今週の注目レース

シリウスステークス(GⅢ)

阪神競馬場 2000m(ダート)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

ミツバ

牡5歳

調教師:加用正(栗東)

  • 父:カネヒキリ
  • 母:セントクリスマス
  • 母の父:コマンダーインチーフ
ここに注目!

もともと追い切りの動きは目立たないタイプで、格下馬との併せ馬に遅れることも少なくないが、この中間はシャープな走りを見せており、体調の良さを感じさせる。大目標に向けた秋初戦と考えれば、盛岡遠征だった前走で減らした馬体重が戻っていることが望ましいだろう。

前走のマーキュリーC(JpnⅢ、盛岡・ダート2000m)で初の重賞制覇を達成。2着ピオネロとの着差はクビとわずかだったが、ゴール前できっちりとかわした内容は地力の高さを感じさせるものだった。前々走のオープン特別・ブリリアントS(東京・ダート2100m)も完勝しており、ダート2000m以上の距離では〔4・0・0・2〕の好成績。3着以内を外した2レースのうち一つは4着に敗れた昨年の本レースだが、前述の距離適性と阪神・ダートコースで4勝をマークという実績を考えれば条件が理由とは思えず、当時の敗因はオープンクラスへの昇級初戦でペースの違いに戸惑ったことだろう。充実一途の現在であれば、昨年とは違った結果を出せるはずだ。

マスクゾロ

牡6歳

調教師:岡田稲男(栗東)

  • 父:Roman Ruler
  • 母:Saravati
  • 母の父:Giant's Causeway
ここに注目!

530kg台の大型馬だが、休み明けのレースでも太めで走ることは少なく、前走のオープン特別・BSN賞(新潟・ダート1800m、2着)でも見た目の仕上がりは良かった。今回、馬体面の大きな上積みはないかもしれないが、反応面などは変わってくるはずだ。

昨年の本レースを勝った後はレースを使うことができず、前走のオープン特別・BSN賞(2着)が約11か月ぶりの実戦。この間には、7月16日のオープン特別・名鉄杯を左前肢跛行のため競走除外となっている。この馬は何よりも順調に使えることが重要で、実戦を使いながら徐々に状態を上げていくことが難しいタイプだ。とはいえ、今回は前走から1か月程度しか間隔が空いておらず、これほど短い間隔での出走は3連勝で重賞勝ちを決めた昨年もできなかった。この馬にしては順調と言えるだろう。持っている能力の高さは強敵相手に押し切った昨年の本レースで証明済み。昨年より1.5kg重い57.5kgのハンデを克服できるかどうかが鍵になりそうだ。

モルトベーネ

牡5歳

調教師:松永昌博(栗東)

  • 父:ディープスカイ
  • 母:ノーブルエターナル
  • 母の父:アフリート
ここに注目!

今回は5か月半の休み明けになるが、この中間は栗東坂路で4ハロン51秒台のタイムを連発しており、意欲的な調整がされている。これなら、馬体に太めが残る心配はなさそうだ。初経験となるダート2000mの距離に対応できれば、ここでも好勝負が可能だろう。

昨秋はオープン特別でも苦戦していた馬だが、今年は一変した内容と結果を残している。1月の東海Sでは12番人気という低評価を覆し、勝ち馬から0秒1差の2着に好走。続くオープン特別・アルデバランS(京都・ダート1900m)で、オープンクラスでの初勝利を挙げた。前々走の名古屋大賞典(JpnⅢ、名古屋・ダート1900m)は地方のダートが合わず、離された4着に敗れたが、JRAの競馬場に戻った前走のアンタレスSでは、2着のロンドンタウンに2馬身の差をつける完勝で重賞初制覇を飾った。当時と同じ阪神競馬場が舞台とあれば、今回も前走同様のパフォーマンスを期待していいはずだ。

トップディーヴォ

牡5歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:セクシーザムライ
  • 母の父:Deputy Minister
ここに注目!

京都・ダートコースで4勝に対し、阪神・ダートコースでは1勝だけ。オープンクラスでの初勝利となった前走のオープン特別・BSN賞も、直線が平坦の新潟・ダート1800mが舞台だった。ゴール前の急坂を苦手にしているとすれば、その克服が鍵になるだろう。

前走のオープン特別・BSN賞は、最内枠からのスタートを生かし、好位のインで脚をためることができたとはいえ、直線で実力馬のマスクゾロ(2着)をきっちりとかわして優勝。これがオープンクラスにおける初勝利だった。同クラスでは昨年2月のオープン特別・アルデバランS(京都・ダート1900m)での2着があるくらいで、今回、重賞のメンバーに入ると実績的には見劣りするが、早い段階から素質の高さを感じさせる走りを見せていた馬。能力に見合う結果がようやく出始めたという結論でいいだろう。今回、現在の勢いが通用するかどうかだが、前走のような立ち回りができれば、そこまで大きな差はないはずだ。

ピオネロ

牡6歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:クルソラ
  • 母の父:Candy Stripes
ここに注目!

ダートに活躍の場を移した昨年夏以降の成績は〔2・4・1・3〕。若干詰めの甘さを感じさせるものの、堅実さは評価できるはずだ。馬体重の増減が大きいタイプだが、500kg前後の馬体重で出走できるようなら力を発揮できるだろう。

前走のエルムSは2番人気で7着という結果だったが、脚抜きのいい馬場コンディション(重)がこの馬に合わなかったことに加えて、コンスタントにレースに使われていた疲れもあったのだろう。それまでの成績はクラス上位の能力を示しており、重賞タイトルこそまだ獲得していないものの、地方交流競走を含めると重賞での2着は3回ある。昨年の本レースでは勝ったマスクゾロとクビ差の2着。のちのGⅠ・東京大賞典勝ち馬アポロケンタッキー(3着)、今回も注目を集めているミツバ(4着)の追撃は振り切っている。持っている能力はここでも遜色がなく、中間に放牧を挟んでリフレッシュされた今回は巻き返しがあっていい。

ドラゴンバローズ

牡5歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ポーリッシュピンク
  • 母の父:Polish Precedent
ここに注目!

今回は中1週での参戦になるため、前走の疲れが残っていないかどうかのチェックはしておきたい。ダート2000mの経験は1度だけで、当時は3着。持久力勝負に強いタイプなので、おそらくこの距離は合うはずだ。

3着に敗れた前々走の1600万下・薩摩S(小倉・ダート1700m)は、道中で反応の鈍さを見せるシーンがあったが、阪神に舞台が替わった前走の1600万下・オークランドレーシングクラブT(ダート1800m)では、手応えに余裕のある状態で直線に入ることができた。広いコースへの適性の高さをあらためて示した一戦と言えるだろう。今回がオープンクラスへの初挑戦。しかもそれが重賞とあれば、一気の相手強化に対応できるかどうかがポイント。速い上がりタイムをマークするタイプではないだけに、直線を向いた段階での位置取りが重要になるだろう。この馬にとって試金石の一戦となりそうだ。

マインシャッツ

牡4歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:ザッハーマイン
  • 母の父:Mineshaft
ここに注目!

小回りの小倉・ダートコースでもしっかりとした脚を使えた近2走は、成長が感じられる内容だった。今回は、直線の距離が十分にあり、ゴール前に急坂がある阪神・ダートコースが舞台。3勝をマークしている得意の競馬場なら、重賞でも期待が持てるはずだ。

今夏のクラス再編成で1000万下クラスに降級したが、3走前の1000万下・リボン賞(阪神・ダート1800m)で差し切り勝ちを決めると、前々走の1600万下・薩摩S(小倉・ダート1700m)を制して1600万下クラスも突破。道中でじっくりと脚をためることができれば切れる脚が使えることを証明した。前走のオープン特別・阿蘇S(小倉・ダート1700m)は4着。直線を向いた段階での位置取りが後ろ過ぎた印象で、差し切ることはできなかったものの、ゴールが近づくに連れて加速した末脚の切れを見れば、このクラスでも通用するめどが立ったと言えるだろう。広い阪神・ダートコースで、重賞のメンバーを相手にどこまで戦えるのか、注目だ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: