今週の注目レース

プロキオンステークス(GIII)

中京競馬場 1400m(ダート)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

夏のダート短距離戦線に輝きを放つ一戦

2012年から中京競馬場での開催となり、今年で6回目を迎える。2012年に単勝12番人気のトシキャンディが優勝して波乱を呼んだが、その後の4年間の連対馬8頭は全て5番人気以内の馬だった。今年はどんな結果が待ち受けているのか。阪神競馬場で行われた2007〜2010年と京都競馬場で行われた2011年を含む過去10年分、中京競馬場で行われた過去5年分の2つの視点から、ヒントになりそうなレースの傾向をピックアップする。

近走の実績が重要

過去10年の出走馬について、過去2戦以内に出走していたオープンクラス・ダート1400m以上のレースでの最高着順別に成績を調べると、3着以内馬30頭中27頭は前記した条件での最高着順が「5着以内」だった。好走率では「5着以内」の各組と「6着以下」の各組とでは、大きな差がついている。近走でオープンクラス・ダート1400m以上のレースを好走していた馬がいれば、ノーマークにはできないだろう。〔表1〕

〔表1〕過去2戦以内に出走していたオープンクラス・ダート1400m以上のレースでの最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 5-2-4-16 18.5% 25.9% 40.7%
2着 2-5-1-15 8.7% 30.4% 34.8%
3着 0-2-3-11 0% 12.5% 31.3%
4着 1-0-1-6 12.5% 12.5% 25.0%
5着 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
6〜9着 0-0-1-16 0% 0% 5.9%
10着以下 0-0-0-15 0% 0% 0%
該当レース不出走 1-1-0-39 2.4% 4.9% 4.9%
  • 備考:地方競馬で行われたダートグレード競走と海外の重賞を含む
  • 備考:競走中止はその競走の最下位として集計

GI・JpnI 以外のレースで大崩れのない馬が優勢

中京に舞台が移った過去5年の出走馬について、過去3戦以内のGI・JpnI を除くレースでの最低着順別に成績をまとめると、連対馬10頭のうち8頭は前記した条件での最低着順が「3着以内」だった。「10着以下」だった馬の中で連対したのは2012年の優勝馬トシキャンディだけとなっている。GI・JpnI を除く近走のレースで4着以下に敗れていない馬は、高く評価した方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕過去3戦以内のGI・JpnI を除くレースでの最低着順別成績(過去5年)
最低着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 0-1-1-3 0% 20.0% 40.0%
2着 3-3-1-6 23.1% 46.2% 53.8%
3着 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
4着 0-0-1-3 0% 0% 25.0%
5着 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
6〜9着 0-0-0-15 0% 0% 0%
10着以下 1-0-1-22 4.2% 4.2% 8.3%
過去3走全てGI・JpnI 1-0-0-0 100% 100% 100%

前々走と前走の距離に注目

過去5年の出走馬について、前々走と前走の距離を比較して成績を調べてみると、優勝馬5頭は「前々走より前走の距離が短い」か「前々走と前走の距離が同じ」という馬だった。3着内率でもこの2組は25%を超えており、「前々走より前走の距離が長い」組は6.9%と、その差は歴然としている。前々走と前走の距離に注目してみるのも面白そうだ。〔表3〕

〔表3〕前々走と前走の距離別成績(過去5年)
前々走と前走の距離 成績 勝率  連対率 3着内率
前々走より前走の距離が短い 2-2-2-17 8.7% 17.4% 26.1%
前々走と前走の距離が同じ 3-2-2-20 11.1% 18.5% 25.9%
前々走より前走の距離が長い 0-1-1-27 0% 3.4% 6.9%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走で上位人気だった馬が連勝中

2013年以降の過去4年の出走馬について前走の単勝人気別成績を調べると、優勝馬4頭は前走で1、2番人気に支持されていた。前走でファンから高い支持を受けていた馬は、このレースでも引き続き注目すべきだろう。〔表4〕

(河野道夫)

〔表4〕前走の単勝人気別成績(過去4年)
前走の単勝人気 優勝 2着以下
1、2番人気 4頭 19頭
3番人気以下 0頭 40頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: