今週の注目レース

NHKマイルカップ(GI)

東京競馬場 1600m(芝)定量 牡・牝 3歳オープン

関係者コメント

アウトライアーズ牡3歳

田辺裕信騎手(5月3日、美浦トレーニング・センター)

  • 最終追い切りについて?

    前の馬を見ながら、もともと稽古で動く馬なので反応を見ることと、競馬を使っている馬なので雰囲気と息遣いを確認しながら調整しました。いい意味で気持ちの面で上げ下げがなく落ち着いて平行線なのは良いと思います。

  • 前走(皐月賞12着)を振り返って?

    皐月賞の週は時計が出る馬場で、この馬自身も脚を溜めていたつもりではいましたが、道中なし崩しに脚を使わされたこともあり、末脚の切れが持ち味の馬ですが、最後は切れがあまりなかったです。皐月賞の前から日本ダービーではなく、NHKマイルCに向かうと言っていた通り、距離の不安はあったと思います。距離の短縮は折り合いを考えて乗る不安がなくなるので、この馬にとってはプラスだと思います。

  • レースに向けて?

    (前走とは)距離も違いますが、先週乗って馬場状態も中山とは全然違っていたので、中山で走れた馬が東京を苦にすることもあると思います。この馬に関しては、いろいろな馬場で走った経験が強みになりますね。NHKマイルCのことが先に頭に浮かぶ馬だったので、皐月賞で結果は出せなかったですが、得意の距離で挽回したいと思います。頑張ります。

アエロリット牝3歳

菊沢隆徳調教師(5月3日、美浦トレーニング・センター)

  • 自身が騎乗した今朝の最終追い切りについて?

    まず北馬場の角馬場とトラックで十分に落ち着かせて、ウォーミングアップをしてから坂路に入りました。身体面や気合面はもう仕上がっているので、今朝は調整程度で、終いを気持ち良く走らせるように追い切りました。十分にいい動きで、時計よりも余裕のある走りでした。

  • 前走の桜花賞(5着)を振り返って?

    タフな馬場コンディションでしたし、GI で競馬自体もタフでした。初めての長距離輸送と阪神コースで心配な面はありましたが、十分に中身のある競馬ができたと思います。それまで右回りコースでは先行して終いが甘くなる競馬をしていたこともあり、結果的に後ろからの競馬になりました。道中の折り合いもつきましたし、最後まで伸びてきたので、すごいなと思いました。

  • レースに向けて?

    東京競馬場ではデビュー勝ちをしましたし、クイーンCでも2着に入ってくれました。広々とした左回りコースは、今のアエロリットにとって高い適性がある舞台だと思います。デビューしてまだ1勝ですが、ずっと善戦して頑張ってくれているアエロリットをぜひ応援してください。

カラクレナイ牝3歳

M.デムーロ騎手(5月3日、栗東トレーニング・センター)

  • 過去に騎乗した際のこの馬の印象は?

    初めて騎乗した新馬の時から、どんどんどんどん良くなっています。瞬発力があって、悪い馬場でもいい走りができます。

  • 今回は東京・芝1600mになるが?

    東京コースは初めてになりますが、いつも最後にいい脚を使ってくれるので、長い直線も問題ないと思います。

  • どうのようなレースをしたいですか?

    前走の桜花賞(4着)では僕は乗っていませんでしたが、後ろからレースをしていました。今回は、もうちょっと前の位置が欲しいです。できれば中団くらいにつけたいですね。いつも応援してくださってありがとうございます。頑張ります。

ジョーストリクトリ牡3歳

武豊騎手(5月3日、栗東トレーニング・センター)

  • 3走前(アーリントンC5着)と前々走(ファルコンS6着)に跨られていますがこの馬の印象は?

    自分が乗った時は勝てなかったのですが、いい馬だと感じています。前走のニュージーランドT(1着)も注目して見ていましたが、完璧な競馬でしたね。

  • 今回は舞台が東京・芝1600mとなりますが、どうイメージされていますか?

    東京・芝1600mは合っていそうだと思います。展開の予測がつきにくいメンバーですが、そんなにクセがあるタイプではないのでいろいろ考えて乗りたいと思います。

  • 先週の天皇賞(春)に続いて清水久詞調教師とのタッグとなるが?

    先週は一緒に勝てたので今週もそうなれば嬉しいですね。トライアルを勝ってここに臨む馬ですので、チャンスはあると思います。思い切って騎乗したいと思います。

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: