今週の注目レース

スプリンターズステークス(GⅠ)

中山競馬場 1200m(芝・外)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

レッドファルクス

牡6歳

調教師:尾関知人(美浦)

  • 父:スウェプトオーヴァーボード
  • 母:ベルモット
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

昨年のスプリンターズS優勝馬が連覇を狙って登場。今年は、スプリントGⅠ連覇を目指した高松宮記念は3着に敗れたが、続く京王杯スプリングCを優勝。マイルに挑んだ前走の安田記念でも3着に入っており、さらにパワーアップを果たしている印象だ。

「マイルの距離までは対応可能と判断して、前走の安田記念にエントリーしました。結果は3着でしたが、最後の直線では素晴らしい末脚を発揮して上位の2頭に迫ってくれたので、収穫の大きな一戦だったと思います。夏場は放牧へ出し、英気を養ってから美浦トレーニング・センターに帰厩しました。上半期の疲れもすっかり解消したので、このレース一本に目標を絞って調整を進めています。前哨戦を使わないローテーションは昨年と同じですから、不安はありません。何とか連覇を達成したいです」と、陣営は看板ホースの仕上げに全力を注いでいる。昨年からさらなる成長を遂げたディフェンディングチャンピオンに、熱い視線が集まる。

セイウンコウセイ

牡4歳

調教師:上原博之(美浦)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:オブザーヴァント
  • 母の父:Capote
ここに注目!

今年の高松宮記念では、レッツゴードンキ(2着)、レッドファルクス(3着)といったGⅠホース相手に優勝。一気に芝スプリント界の頂点に立った。1番人気に支持された前走の函館スプリントSは4着だったが、リフレッシュされた今回は本領発揮が期待される。

「前走の函館スプリントSは予想以上に時計が速い決着になり、ハイペースを追いかけた分、最後の直線での伸び脚を欠いた印象です。その後はリフレッシュのために放牧へ出し、8月下旬に美浦トレーニング・センターに帰厩しました。このレースを目標に調整を積んでおり、動きもひと追いごとに良化中ですから、上々の出走態勢が整うでしょう。良馬場でも走れる馬ですが、できれば少し雨が降って、パワーを要求される馬場コンディションになれば理想的です。ここを勝てば春・秋スプリント王者になるわけですから、力が入ります」と、厩舎スタッフは本馬の仕上げに汗を流している。昨年から急激に力をつけた本馬の走りに注目だ。

ビッグアーサー

牡6歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:サクラバクシンオー
  • 母:シヤボナ
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

昨年の高松宮記念を1分06秒7のコースレコードで快勝した現役屈指のスプリンター。前哨戦のセントウルSを使えなかった点は誤算だが、本レースに向けて調整は順調に進んでいる。最終追い切りで軽快な動きを見せていれば、長期休養明けでも勝機を見いだせるだろう。

「放牧先から8月上旬に帰厩し、前哨戦のセントウルSに出走を予定していましたが、左前脚の爪を痛めたので、出走を見送ることにしました。ただ、休ませたのは2、3日で、翌週からは普段と変わらない調教メニューをこなしています。まだ馬体にいくらか余裕を感じますが、最終追い切りをこなせば出走態勢は整うでしょう。気性的にも使い込むよりフレッシュな状態の時の方が好結果を出せるタイプなので、このローテーションにも不安はありません。昨年は窮屈な位置に入って不完全燃焼の結果になりましたから、今年はスムーズなレースをさせたいです」と、厩舎サイドはGⅠホースの仕上げに懸命な様子だ。今回、いきなりの好走も十分に可能だろう。

ファインニードル

牡4歳

調教師:高橋義忠(栗東)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:ニードルクラフト
  • 母の父:Mark of Esteem
ここに注目!

前走のセントウルSを鮮やかな末脚で抜け出して勝利し、本レースへの優先出走権を獲得。ビッグレースへの出走は今回が初めてになるが、近3走で2勝をマークしている上昇度は大きなセールスポイントだろう。先行・差し自在のレースぶりも心強い材料だ。

「前々走の北九州記念(5着)は直線でなかなか進路が開かず脚を余しましたが、前走のセントウルS(1着)ではスムーズなレースができ、この馬の力を発揮してくれました。レース後の疲れも少なく、体調は引き続き良好です。これなら上々の状態で出走できるでしょう。パワーがある馬で、阪神や中山のような直線に坂のあるコースがぴったりです。相手は強化されますが、チャンスを見いだせるでしょう」と、厩舎スタッフは本馬のケアに余念がない。今回はGⅠ初挑戦になるが、近3走で2勝をマークした勢いは魅力。最後の急坂で他の馬たちの脚色が鈍るようなら、馬力に勝るこの馬の持ち味が生きてくるはずだ。

ラインミーティア

牡7歳

調教師:水野貴広(美浦)

  • 父:メイショウボーラー
  • 母:アラマサフェアリー
  • 母の父:オース
ここに注目!

この夏はアイビスサマーダッシュを優勝して、前走のセントウルSでも2着に好走。見事にサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝いた。今回はさらに相手が強化されるが、現在の充実ぶりには注目が必要だろう。

「前走のセントウルS(2着)は、最後の直線で狭いところからよく伸びてくれました。この馬のセールスポイントである勝負根性が存分に発揮されたレースだと思います。得意とする直線競馬ではなく、コーナーを回る芝1200mの重賞で好勝負ができたので、非常に収穫の大きな一戦になりました。幸い暑い時季の疲れもなく、引き続き好調をキープしていますから、GⅠでどれだけ走れるか、不安よりも楽しみの方が大きいです」と、陣営は本馬の充実ぶりに手応えを感じ取っている。今なら、初挑戦となるGⅠでも侮れない。

ダイアナヘイロー

牝4歳

調教師:福島信晴(栗東)

  • 父:キングヘイロー
  • 母:ヤマカツセイレーン
  • 母の父:グラスワンダー
ここに注目!

前走の北九州記念を勝ち、500万下クラスから4連勝で重賞初制覇を達成。この夏一番の上がり馬と言っても過言ではないだろう。楽に好位をキープして、最後の直線で抜け出してくるレースぶりは安定感十分。相手は強化されるが、今の勢いを生かせばGⅠ奪取も夢ではない。

「前走の北九州記念(1着)は、2番手を追走して楽に抜け出す競馬ができたので、強い内容だったと思います。これで4連勝になりましたが、以前に比べて馬体も成長していますし、今は本当に充実している感じです。今回はGⅠへの挑戦で試金石の一戦になりますが、通用するだけの力はついたはずです。相変わらず体調も申し分ありませんから、楽しみです」と、厩舎サイドは本馬の本格化をアピールしていた。今年1月には450kg台だった馬体が、前走では476kgまで成長。心身共に充実が目を引く存在だけに、5連勝でのGⅠ制覇が見られるかもしれない。

メラグラーナ

牝5歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:Fastnet Rock
  • 母:Ghaliah
  • 母の父:Secret Savings
ここに注目!

前走のセントウルSは4着に敗れたが、ゴール前の伸び脚は目を引くものがあった。今回は過去3戦3勝を誇る中山・芝コースが舞台。今春のオーシャンS(1着)で見せた豪快な末脚を再現できれば、念願のGⅠ制覇が見られるかもしれない。

「春の高松宮記念(稍重)と前々走のCBC賞(発表は良)は、共に雨が降る中での競馬となり、リズム良く走ることができませんでした。前走のセントウルSは4着でしたが、スムーズな競馬ができたので、今回につながる内容を残せたと思います。ここは予定通りのローテーションで、体調も着実に上向いています。中山・芝コースとは相性が抜群ですから、うまく末脚が生きる流れになれば、大きな仕事を成し遂げてくれるかもしれません」と、スタッフの期待は膨らんでいる。良馬場が好走の条件になるタイプだが、はまった時の末脚は強烈。馬場と展開が合えば、前の馬をまとめてかわすシーンが見られそうだ。

ブリザード

せん6歳

調教師:P.イウ(香港)

  • 父:Starcraft
  • 母:Stormy Choice
  • 母の父:Redoute's Choice
ここに注目!

今年1月の香チャレンジカップ(G3、シャティン・芝1400m)を後方一気の末脚で優勝した、香港のスプリンター。今季初戦となった前走では2着に入り、初来日の一戦に挑む。香港所属馬3頭目のVも十分に可能だろう。

ここまでの26戦全てシャティン競馬場で出走。昨年12月のフライングダンサーハンデキャップ、今年1月の香チャレンジカップ(G3)と芝1400m戦を連勝して勢いに乗ると、センテナリースプリントカップ(G2、芝1200m、5着)、クイーンズシルバージュビリーカップ(G1、芝1400m、4着)、香スプリントカップ(G2、芝1200m、3着同着)では、香港短距離界のトップクラスを相手に善戦。着実に地力強化を果たしている。そして、2017/18シーズンの初戦となった前走のHKSARチーフエグゼクティブズカップ(芝1200m)では、60kgの斤量を背負いながら2着と、上々の滑り出しを見せた。9月19日に来日した後も落ち着きがあって状態は良さそう。初の中山・芝コースに対応できれば好勝負が可能だろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: