今週の注目レース

北九州記念(GIII)

小倉競馬場 1200m(芝)ハンデ 3歳以上オープン

2016年 バクシンテイオー

2016年 バクシンテイオー

2015年 ベルカント

2015年 ベルカント

2014年 リトルゲルダ

2014年 リトルゲルダ

※レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

北九州記念は、1966年に4歳(現3歳)以上・ハンデキャップの重賞として創設され、当初は小倉競馬場の芝2000mで行われていたが、1969年に芝1800mに変更された。また、負担重量は1972年に別定重量、1995年にハンデキャップ、2000年に別定重量とそれぞれ変更されたのち、2006年から再びハンデキャップに戻され現在に至っている。

2006年から夏競馬をさらに盛り上げるために設けられた『サマースプリントシリーズ』の開催に伴い、本競走は距離が芝1200mに短縮され、同シリーズの第3戦(2012年以降は第4戦)に指定されるとともに、スプリンターズSへ向けた前哨戦のひとつに位置付けられた。

コースの特徴

小倉・芝1200m

2コーナーのポケットからのスタート。スタート直後に緩やかな下り坂があり、3コーナーまでの距離も約450mと長い。さらに“スパイラルカーブ”によりスピードが落ちづらいため、JRAの芝1200mの中では最も前半が速く流れる構造となっている。3コーナーから4コーナーにかけても緩やかに下り、直線は平坦。前半に無理せざるを得ないため、上がりはかかることが多い。馬場が重くなると、マイル寄りの適性が求められるが、インコースが良好な馬場になることが多いため、軽快なダッシュ力が重要なポイントとなる。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: