今週の注目レース

京王杯スプリングカップ(GII)

東京競馬場 1400m(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

単勝1番人気馬が苦戦しているGI 前哨戦

安田記念の前哨戦としておなじみの京王杯スプリングCには、2000年を境に大きく変わった点がある。グレード制導入後の1984年から1999年までの16回に限ると、単勝1番人気馬の成績は〔8・2・0・6〕で、勝率が50.0%、連対率が62.5%に達していた。しかし、2000〜2016年の17回で単勝1番人気に支持された馬の成績は〔1・0・2・14〕。勝率・連対率は5.9%で、3着内率も17.6%止まりだ。1番人気馬の苦戦が続く一戦を展望すべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

前走の内容に注目

過去10年の3着以内馬30頭中22頭は、前走の着順が「6着以内」だった。一方、「7着以下」だった馬は3着内率が10.1%にとどまっている。基本的には前走「6着以内」の馬が強いレースと言えるだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
6着以内 5-9-8-68 5.6% 15.6% 24.4%
7着以下 5-1-2-71 6.3% 7.6% 10.1%

また、前走の単勝人気別成績を調べると、「6番人気以内」だった馬の3着内率が29.3%に達している一方で、「7番人気以下」だった馬の3着内率は8.7%にとどまっている。前走の内容をチェックする際は、着順だけでなく単勝人気にも注目した方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
6番人気以内 7-7-8-53 9.3% 18.7% 29.3%
7番人気以下 3-3-2-84 3.3% 6.5% 8.7%
  • 備考:前走が海外のレースだった馬を除く

内外極端な枠に入った馬は不振

過去10年の馬番別成績を調べると、「16〜18番」の馬は3着内率が5.0%にとどまっている。また、「1〜3番」の馬も優勝例がなく、3着内率は10.0%止まりである。内外極端な枠に入った馬は評価を下げるべきかもしれない。〔表3〕

〔表3〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
2番 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
3番 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
4番 0-1-2-7 0% 10.0% 30.0%
5番 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
6番 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
7番 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
8番 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
9番 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
10番 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
11番 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
12番 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
13番 0-1-2-7 0% 10.0% 30.0%
14番 0-0-0-9 0% 0% 0%
15番 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
16番 0-0-0-8 0% 0% 0%
17番 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
18番 0-0-0-5 0% 0% 0%
1〜3番 0-2-1-27 0% 6.7% 10.0%
4〜15番 10-7-9-93 8.4% 14.3% 21.8%
16〜18番 0-1-0-19 0% 5.0% 5.0%

近年は東京・芝コースのレースに実績のある馬が優勢

過去6年の3着以内馬18頭中、2012年2着のレオプライムを除く17頭は、“東京・芝コースで行われた1600万下から上のクラスのレース”において連対経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率2.5%と苦戦している。2010年以前は東京・芝コースのレースに実績のない馬の好走も見られたが、近年はコース実績のある馬の方が信頼できる印象だ。〔表4〕

〔表4〕“東京・芝コースで行われた1600万下から上のクラスのレース”における連対経験の有無別成績(過去6年)
連対経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 6-5-6-42 10.2% 18.6% 28.8%
なし 0-1-0-39 0% 2.5% 2.5%

前走が1400m未満のレースだった馬は過信禁物

過去6年の3着以内馬18頭中15頭は、前走の距離が「1400m以上」だった。一方、「1400m未満」だった馬は3着内率8.1%と苦戦している。近年の傾向を重視するならば、前走が「1400m以上」のレースだった馬に注目すべきだろう。〔表5〕

〔表5〕前走の距離別成績(過去6年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1400m未満 2-0-1-34 5.4% 5.4% 8.1%
1400m以上 4-6-5-47 6.5% 16.1% 24.2%

なお、前走の距離が「1400m未満」だった馬で3着以内に入った3頭は、いずれも前走が同年の高松宮記念、かつそのレースで4コーナーを9番手以内で通過していた。この条件に該当していた馬は2011年以降〔2・0・1・7〕(3着内率30.0%)となっており、これをクリアしている馬はそれなりに高く評価すべきかもしれない。〔表6〕

(伊吹雅也)

〔表6〕前走の距離が「1400m未満」だった3着以内馬(過去6年)
年度 着順 馬名 前走のレース 前走の4コーナーの通過順
2011年 3着 ジョーカプチーノ 2011年高松宮記念 6番手
2014年 1着 レッドスパーダ 2014年高松宮記念 9番手
2015年 1着 サクラゴスペル 2015年高松宮記念 9番手

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: