今週の注目レース

天皇賞(春)(GI)

京都競馬場 3200m(芝・外)定量 4歳以上オープン

データ分析関連動画

今、新たなる最強ステイヤーの伝説が始まる

春の天皇賞は国内の平地GI では最長距離で争われ、まさに最強のステイヤーを決める一戦に位置付けられている。2009年以降の過去8年では「1枠」が5勝を挙げており、そのうち2009年のマイネルキッツが12番人気、2011年のヒルノダムールが7番人気、2012年のビートブラックが14番人気だったほか、2015年には10番人気のカレンミロティックが3着に入るなど、“1枠に入った伏兵馬”の活躍が多い。最強ステイヤーの称号を勝ち取るのはどの馬か? 過去10年の結果から分析する。

前年最後のレースでの単勝人気をチェック

過去10年の出走馬について、前年の最後に出走したレースでの単勝人気別に成績をまとめると、前年の最後に国内のレースに出走していた馬の中では、そのレースで「1〜4番人気」に支持されていた馬からしか勝ち馬が出ていない。好走率では、「6〜9番人気」・「10番人気以下」の2組は低調な数値になっていることからも、前年の最後に出走したレースで上位人気に支持されていた馬は、このレースでも軽視できないだろう。〔表1〕

〔表1〕前年の最後に出走したレースでの単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 3-3-1-15 13.6% 27.3% 31.8%
2番人気 1-1-2-14 5.6% 11.1% 22.2%
3番人気 2-1-0-17 10.0% 15.0% 15.0%
4番人気 3-1-1-15 15.0% 20.0% 25.0%
5番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
6〜9番人気 0-0-3-34 0% 0% 8.1%
10番人気以下 0-2-1-32 0% 5.7% 8.6%
海外のレース 1-0-2-8 9.1% 9.1% 27.3%

先行馬が優勢

過去10年の出走馬のうち、前走がJRAのレースだった馬について、そのレースの4コーナーの通過順別成績を調べると、優勝馬10頭は全て前走の4コーナーを「6番手以内」で通過していた。3着内率でも「7番手以下」が11.1%なのに対し、「先頭」・「2〜6番手」はいずれも20%を超えており、前走の4コーナーを前めの位置取りで通過した馬が優位に立っている。前走の4コーナーでの位置取りをしっかり確認しておくのも面白いだろう。〔表2〕

〔表2〕前走の4コーナーの通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率  連対率 3着内率
先頭 1-2-0-11 7.1% 21.4% 21.4%
2〜6番手 9-4-6-73 9.8% 14.1% 20.7%
7番手以下 0-4-3-56 0% 6.3% 11.1%
前走が海外のレース 0-0-1-3 0% 0% 25.0%

1番人気が苦戦中

過去10年の単勝人気別成績では、「2番人気」が3着内率70.0%、「3番人気」が3着内率60.0%をマークしているものの、「1番人気」は連対がなく3着内率も10.0%と苦戦傾向にある。一方で、「6〜9番人気」と「10番人気以下」の2組は3着内率で10%未満ながら、計10頭の3着以内馬を送り出し、2009年以降は8年連続で「6番人気以下」の馬が3着以内に入っている。2006年のディープインパクト以来となる1番人気馬の優勝となるのか、興味は尽きない。〔表3〕

〔表3〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
2番人気 5-1-1-3 50.0% 60.0% 70.0%
3番人気 1-4-1-4 10.0% 50.0% 60.0%
4番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
6〜9番人気 1-1-1-37 2.5% 5.0% 7.5%
10番人気以下 2-2-3-76 2.4% 4.8% 8.4%

近走の長距離実績に注目

過去10年の出走馬について、過去3走における芝2400m以上のレースでの最低着順別に成績を調べると、最低着順が「2着」と「5着」だった2組が3着内率で30%を超える数値をマークしている。それに対し、「1着」だった馬は9頭が該当したものの優勝がなく3着以内に入ったのも1頭のみと苦戦気味。勝率で上位になっているのは「2着」・「3着」・「5着」の3グループとなっている。近走で出走していた長距離のレースでの着順にも注目しておきたい。〔表4〕

〔表4〕過去3走以内における芝2400m以上のレースでの最低着順別成績(過去10年)
最低着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
2着 2-1-2-9 14.3% 21.4% 35.7%
3着 2-0-1-15 11.1% 11.1% 16.7%
4着 1-0-1-12 7.1% 7.1% 14.3%
5着 3-2-2-14 14.3% 23.8% 33.3%
6〜9着 1-3-1-40 2.2% 8.9% 11.1%
10着以下 1-2-2-38 2.3% 7.0% 11.6%
過去3走で芝2400m以上不出走 0-1-1-7 0% 11.1% 22.2%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

近走の長距離重賞での実績もチェック

2013年以降の過去4年間の優勝馬4頭は、いずれも過去3走以内に芝2500m以上の重賞で優勝経験があった。1着となる馬を予想する際は、過去3走以内に芝2500m以上の重賞を優勝している馬に注目したいところだ。〔表5〕

(河野道夫)

〔表5〕過去3走における芝2500m以上の重賞での最高着順別成績(過去4年)
最高着順 優勝馬 2着以下
1着 4頭 14頭
2着以下、未出走 0頭 53頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: