データ分析関連動画

秋の古馬GⅠ戦線の幕開けを告げる伝統の一戦

天皇賞(秋)はジャパンカップ、有馬記念と続く秋の中長距離GⅠ3連戦の第一弾となる。2008年にウオッカとダイワスカーレットの牝馬2頭が壮絶な追い比べを演じ、2009年にはカンパニーがJRA史上初の8歳馬による平地GⅠ制覇を成し遂げるなど、国内の中距離GⅠ最高峰のレースにふさわしい戦いが繰り広げられている。胸高鳴る注目の一戦を前に、過去10年の結果からレースの傾向に迫ってみたい。

近走で上位人気に支持されていた馬が優勢

過去10年の出走馬について、過去2走以内の最高単勝人気別に成績をまとめると、3着以内馬延べ30頭中25頭は最高単勝人気が「1番人気」か「2番人気」だった。好走率では「2番人気」と「3番人気」を境に大きな差が生じており、近走で上位人気に支持されているような実績馬や、勢いで勝る馬を重視したいところだ。〔表1〕

〔表1〕過去2走以内の最高単勝人気別成績(過去10年)
最高単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 7-5-6-34 13.5% 23.1% 34.6%
2番人気 2-2-3-23 6.7% 13.3% 23.3%
3番人気 0-1-0-19 0% 5.0% 5.0%
4番人気 1-0-1-20 4.5% 4.5% 9.1%
5番人気 0-1-0-16 0% 5.9% 5.9%
6〜9番人気 0-1-0-25 0% 3.8% 3.8%
10番人気以下 0-0-0-5 0% 0% 0%
  • 備考1:海外のレースを除く
  • 備考2:過去2走とも海外のレースだった馬が1頭いた

近走の芝GⅠ実績も重要

過去10年の出走馬について、過去2走以内の芝GⅠでの最高着順別に成績を調べると、「1着」組と「2着」組が連対率と3着内率で高い数値をマークしている。その一方で、過去2走以内に芝のGⅠで連対した実績がなかったり、過去2走で芝GⅠに不出走だった馬の好走率は低い数値にとどまっている。近走で芝のGⅠを連対していた馬は高く評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕過去2走以内の芝GⅠでの最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 4-2-3-10 21.1% 31.6% 47.4%
2着 1-4-1-7 7.7% 38.5% 46.2%
3着 0-0-2-6 0% 0% 25.0%
4着 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
5着 0-1-1-3 0% 20.0% 40.0%
6〜9着 2-1-1-22 7.7% 11.5% 15.4%
10着以下 0-0-1-24 0% 0% 4.0%
過去2走で芝GⅠ不出走 2-2-1-63 2.9% 5.9% 7.4%
  • 備考:海外のレースを含む

近走の東京・芝コース実績に注目

過去10年の出走馬について、過去3走以内における東京芝コースでの最高着順別に成績を調べると、「1着」組と「2着」組が勝率で10%を超え、連対率や3着内率でも上位になっている。過去3走で東京・芝コースに不出走だった馬が3着以内に9頭入っている点は見逃せないが、過去3走以内に東京・芝コースで連対した実績を持つ馬に注目したい。〔表3〕

〔表3〕過去3走以内における東京芝コースでの最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 4-4-3-16 14.8% 29.6% 40.7%
2着 2-1-1-12 12.5% 18.8% 25.0%
3着 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
4着 0-0-0-4 0% 0% 0%
5着 0-0-2-4 0% 0% 33.3%
6〜9着 1-1-0-22 4.2% 8.3% 8.3%
10着以下 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
過去3走で東京芝不出走 3-3-3-68 3.9% 7.8% 11.7%

直近の距離実績に目を光らせろ

過去10年の出走馬について、直近の芝1600〜2000mのレースでの着順別に成績を調べると、3着内率で上位となっているのは「1着」〜「3着」に「5着」を加えた4組となっている。「6着以下」だった馬も5頭が連対しているが、好走率では着順が上位だった馬がリードしている。直近の芝1600〜2000mのレースでの着順には今年も目を光らせたい。〔表4〕

〔表4〕直近の芝1600〜2000mのレースでの着順別成績(過去10年)
着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 5-3-6-30 11.4% 18.2% 31.8%
2着 3-2-2-10 17.6% 29.4% 41.2%
3着 1-0-1-17 5.3% 5.3% 10.5%
4着 0-0-0-16 0% 0% 0%
5着 0-1-1-7 0% 11.1% 22.2%
6〜9着 1-2-0-40 2.3% 7.0% 7.0%
10着以下 0-2-0-23 0% 8.0% 8.0%
  • 備考:地方・海外を含む
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去3走で2連対以上の馬が4連勝中

2013年以降の過去4年間の優勝馬4頭は、いずれも過去3走で2回以上連対を果たしていた。また、これらの4頭は連対していなかったレースでも3着に入っている。勝ち馬を検討する際は、近走で常に上位争いをしていた馬に注目したい。〔表5〕

(河野道夫)

〔表5〕優勝馬の過去3走の着順(過去4年)
年度 優勝馬 3走前 2走前 前走
2013年 ジャスタウェイ 2着 2着 2着
2014年 スピルバーグ 1着 1着 3着
2015年 ラブリーデイ 1着 1着 1着
2016年 モーリス 1着 2着 2着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: