今週の注目レース

府中牝馬ステークス(GⅡ)

東京競馬場 1800m(芝)別定 (牝) 3歳以上オープン

出走馬情報

ヴィブロス

牝4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ハルーワスウィート
  • 母の父:Machiavellian
ここに注目!

昨年の秋華賞を勝ってGⅠホースの仲間入りを果たし、4歳を迎えた今年はドバイターフ(G1、メイダン・芝1800m)を優勝。海外遠征でタイトルを増やし、現役トップクラスの牝馬に成長した。ここは休養明けでも主役候補の一頭に挙げられそうだ。

「昨春にクラシック路線を断念して放牧へ出したことが功を奏したようで、馬が成長してくれました。今年の春には海外で大きなタイトル(ドバイターフ優勝)を獲得できたので、今後の活躍が楽しみです。帰国後は放牧へ出して英気を養い、涼しくなってから栗東トレーニング・センターに帰厩して乗り込みを進めています。今回は馬体増での出走になりそうですが、成長分なので不安はありません。楽しみな秋の初戦になります」と、陣営は看板ホースに育った本馬に信頼を寄せている。現役屈指の実力牝馬が迎える注目の復帰初戦。その走りに大きな注目が集まる。

アドマイヤリード

牝4歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ベルアリュールⅡ
  • 母の父:Numerous
ここに注目!

前々走のヴィクトリアマイルを鮮やかに差し切って優勝。今年になって心身両面で成長を示し、完全に本格化を遂げた。前走のクイーンSは6着に敗れたが、外枠(8枠12番)と前残りの展開が影響した印象で、広くて直線の長い東京・芝コースなら巻き返しが有望だろう。

「前走のクイーンS(6着)は、小回りコースで終始外を回る厳しい形になりました。最後の直線では末脚を伸ばしていましたが、いかにも展開が向かなかった印象です。その点、今回は広くて直線の長い東京に舞台が替わるので、この馬の能力を存分に発揮できるでしょう。中間はひと息入れましたが、ここを目標に調整を積んでいますから、上々の出走態勢が整いそうです」と、厩舎サイドに悲観したムードは見られない。一昨年のデビュー時に398kgだった馬体も、前走のクイーンS出走時には424kgまで成長。また、実戦を重ねるごとに精神面も強くなっており、GⅠホースとしての貫禄が出てきた感がある。ここは巻き返しが期待される。

クイーンズリング

牝5歳

調教師:吉村圭司(栗東)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:アクアリング
  • 母の父:Anabaa
ここに注目!

昨年の府中牝馬Sを好位追走から鮮やかに抜け出して勝つと、続くエリザベス女王杯も制してビッグタイトルを手中に収めた。今春の2戦は共に力の要る馬場コンディションが合わず上位争いに加われなかったが、良馬場での出走がかなえば本領発揮が期待される。

「前走のヴィクトリアマイル(6着)は、稍重の馬場コンディションがこたえたのか、この馬の持ち味を出し切れませんでした。それでも最後の直線では見せ場を作っていたので、内容は悪くなかったと思います。夏場は予定通りに放牧へ出し、じっくりとリフレッシュさせました。今回は開幕2週目で良好な馬場コンディションが見込めますから、良馬場なら身上とする切れ味を生かせるでしょう」と、厩舎スタッフは好天を願っている。昨秋に府中牝馬Sとエリザベス女王杯を連勝。この季節を得意にしている印象で、これまで重賞4勝と実績面でも上位と言える。本レースで秋の好発進を遂げたいところだ。

クロコスミア

牝4歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:デヴェロッペ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

今夏の北海道シリーズで1000万下・北斗特別(函館・芝1800m)1着、クイーンS4着、1600万下・2017ワールドオールスタージョッキーズ第2戦(札幌・芝2000m)1着と活躍した。今回は形の上では昇級初戦になるが、重賞実績豊富で格下感はなく、目下の勢いに注目だ。

「前走の1600万下・2017ワールドオールスタージョッキーズ第2戦は、うまく自分のペースに持ち込めたこともあったのでしょうが、後続に3馬身差をつける強い内容で勝ってくれました。夏の北海道シリーズでひと回り成長してくれたので、今後さらなる活躍ができそうです。前走後も疲れはなく、今回も好調をキープしたまま出走できそうです」と、陣営は本馬の本格化をアピールした。もともと、2歳時の一昨年に重賞で2度3着に入り、3歳時の昨秋にはローズSで勝ったシンハライトに次ぐ2着に好走した実力の持ち主。軌道に乗った夏の上がり馬が、ここで待望の重賞タイトル獲得を目指す。

デンコウアンジュ

牝4歳

調教師:荒川義之(栗東)

  • 父:メイショウサムソン
  • 母:デンコウラッキー
  • 母の父:マリエンバード
ここに注目!

今春のヴィクトリアマイルでは11番人気で2着に好走。また、2歳時の一昨年秋にはアルテミスSを優勝しており、東京・芝1600mで高いパフォーマンスを見せている。今回は芝1800mだが、得意の競馬場なら休養明けでも期待が高まる。

「前走のエプソムC(8着)の後は、予定通りに放牧へ出してリフレッシュしました。上半期の疲れも解消していて、雰囲気は上々です。栗東トレーニング・センターに帰厩してからは順調に調整を積んでおり、動きもひと追いごとに良化しています。これなら、好仕上がりで秋初戦に臨めるでしょう。東京・芝コースはこの馬にとってベストの舞台なので、いきなりの好勝負も可能だと思います」と、厩舎サイドは本馬に期待を寄せている。やや安定感には欠けるタイプだが、2歳時のアルテミスSでメジャーエンブレム(2着)を差し切って優勝した実力の持ち主。それ以来の勝利を目指して、得意の競馬場に登場する。

トーセンビクトリー

牝5歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:トゥザヴィクトリー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

今年3月に中山牝馬Sを制覇。前走のクイーンSでは2着に好走と、本格化の気配を示している。これまで芝1800mでは4勝をマーク。3着内率では80%を超える数字を残しており、抜群の距離適性に注目したい。

「前走のクイーンSは2着でしたが、勝った馬とは3kgの斤量差(1着アエロリット=52kg、本馬=55kg)があったことを考えれば、今後につながる結果だったと思います。その後はひと息入れてから、この府中牝馬Sを目標に乗り込みを進めています。着々と出走態勢が整ってきているので、楽しみにしています」と、厩舎スタッフは仕上げに懸命な様子だ。全兄にトゥザグローリー、トゥザワールドがいる厩舎期待の良血馬。成長に少し時間を要した感もあるが、5歳を迎えた今年に中山牝馬S1着、クイーンS2着と結果を出した。秋初戦のここであらためて力を示したい。

クインズミラーグロ

牝5歳

調教師:和田正道(美浦)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:ジャストトゥートゥー
  • 母の父:In Excess
ここに注目!

まだ重賞タイトルこそ獲得していないが、今年は愛知杯3着、中山牝馬S3着、福島牝馬S3着、マーメイドS2着、クイーンS3着と、出走した全てのレースで3着以内に好走している。引き続き適距離のレースに出走する今回、念願の重賞Vも十分に可能だろう。

「前走のクイーンS(3着)はスタートのタイミングが合わず、後方からのレースになりましたが、最後の直線ではいい伸び脚で追い上げてくれました。その後はひと息入れてリフレッシュしてからこの府中牝馬Sを目標に調整を積んでいます。1週前追い切りの段階ではいくらか馬体に余裕を感じましたが、今週の最終追い切りでちょうど仕上がるでしょう。ここで初の重賞タイトルを獲得して、ビッグレースに向かいたいですね」と、厩舎スタッフは本馬のケアに余念がない。今年は抜群の安定感を誇っているだけに、ここも好勝負が期待できそうだ。

ワンブレスアウェイ

牝4歳

調教師:古賀慎明(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ストレイキャット
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

夏の福島開催で1600万下・阿武隈S(芝1800m)を優勝した素質馬。今回は初めての重賞挑戦で相手は強化されるが、本馬もまだ能力の底を見せていない印象だ。8戦して6連対(2勝、2着4回)をマークしている東京・芝コースなら、実績上位の馬たちを撃破しても不思議はない。

「前走の1600万下・阿武隈Sを勝った後は放牧へ出してリフレッシュさせました。帰厩後は秋初戦となるここに向けて調整を進めています。調教では好調時と変わりない動きを見せていますから、出走態勢は整うでしょう。前走が約4か月の休み明けだったように、久々でも力を出せるタイプです。ここは重賞初挑戦で試金石の一戦になりますが、今後を占う意味でも期待しています」と、陣営は本レースに向けて意気込みを語った。まだレースキャリアは12戦だが、すでに5勝をマーク。4着以下に敗れたのは2回だけという堅実なタイプだ。東京競馬場も得意にしており、ここは不安よりも楽しみの方が大きい。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: