今週の注目レース

札幌記念(GII)

札幌競馬場 2000m(芝)定量 3歳以上オープン

2016年 ネオリアリズム

2016年 ネオリアリズム

2015年 ディサイファ

2015年 ディサイファ

2014年 ハープスター

2014年 ハープスター

※レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

札幌記念は、1965年に4歳(現3歳)以上・ハンデキャップの重賞として創設され、第1回は札幌競馬場の砂コース2000mで行われた。馬場については、札幌競馬場は寒冷地のため創設時は芝コースが無く、1968年まで左回りの砂コース、1969年から1974年まで左回りのダートコース、1975年から1989年まで右回りのダートコースで行われた。

1989年に、札幌競馬場に芝コースが新設されたが、芝の育成・保護のため芝コースの運用は翌1990年から始まり(1989年の札幌記念はダート1700mで開催)、それ以降本競走は芝2000mで行われている。また、負担重量は1997年にハンデキャップから別定重量となったのち、2006年に実力馬の参戦を促す観点から定量に変更された。

2006年から『サマー2000シリーズ』の第4戦に指定され、秋の中・長距離GI戦線を展望する一戦としてだけでなく、シリーズ優勝を目指す馬にとっても重要なレースとなっている。

コースの特徴

札幌・芝2000m

4コーナーのポケットからのスタート。1コーナーまでの距離が約400mと長いので、コース取りによる有利不利が出づらい構造と言える。コース全体がほぼ平坦で、コーナーは回りやすく、直線距離は269.1m(Cコース使用時)と短い。前半が速くなりやすいため、最後は我慢比べとなることも多い。同じ洋芝でも、函館よりスピードの出る馬場になりやすく、コーナーでスピードも乗りやすい。直線は短いが、タフなレースになりやすいので、インの好位で脚を温存できる馬が好走しやすいコースと言える。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: