今週の注目レース

安田記念(GI)

東京競馬場 1600m(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

ビューティーオンリー

せん6歳

調教師:A.クルーズ(香港)

  • 父:Holy Roman Emperor
  • 母:Goldendale
  • 母の父:Ali-Royal
ここに注目!

日本勢が3頭(ロゴタイプ=5着、サトノアラジン=7着、ネオリアリズム=9着)出走していた昨年の香港マイル(G1)を、鋭い末脚で差し切って優勝。前走のチャンピオンズマイル(G1、共にシャティン・芝1600m)でも2着に好走しており、好調を維持しての参戦だ。

昨年12月の香港マイル(G1)を制して自身初のG1 制覇(香港G1 を含めると2度目)を達成。今年は4戦して勝ち星こそないが、前々走のチェアマンズT(G2)で勝ち馬と1/2馬身差の2着、前走のチャンピオンズマイル(G1、共にシャティン・芝1600m)では勝ったコンテントメントとクビ差の2着に好走しており、一段と安定感を増してきた印象を受ける。今回、日本での出走は初めてで体調面がポイントになるが、本馬を管理するA.クルーズ調教師は、2005年にサイレントウィットネスでスプリンターズSを、2006年にはブリッシュラックで安田記念を優勝した香港のトップトレーナー。海外遠征のノウハウは十分に持っているはずで、その実績からここは主役候補の一頭だろう。

コンテントメント

せん7歳

調教師:J.サイズ(香港)

  • 父:Hussonet
  • 母:Jemison
  • 母の父:Commands
ここに注目!

前走のチャンピオンズマイル(G1、シャティン・芝1600m)を優勝して、2度目のG1 制覇を達成。豊かなスピードに加えて、卓越した勝負根性を示した。昨年の安田記念に参戦した時は12着だったが、今回は上位争いが期待される。

5月7日に行われたチャンピオンズマイル(G1)では、ビューティーオンリー(2着)の追撃を抑えて見事に優勝。2016年のクイーンズシルバージュビリーCに続く、2度目のG1 制覇を達成した。この安田記念には昨年も出走。結果は最後の直線で脚が鈍り12着に敗れたが、この時は馬体重が大幅に減っており、それが影響した可能性が考えられる。今回は2度目の日本遠征で慣れが見込める上に、東京・芝1600mの舞台も経験済み。昨年よりも着実にパワーアップを果たしており、リズム良く先行して自慢のスピードを発揮できれば、十分に勝機を見いだせそうだ。

イスラボニータ

牡6歳

調教師:栗田博憲(美浦)

  • 父:フジキセキ
  • 母:イスラコジーン
  • 母の父:Cozzene
ここに注目!

前走の読売マイラーズCで約2年7か月ぶりとなる勝利を飾り、自身の通算重賞勝利数を「5」に伸ばした。3歳時に皐月賞優勝、日本ダービー2着などの実績を持つ馬が、勢いに乗って本番を迎えるだけに、2度目のGI 制覇へ期待は高まる。

「前走の読売マイラーズCの時は、十分な乗り込みを消化して、万全の態勢で臨むことができました。鞍上のC.ルメール騎手が、大外枠(8枠11番)からうまくインに進路を取ってくれたこともあり、強いレースができました。しばらく勝利から遠ざかっていましたから、この1勝は価値があると思います。その後は安田記念を目標に調整しています。状態がさらに上向いており、馬がどっしりしているので、2度目のGI 制覇へ期待して送り出せます」と、陣営は久々の重賞勝利にホッとしているようだ。東京・芝コースで4勝、新潟・芝コースで1勝と、左回りを得意にしている一頭。前走で久々の重賞制覇を成し遂げ、勢いに乗る本馬に注目だ。

レッドファルクス

牡6歳

調教師:尾関知人(美浦)

  • 父:スウェプトオーヴァーボード
  • 母:ベルモット
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走の京王杯スプリングCでは、メンバー中で最も重い58kgの斤量を背負って優勝。昨年のスプリンターズS以来となる通算3度目の重賞制覇を飾った。今回は実績のない芝1600mへの対応が鍵になるが、現在の充実ぶりなら克服可能だろう。

「前走の京王杯スプリングCは、力を要す馬場コンディション(重)に加えて、58kgの斤量と厳しい条件でしたが、ラストは力強い末脚を発揮して優勝してくれました。内容が良かっただけに、今後に向けて自信が深まる一戦でした。今回は芝1600mに距離が延びますが、折り合い面の進境を見せているので、克服可能でしょう。この中間は疲れを十分に回復させてから乗り込みを開始しました。引き続き好調をキープしたまま出走できそうです」と、厩舎スタッフは細心の注意を払って調整を進めている。前走の京王杯スプリングCで3度目の重賞制覇を達成。2度目のGI 制覇へ向けて、視界は良好だ。

グレーターロンドン

牡5歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ロンドンブリッジ
  • 母の父:ドクターデヴィアス
ここに注目!

一昨年10月以降、休養を挟みながら破竹の5連勝を記録。通算成績も7戦6勝と、全く能力の底を見せていない存在だ。今回は、重賞初挑戦がいきなりのGI と試金石の一戦になるが、マイル界に現れた新星候補の走りに注目が集まる。

「5月10日の調教後に左前脚の爪に不安が生じて、2週前追い切りを自重しました」と、厩舎サイドは慎重に調整を進めているが、ここまで7戦6勝と全く底を見せていない成績は魅力が大きい。昨年11月に約1年に及ぶ長期休養から復帰すると、無敵の快進撃が開始。初のオープンクラス挑戦となった前走のオープン特別・東風S(中山・芝1600m)では、上がり3ハロン33秒3(推定)の末脚を発揮して差し切り、休養前から数えて5連勝を達成した。今回は初のGI 挑戦で試金石の一戦になるが、芝1600mは5戦5勝という得意距離。切れ味はこのメンバーに入っても見劣りしないだけに、新星誕生のシーンも十分にあるだろう。

ロゴタイプ

牡7歳

調教師:田中剛(美浦)

  • 父:ローエングリン
  • 母:ステレオタイプ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

昨年の安田記念で、マイルの絶対王者モーリスを2着に退けて逃げ切った競馬は記憶に新しい。3歳時の2013年春には皐月賞を優勝しており、今回の豪華メンバーに入っても実績上位の存在だ。自在の脚質が武器で、展開の鍵を握る一頭と言えるだろう。

「前走の中山記念(3着)の後はダービー卿チャレンジTに出走する予定でしたが、フレグモーネを発症したので放牧へ出しました。それでも、すぐに放牧先で乗り込みを開始できましたし、帰厩した後の調整も順調です。以前より筋肉が付いて、馬体の張りは申し分ありません。これなら上々の仕上がりで出走できるでしょう。昨年は逃げて結果を出しましたが、自分のリズムで走ることができれば位置取りは問いません。まだ年齢的な衰えも感じないので、安田記念連覇を達成したいです」と、陣営は仕上げに懸命だ。モーリス(2着)を退けて優勝した昨年の本レースは自信になったはず。連覇の可能性は十分だ。

ステファノス

牡6歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ココシュニック
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

前走の大阪杯では、積極的なレースを展開して勝ったキタサンブラックに次ぐ2着に好走。一昨年の天皇賞(秋)で2着に好走した実績もあり、地力は十分だ。今回、2014年の富士Sを勝った東京・芝1600mの舞台で、念願のGI 初勝利に挑む。

「前走の大阪杯は、いつもより前のポジションで流れに乗って、この馬の力を出せたと思います。ただ、勝ったキタサンブラックが強過ぎましたね。それでも、積極的なレースで2着に好走できたことは、今後につながるでしょう。中間は在厩で調整を続けています。少し間隔が空きましたが、調教では軽快な動きを見せているので、体調面に不安はありません。東京・芝1600mの勝ち星がある馬ですから、ここで大きなタイトルを取らせたいです」と、厩舎スタッフは本馬の仕上げに全力を注いでいる。ここまでG1・GI で2着が3回ある馬。悲願のGI 制覇へ、機は熟した印象だ。

アンビシャス

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:カーニバルソング
  • 母の父:エルコンドルパサー
ここに注目!

これまでの重賞勝ちは芝1800m(ラジオNIKKEI賞)と芝2000m(産経大阪杯)で挙げたが、芝1600mでも2戦2勝をマーク。今回の距離でパフォーマンスを落とすようなことはないだろう。これまで強敵を相手に戦ってきた経験を生かせば、GI タイトル奪取も夢ではない。

「前走の大阪杯(5着)は、この馬も最後に脚を使っていましたが、スローな流れが向かなかった感じです。レース後は放牧へ出し、リフレッシュさせました。帰厩後の雰囲気が良く、上々の仕上がりで出走できるでしょう。今なら芝1600mの方がレースをしやすいと思うので、ここはあらためて期待しています」と、厩舎サイドは本馬の末脚に期待を寄せている。まだGI のタイトルには手が届いていないが、昨年の産経大阪杯ではキタサンブラック(2着)を差し切って優勝。前走となった今年の大阪杯でも、出走馬中最速の上がり3ハロン33秒6(推定)をマークしており、このメンバーに入っても瞬発力は上位の存在だ。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: