今週の注目レース

京都大賞典(GⅡ)

京都競馬場 2400m(芝・外)別定 3歳以上オープン

2016年 キタサンブラックx

2016年 キタサンブラック

2015年 ラブリーデイ

2015年 ラブリーデイ

2014年 ラストインパクト

2014年 ラストインパクト

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

本競走は、1966年に「ハリウッドターフクラブ賞」の名称で創設された4歳(現3歳)以上・別定の重賞競走で、第1回は京都競馬場・芝3200mで行われたが、翌1967年に距離が芝2400mに短縮され現在に至っている。また、レース名は1974年に現在の「京都大賞典」に改称された。

本競走は、古馬だけでなく3歳馬も含め、中長距離路線の実績馬たちが秋の始動戦として参戦するケースが多く、菊花賞・天皇賞(秋)・エリザベス女王杯などへと続く秋のGⅠ戦線を占う上でも重要な一戦となっている。

なお、2014年から本競走の優勝馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられることとなった。

コースの特徴

京都・芝2400m(外回り)

スタート後、1コーナーまで約600m。ホームストレッチを走る距離が長く、前半は速めに流れて、中盤の向正面でペースが落ち着くことが多い。京都の外回りらしく3コーナーの下りからペースは上がるものの、距離が長いぶんペースアップは緩やか。直線は平坦で上がりは速くなる。京都の芝は移動柵がA〜Dコースまでとれるため、良好なコンディションが保たれやすく、終始インコースの良い状態が続く。スタミナに加えて、インを器用に立ち回れる操縦性、下り坂から加速して直線でトップスピードに乗れる能力が要求される。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: