今週の注目レース

函館2歳ステークス(GIII)

函館競馬場 1200m(芝)馬齢 2歳オープン

データ分析関連動画

早熟性と将来性を兼ね備えたスター候補生が集う今年最初の2歳重賞

2016年の2着馬モンドキャンノは、その後京王杯2歳Sを勝ち、朝日杯FSでも2着に食い込んだ。その他にも、2015年1着のブランボヌールが阪神JFで3着、2012年4着のロゴタイプが朝日杯FSで1着、2011年2着のアイムユアーズが阪神JFで2着に入るなど、近年はこのレースで好走した馬が暮れの2歳GI で活躍している。現2歳世代最初のJRA重賞を優勝し、今後に弾みをつけるのはどの馬だろうか。今回は札幌・芝1200mで行われた2009年を含む過去10年の結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

キャリア「1戦」の馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中21頭は、通算出走数が「1戦」だった。一方、「2戦以上」だった馬は3着内率14.8%とやや苦戦している。ちなみに、日本ダービーの翌週から2歳戦が開催されるようになった2012年以降に限ると、通算出走数が「1戦」だった馬は〔5・3・5・38〕で3着内率25.5%とやや数値が上昇しているのに対し、「2戦以上」だった馬は〔0・2・0・27〕で3着内率6.9%とより苦戦している。今年もまずはキャリア「1戦」の馬に注目すべきだろう。〔表1〕

〔表1〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
1戦 9-3-9-65 10.5% 14.0% 24.4%
2戦以上 1-7-1-52 1.6% 13.1% 14.8%

なお、通算出走数が「2戦以上」だった馬のうち、JRAの芝のレースで2着馬に0秒3以上のタイム差をつけて優勝した経験がない馬は3着内率4.9%と苦戦している。3着以内に好走したのは2007年1着のハートオブクィーンと2009年2着のキョウエイアシュラだけである。キャリア「2戦以上」、かつJRAの芝のレースで2着馬に0秒3以上のタイム差をつけて優勝した経験がない馬は評価を下げたい。〔表2〕

〔表2〕通算出走数が「2戦以上」だった馬の、JRAの芝のレースで2着馬に0秒3以上のタイム差をつけて優勝した経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 0-6-1-13 0% 30.0% 35.0%
なし 1-1-0-39 2.4% 4.9% 4.9%

先行策で勝った経験がある馬に注目

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、JRAの芝のレースで4コーナーを5番手以内で通過して優勝した経験のある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率が4.9%にとどまっているうえ、2010年以降の該当馬は〔0・0・0・31〕とすべて4着以下に敗れている。先行して勝った経験のない馬は過信禁物と見るべきだろう。〔表3〕

〔表3〕JRAの芝のレースで4コーナーを5番手以内で通過して優勝した経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-10-9-78 8.5% 17.9% 26.4%
なし 1-0-1-39 2.4% 2.4% 4.9%

馬体重の重い馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中29頭は、前走の馬体重が「480kg未満」だった。一方、「480kg以上」だった馬で3着以内に入ったのは2012年2着のコスモシルバード(前走488kg)だけで、該当馬の3着内率は4.2%と低い。馬体重の重い馬はやや評価を下げた方が良さそうだ。〔表4〕

〔表4〕前走の馬体重別成績(過去10年)
前走の馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
480kg未満 10-9-10-94 8.1% 15.4% 23.6%
480kg以上 0-1-0-23 0% 4.2% 4.2%

誕生日が早い馬ほど堅実

過去10年の出走馬の誕生月別成績を調べると、連対率や3着内率は誕生月が早いほど高くなっている。優勝馬の数は「3月」生まれと「4月」生まれの馬が多いものの、現2歳世代の馬にとっては最初のJRA重賞ということもあって、早生まれの馬にはそれなりのアドバンテージがあると見るべきだろう。〔表5〕

〔表5〕誕生月別成績(過去10年)
誕生月 成績 勝率 連対率 3着内率
1月 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
2月 1-5-1-17 4.2% 25.0% 29.2%
3月 3-2-5-34 6.8% 11.4% 22.7%
4月 4-1-2-43 8.0% 10.0% 14.0%
5月 1-0-0-18 5.3% 5.3% 5.3%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

近年の優勝馬は4月上旬までに生まれた馬ばかり

過去7年の優勝馬7頭は、いずれも誕生日が4月9日以前だった。〔表5〕で挙げた傾向からもわかる通り、遅生まれの馬は評価を下げるべきだろう。また、この7頭は通算出走数が1戦だった点、JRAの芝のレースで4コーナーを3番手以内で通過して優勝した経験があった点、前走の馬体重が480kg未満だった点も共通している。〔表1〕〔表3〕〔表4〕で挙げた点についても重視したいところだ。〔表6〕

(伊吹雅也)

※表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕優勝馬の「誕生日」「通算出走数」「前走の着順と4コーナーの通過順」「前走の馬体重」(過去7年)
年度 優勝馬 誕生日 通算出走数 前走の着順と
4コーナーの通過順
前走の
馬体重
2010年 マジカルポケット 4月3日 1戦 1着、4コーナー1番手 460kg
2011年 ファインチョイス 1月24日 1戦 1着、4コーナー2番手 434kg
2012年 ストークアンドレイ 2月22日 1戦 1着、4コーナー3番手 462kg
2013年 クリスマス 3月4日 1戦 1着、4コーナー1番手 418kg
2014年 アクティブミノル 4月7日 1戦 1着、4コーナー1番手 476kg
2015年 ブランボヌール 4月9日 1戦 1着、4コーナー3番手 436kg
2016年 レヴァンテライオン 3月23日 1戦 1着、4コーナー3番手 476kg

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: