今週の注目レース

北九州記念(GIII)

小倉競馬場 1200m(芝)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析関連動画

このスプリント重賞なしに小倉の熱い夏は終わらない

サマースプリントシリーズの第4戦となる北九州記念では、過去10年で単勝8番人気の馬が5勝を挙げているのを含め、単勝6番人気以下の馬が10頭連対を果たしている波乱含みの一戦だ。また、2008年の優勝馬スリープレスナイトが続くスプリンターズSに優勝するなど、秋のスプリントGIに向けた前哨戦としても注目度が高い。過去10年の結果から、気になるレース傾向をピックアップする。

過去2走の着順は要チェック

過去10年の出走馬について、前々走と前走の着順別成績をまとめると「前々走、前走共に1着」が3着内率で66.7%をマークし、「前々走が2着以下で前走が1着」が34.5%で続いている。さらに、1着こそないものの「前々走が1着で前走が2着以下」組が連対率と3着内率で「前々走、前走共に2着以下」組を上回っていることから、過去2走で「1着」になったことがある馬には注目すべきだろう。また、過去3年のうち2年で「前々走、前走共に2着以下」の馬が優勝しているが、その優勝馬2頭はいずれも過去2走以内に「2、3着」に入った経験があった。このあたりも覚えておいて損はないだろう。〔表1〕

〔表1〕前々走と前走の着順別成績(過去10年)
前々走と前走の着順 成績 勝率  連対率 3着内率
前々走、前走共に1着 1-1-2-2 16.7% 33.3% 66.7%
前々走が2着以下で前走が1着 2-4-4-19 6.9% 20.7% 34.5%
前々走が1着で前走が2着以下 0-2-1-17 0% 10.0% 15.0%
前々走、前走共に2着以下 7-3-3-97 6.4% 9.1% 11.8%

前走の競馬場と距離に注目

過去10年の出走馬について、前走のコースに着目すると、連対率と3着内率で前走が「阪神・芝1600m以下」だったグループがトップの数値をマーク。それに「小倉・芝1200m」組が続いており、この2グループは連対率と3着内率で他のグループを大きく上回っている。しかし、過去4年に限れば、前走で「福島・芝1200m」、「新潟・芝1000m」のレースに出走していた馬が勝利を収めている。今年はどのような結果になるのか、前走のコースに注目してみるのも面白そうだ。〔表2〕

〔表2〕前走のコース別成績(過去10年)
前走のコース 成績 勝率  連対率 3着内率
福島・芝1200m 2-0-1-16 10.5% 10.5% 15.8%
新潟・芝1000m 4-1-3-45 7.5% 9.4% 15.1%
中京・芝1200m 1-1-2-21 4.0% 8.0% 16.0%
阪神・芝1600m以下 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
小倉・芝1200m 2-4-1-18 8.0% 24.0% 28.0%
その他のコース 0-2-2-29 0% 6.1% 12.1%

前走で上位人気だった馬が優勢

過去10年の出走馬について前走の単勝人気別成績をまとめると、前走「1番人気」組が連対率と3着内率でトップになっている。また、「7番人気」組が勝率でトップの数値をマークして、連対率と3着内率で2番手の数値となっている点も目立っている。前走で上位人気に支持されていた馬は引き続き高く評価したいところだが、「7番人気」だった馬にも注目しておきたいところだ。〔表3〕

〔表3〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 3-6-2-9 15.0% 45.0% 55.0%
2番人気 1-0-1-10 8.3% 8.3% 16.7%
3番人気 1-1-1-8 9.1% 18.2% 27.3%
4番人気 1-0-1-12 7.1% 7.1% 14.3%
5番人気 1-0-2-12 6.7% 6.7% 20.0%
6番人気 0-0-0-13 0% 0% 0%
7番人気 2-2-1-7 16.7% 33.3% 41.7%
8番人気以下 1-1-2-64 1.5% 2.9% 5.9%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

同年の5月に出走していなかった馬が5連勝中

2012年以降の過去5年の出走馬について同年5月の出走回数を調べると、優勝馬5頭はいずれも同年の5月に出走していなかった。今年もこの傾向が続くのか、夏競馬に入る直前となる5月の出走歴は、チェックしておきたい。〔表4〕

(河野道夫)

〔表4〕同年5月の出走回数別成績(過去5年)
出走回数 優勝 2着以下
0回 5頭 36頭
1回以上 0頭 40頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: