今週の注目レース

朝日杯セントライト記念(GⅡ)

中山競馬場 2200m(芝・外)馬齢 3歳オープン

データ分析関連動画

歴代優勝馬にGTウイナーがズラリと名を連ねる菊花賞トライアル

2015年の朝日杯セントライト記念を制したキタサンブラックは、次走の菊花賞でGT初制覇を果たしたうえ、2016年から2017年上半期にかけてGT・4勝をマークした。また、2012年の優勝馬フェノーメノは2013年と2014年の天皇賞(春)を連覇している。さらに、2014年の優勝馬イスラボニータと2016年の優勝馬ディーマジェスティには、同年の皐月賞優勝の実績があった。上位3頭に優先出走権が付与される菊花賞はもちろん、その後のGT戦線を展望するうえでも見逃せない一戦と言えるだろう。今回は新潟で行われた2014年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

重賞ウイナーや日本ダービー出走馬は堅実

過去10年の3着以内馬30頭中15頭は、JRAの重賞で優勝経験がある馬だった。該当馬は3着以内率55.6%と好走率も非常に優秀だ。今年も重賞ウイナーにはぜひ注目してみよう。〔表1〕

〔表1〕JRAの重賞での優勝経験の有無別成績(過去10年)
優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-5-3-12 25.9% 44.4% 55.6%
なし 3-5-7-122 2.2% 5.8% 10.9%

また、過去10年の3着以内馬30頭中14頭は、日本ダービーに出走経験がある馬だった。こちらの該当馬も3着内率46.7%と優秀な成績を収めているので、重賞ウイナーと同等に評価したいところだ。〔表2〕

〔表2〕日本ダービーへの出走経験の有無別成績(過去10年)
出走経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 6-5-3-16 20.0% 36.7% 46.7%
なし 4-5-7-118 3.0% 6.7% 11.9%

4コーナー8番手以下から好走した経験のある馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、JRAのレースで4コーナーを8番手以下で通過して3着以内に入った経験のある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率7.9%と苦戦している。各馬の脚質を比較する際は、先行タイプの馬よりも、馬群の中団や後方から差して好走した経験がある馬を重視したい。〔表3〕

〔表3〕JRAのレースで4コーナーを8番手以下で通過して3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-7-8-64 10.2% 18.2% 27.3%
なし 1-3-2-70 1.3% 5.3% 7.9%

近年はキャリア豊富な馬が不振

2011年以降過去6年の3着以内馬18頭は、いずれも通算出走数が「8戦以内」だった。2010年以前はキャリア「9戦以上」の馬の好走も見られたが、近年は好走例が途絶えているうえ、2013年5着のケイアイチョウサン(単勝2番人気、キャリア11戦)、2015年7着のサトノラーゼン(単勝1番人気、キャリア10戦)など、上位人気の支持に応えられなかった例もある。キャリア豊富な馬は過信禁物と見るべきだろう。ちなみに、キャリア「6、7戦」の馬に限れば〔5・4・2・24〕(3着内率31.4%)と優秀な成績を収めている。該当馬がいたら高く評価したいところだ。〔表4〕

〔表4〕通算出走数別成績(過去6年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
8戦以内 6-6-6-51 8.7% 17.4% 26.1%
9戦以上 0-0-0-25 0% 0% 0%

馬体重が軽い馬は割り引きが必要

過去6年の3着以内馬18頭中15頭は、前走の馬体重が「470kg以上」だった。一方、「470kg未満」だった馬は3着内率8.1%と苦戦している。馬体重の軽い馬よりも、重い馬に注目してみたい。〔表5〕

〔表5〕前走の馬体重別成績(過去6年)
前走の馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
470kg未満 1-2-0-34 2.7% 8.1% 8.1%
470kg以上 5-4-6-42 8.8% 15.8% 26.3%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

脚質、キャリア、馬体重がポイント

過去6年の優勝馬6頭は、いずれもJRAのレースで4コーナーを8番手以下で通過して3着以内に入った経験がある馬だった。また、この6頭は通算出走数が7戦以下だった点、前走の馬体重が468kg以上だった点も共通している。〔表3〕〜〔表5〕で挙げた傾向を重視すべきだろう。〔表6〕

(伊吹雅也)

備考:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕優勝馬の「JRAのレースで4コーナーを8番手以下で通過した際の最高着順」「通算出走数」「前走の馬体重」(過去6年)
年度 優勝馬 JRAのレースで4コーナーを8番手以下で通過した際の最高着順 通算出走数 前走の馬体重
2011年 フェイトフルウォー 3着(2010年ホープフルSほか) 6戦 498kg
2012年 フェノーメノ 1着(2012年青葉賞) 6戦 490kg
2013年 ユールシンギング 1着(2013年3歳以上500万下) 6戦 522kg
2014年 イスラボニータ 2着(2013年新潟2歳S) 7戦 468kg
2015年 キタサンブラック 1着(2015年3歳新馬) 5戦 520kg
2016年 ディーマジェスティ 1着(2016年皐月賞ほか) 6戦 472kg

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: