。前走1着馬は3頭が優勝しているが、いずれも前走が初勝利の馬だった。前走が「3着」「4、5着」だった馬は苦戦しており、3着以内に入ったのは2007年3着のエイシンパンサー(前走新潟2歳S4着)だけ。それに対し、前走「6着以下」組の方が良好な成績になっているのが特徴的だ。〔表4〕

〔表4〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-5-8-59 4.0% 10.7% 21.3%
2着 4-2-1-12 21.1% 31.6% 36.8%
3着 0-0-0-12 0% 0% 0%
4、5着 0-0-1-15 0% 0% 6.3%
6着以下 3-3-0-20 11.5% 23.1% 23.1%

7月末までにデビューしていた馬にも注目

ファンタジーSでは「7月末までにデビューしていた」という馬が好成績。2009年は1〜5着を8月以降にデビューした馬が独占したが、それ以外の年は7月末までにデビューした馬が連対を果たしている。また、これに該当した馬のうち、ホッカイドウ競馬でデビューしたイナズマアマリリス以外は、デビュー戦で3着以内に入っていた。〔表5〕

備考:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕7月末までにデビューしていたファンタジーS連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 デビュー戦
2007年 1着 オディール 6月17日 阪神 3着
2着 エイムアットビップ 7月21日 小倉 2着
2008年 1着 イナズマアマリリス 6月26日 旭川 5着
2010年 1着 マルモセーラ 7月10日 阪神 2着
2着 ホーマンフリップ 6月26日 阪神 1着
2011年 1着 アイムユアーズ 6月25日 函館 3着
2012年 1着 サウンドリアーナ 7月14日 中京 1着
2着 ローブティサージュ 7月15日 函館 1着
2013年 2着 モズハツコイ 6月29日 中京 2着
2014年 1着 クールホタルビ 6月28日 阪神 1着
2015年 2着 メジェルダ 6月27日 函館 2着
2016年 2着 ショーウェイ 7月30日 小倉 2着
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

デビュー戦から同じ騎手が乗り続けている馬が4連勝中

過去4年の優勝馬は、デビュー戦からファンタジーSまで同じ騎手が騎乗し続けていた。今年もこれに該当する馬がいるかどうかチェックしておきたいところだ。〔表6〕

(浅野靖典)

〔表6〕過去4年の優勝馬と騎手
年度 優勝馬 騎手
2013年 ベルカント 武豊騎手
2014年 クールホタルビ 小牧太騎手
2015年 キャンディバローズ C.ルメール騎手
2016年 ミスエルテ 川田将雅騎手

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: