今週の注目レース

NHKマイルカップ(GI)

東京競馬場 1600m(芝)定量 牡・牝 3歳オープン

出走馬情報

カラクレナイ

牝3歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ローエングリン
  • 母:バーニングレッド
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前々走のフィリーズレビューでは、後方追走から直線で大外を鮮やかな末脚で突き抜け、見事に重賞初制覇を飾った。前走の桜花賞は4着だったが、メンバー中2位タイの上がり3ハロンタイム(35秒0、推定)をマーク。東京の長い直線なら、牡馬相手でも楽しみが大きい。

「前走の桜花賞は初めての芝1600mでしたが、道中リズム良く走れましたし、最後の直線ではこの馬らしい末脚を発揮してくれました。結果は4着でしたが、今後につながる内容だったと思います。今回は牡馬が相手だけに、楽な競馬にはならないでしょう。ただ、直線の長いコースは魅力で、体調も高いレベルで安定しています。東京への長距離輸送をクリアできれば、チャンスが広がるでしょう」と、陣営は本馬にビッグレース制覇の期待を寄せている。祖母のレッドチリペッパーは1999年のNHKマイルCで3着に好走した馬で、血統面も魅力。レベルが高いと言われる同世代牝馬の代表として、3歳マイル路線の頂点を目指す。

モンドキャンノ

牡3歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:レイズアンドコール
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

昨年は京王杯2歳Sを制覇し、朝日杯フューチュリティSでも2着に好走した。前走のスプリングSは10着に敗れたが、休養明けに加えて距離の芝1800mも初めてだっただけに、これが実力ではないはずだ。マイルに戻る今回は、巻き返しが可能だろう。

「前走のスプリングS(10着)は前に壁を作ることができず、力んだ走りになりました。最後の直線で伸び脚を欠いたのは、それが原因でしょう。ただ、馬体に実が入ってきましたし、状態面の不安もありませんから、マイル戦に戻る今回は巻き返したいです。相性のいい東京・芝コースに替わる点もプラス材料だと思います」と、厩舎スタッフに悲観したムードは感じられない。昨年の京王杯2歳Sでは、後の桜花賞馬レーヌミノルを2着に退けて優勝。前走こそ着順を落としたものの、舞台が重賞勝利のある東京・芝コースに替わり、距離も200m短縮される今回は、好材料がそろった印象だ。捲土重来を期す素質馬の走りから目が離せない。

ジョーストリクトリ

牡3歳

調教師:清水久詞(栗東)

  • 父:ジョーカプチーノ
  • 母:ジョーアラマート
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

前走のニュージーランドTで、16頭立ての12番人気という低評価を覆して優勝し、本番へ駒を進めてきた。父のジョーカプチーノは2009年の本レースを10番人気で制覇しており、ここは父仔制覇の夢がかかる一戦となる。

「前々走のファルコンS(6着)の時はまだ全体的に冬毛が残っていましたが、前走のニュージーランドT(1着)のころは毛ヅヤが良くなり、体調もアップしていました。重賞初制覇となった前走は、展開や馬場コンディションが向いた面はありましたが、この馬自身も力を付けていますから、GI でも期待を持って送り出せます。レースセンスの高い馬なので、東京・芝へのコース替わりも問題ないでしょう」と、厩舎サイドは本馬のパワーアップをアピールした。前走で好位追走から力強く抜け出した内容は文句のないもの。晴雨兼用で、馬場コンディションを問わない点は心強い。ここで一気にGI タイトルを手中に収めても不思議はない。

アエロリット

牝3歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:クロフネ
  • 母:アステリックス
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

前走の桜花賞で勝ち馬から0秒2差の5着に健闘。まだ1勝馬だが、ここまで5戦して4連対をマークしている。前々走のクイーンCでアドマイヤミヤビ(1着)の2着に食い下がった内容から、東京・芝1600mの舞台は合っていそうだ。

「前走の桜花賞(5着)では、息の長い末脚を使って上位に食い込んでくれたので、今後が楽しみになりました。その後は短期放牧へ出してリフレッシュさせました。疲れが解消しており、今回も上々の仕上がりで出走できそうです。どちらかというと右回りよりも左回りの方が切れる脚を使える馬ですから、東京・芝コースに替わる点はプラス材料でしょう。牡馬相手になりますが、何とか大きなタイトルを取らせたいです」と、陣営は本馬の仕上げに懸命だ。今年に入ってフェアリーS2着、クイーンC2着、桜花賞5着と、重賞で安定した走りを見せている一頭。自在な脚質も大きな魅力だ。

アウトライアーズ

牡3歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:ウィストラム
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

前走の皐月賞は12着に敗れたが、それを除けば全てのレースで3着以内に好走している。3走前の500万下・ひいらぎ賞(中山・芝1600m、1着)と前々走のスプリングS(2着)で披露した末脚は一級品だけに、前走の敗戦だけで見限るのは早計だろう。

「前走の皐月賞(12着)は勝ち時計が1分57秒8と速すぎました。また、最後の直線で伸び脚を欠いたことを思えば、距離が少し長かったのかもしれません。馬体や血統面を考えると、今のところはマイル前後の距離が最適でしょう。この中間は飼葉食いも良く、体調面に不安はありませんので、ここはあらためて期待しています」と、厩舎スタッフは本馬のケアに余念がない。中山・芝1600mが舞台だった昨年暮れの500万下・ひいらぎ賞(1着)で豪快な大外一気を決めており、マイルではまだ底を見せていない一頭。芝2000mの皐月賞では伸び切れなかったが、条件が好転する今回は、身上とする持続力満点の末脚が見られるかもしれない。

レッドアンシェル

牡3歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:スタイルリスティック
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

2戦2勝で臨んだ前々走の朝日杯フューチュリティSは8着に敗れたが、前走のアーリントンCでは2着に好走。この時の優勝馬ペルシアンナイトは次走の皐月賞でも2着に好走しており、その比較から本馬の注目度もアップしている。

「前走のアーリントンCは、馬具を工夫した効果があったようで、以前より落ち着きが出ていました。レースでも最後まで良く伸びて2着に追い上げてくれたので、収穫は大きかったです。この馬は末脚を生かす形が理想ですから、直線の長い東京・芝へのコース替わりはプラス材料でしょう。ただ、関東圏への長距離輸送は初めてになるので、当日いかに落ち着いて臨めるかがポイントになりそうです」と、厩舎スタッフは期待と不安を語っていた。まだレースキャリアが4戦と成長の余地を残しており、実戦を重ねるごとに馬体重を増やしている点も好材料だろう。磨き上げた末脚を武器に、3歳マイル王の座に挑む。

ミスエルテ

牝3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:ミスエーニョ
  • 母の父:Pulpit
ここに注目!

昨年のファンタジーSを制して、牡馬相手の朝日杯フューチュリティSでは1番人気の支持を受けた(結果は4着)。前走の桜花賞(11着)は力の要る馬場(稍重)に切れ味を削がれたが、良馬場での出走がかなえば、自慢の瞬発力を存分に発揮できるはずだ。

「昨年の朝日杯フューチュリティS(4着)の時はテンションが高く、それが実戦に影響した感じでしたが、前走の桜花賞(11着)の時は、馬に落ち着きがあっていい雰囲気でレースに臨めました。最後の直線で伸び切れなかったのは、力の要る馬場コンディション(稍重)が応えた印象です。パンパンの良馬場で瞬発力を生かしたいタイプなので、今回も天気が気になるところです」と、陣営は好天を願って調教を続けている。昨年秋のファンタジーSでは、上がり3ハロン33秒6(推定)の鋭い末脚で優勝した素質馬。ここ2戦は本領発揮とならなかったが、直線の長い東京・芝コースなら、直線一気の差し切りも可能だろう。

キョウヘイ

牡3歳

調教師:宮本博(栗東)

  • 父:リーチザクラウン
  • 母:ショウナンアネーロ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

重馬場で行われた前々走のシンザン記念を力強い末脚で優勝。前走のアーリントンCは伸び脚を欠いて7着だったが、上位馬たちよりも1kg重い斤量を背負っていた影響があったかもしれない。前走後はNHKマイルCを目標に調整されており、巻き返しが期待される。

「前走のアーリントンC(7着)は、気性面の幼さが出て最後の伸び脚を欠きました。その後にひと息入れてNHKマイルCへ向かうローテーションは予定通りです。力の要る馬場コンディション(重)になった前々走のシンザン記念(1着)で強いレースをしているように雨は歓迎ですが、良馬場でも鋭い末脚を使える馬なので、馬場状態にはこだわりません」と、陣営はGI へ向けて調整を進めている。やや安定感に欠けるタイプだが、はまった時の末脚は強烈。3走前の500万下・千両賞(阪神・芝1600m、2着)では、後に皐月賞を優勝するアルアインと0秒2差の競馬をした実績もある。ここは軽視禁物だろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: