今週の注目レース

フローラステークス(GII)

東京競馬場 2000m(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

フローレスマジック

牝3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マジックストーム
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

前々走のアルテミスSが、勝ったリスグラシュー(その後阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞で2着)に次ぐ2着。前走のクイーンC(3着)では、レーヌミノル(4着、その後に桜花賞を優勝)に先着を果たしており、世代トップクラスのポテンシャルを秘めている一頭だ。

3走前の未勝利(東京・芝1600m)で、ムチを入れられることなく後続を4馬身突き放して快勝。前々走のアルテミスSは、馬体重を12kg減らし、スタートで後手を踏みながらも2着に好走した。約3か月半の休養を経て臨んだ前走のクイーンCではプラス18kgと馬体が回復し、レースではスタートを決めて中団を追走。最後は上位2頭に離されたものの、直線でしっかりと脚を伸ばして3着に入り、走破時計も1分33秒6とアルテミスSのタイムを2秒短縮した。母はアメリカの重賞ウイナーで、ラキシス、サトノアラジンの全妹にあたる良血馬。均整の取れた好馬体の持ち主で、先々まで注目したい。

ホウオウパフューム

牝3歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:マチカネタマカズラ
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

デビューから一貫して芝1800m以上の距離を使われており、オークスに狙いを定めたローテーションが組まれている。休養を挟みながら成長を促し、青写真通りの良化ぶりを示す一頭。ハイレベルの桜花賞組に割って入るには、本レースで高いパフォーマンスが求められる。

デビュー2戦目の未勝利(東京・芝2000m)は、スタートで後手を踏みながらも、直線で大外から豪快に突き抜けて快勝。3歳初戦となった前走の500万下・寒竹賞(中山・芝2000m)は、スローペースで先行馬に有利な展開に思えたが、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒5(推定)の末脚を発揮してあっさりと先頭を捕らえ、最後は後続を2馬身突き放して2連勝を飾った。同開催の重賞・京成杯を1秒0上回る2分01秒5の走破時計も優秀で、レースを使われるごとに力を付けていることは明らかだ。今回は3か月半ぶりになるが、本レースへ照準を合わせて順調に乗り込みを消化しており、出走態勢は整った。

ディーパワンサ

牝3歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ディープブリランテ
  • 母:ポロンナルワ
  • 母の父:Rahy
ここに注目!

約3か月半の休み明けで臨んだ前走のフラワーCは、勝ったファンディーナに大きく離された6着だったが、2着馬と0秒2差なら悲観する内容ではないだろう。1度使われた上積みを加味すれば、前走以上のパフォーマンスが期待できる。

昨年7月のメイクデビュー中京(芝1400m)を勝ち上がり、続くオープン特別・中京2歳S(中京・芝1600m)では、スタートで後手を踏んだものの、直線鮮やかに差し切って2連勝を果たした。約3か月半の休養明けとなった3走前のデイリー杯2歳Sは、勝ち馬から0秒1差の4着まで追い上げ、前々走の阪神ジュベナイルフィリーズでは、直線でしぶとく脚を伸ばして4着に入った。前走のフラワーCは直線で伸び脚を欠いて6着も、約3か月半の休み明けだったことを踏まえればレース内容は悪くなかった。収得賞金的に出走可能だった桜花賞を見送って本レースに照準を合わせてきた以上は、きっちり結果を出したいところだ。

モズカッチャン

牝3歳

調教師:鮫島一歩(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:サイトディーラー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

レースを使われるごとにパフォーマンスを上げ、未勝利(小倉・芝1800m)→500万下(中山・芝1800m)と目下2連勝中。前走ではスタートの上達を示し、好位追走から抜け出す競馬ができたことも収穫だった。今回は初めての重賞挑戦だが、牝馬同士なら侮れない。

昨年暮れのメイクデビュー阪神(芝1800m)は6着、3走前の未勝利(京都・芝1800m)は3着だったが、前々走の未勝利では、スタートで出遅れながらもメンバー中最速となる上がり3ハロン34秒2(推定)の末脚で突き抜け、2着馬に2馬身1/2差をつけて快勝した。前走の500万下は、スタートを決めて3番手を追走。3コーナーで逃げ馬に並びかけ、4コーナーで先頭に躍り出ると、直線はビービーガウディ(2着)との追い比べをクビ差しのいで2勝目をマークした。血統背景から200mの距離延長は問題なさそうで、前々走で見せた瞬発力を考えれば、広くて直線の長い東京・芝コースへの舞台替わりも歓迎材料だろう。

アドマイヤローザ

牝3歳

調教師:梅田智之(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:アドマイヤテンバ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

母系はエアグルーヴ、ダイナカールにさかのぼり、祖母は2003年と2004年のエリザベス女王杯を連覇し、繁殖牝馬となってからは一昨年の二冠馬ドゥラメンテを送り出した。本馬の血統背景は超一流で、ここも期待が高まる。

3走前のメイクデビュー京都は2着に敗れたが、前々走の未勝利(共に京都・芝2000m)では、後方待機策からメンバー中最速となる上がり3ハロン34秒7(推定)の末脚で豪快に突き抜け、後続に2馬身差をつけて勝利した。2か月半の休み明けとなった前走のオープン特別・エルフィンS(京都・芝1600m)は、400mの距離短縮にもすんなりと対応して2番手を追走。スローペースで展開が向いたとはいえ、直線でもしぶとく粘って2着に好走した。レースセンスが高く、非凡な瞬発力を秘めており、ここでもポテンシャルは互角以上のものがある。初となる関東圏への長距離輸送をクリアできれば、上位争いが濃厚だ。

タガノアスワド

牝3歳

調教師:五十嵐忠男(栗東)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:エイシンミュー
  • 母の父:スピニングワールド
ここに注目!

前走の500万下・つばき賞(京都・芝1800m)では、1着馬ファンディーナに次ぐ2着に好走。ここは約2か月ぶりの実戦になるが、5日の栗東坂路で自己ベストとなる4ハロン51秒8の好時計をマークしており、順調な仕上がりを見せている。

前々走のメイクデビュー中京(芝2000m)は、重馬場のタフな馬場コンディションだったが、ラスト3ハロンを34秒9でまとめて鮮やかに逃げ切り、3馬身1/2差の快勝。前走の500万下・つばき賞は、勝ったファンディーナが強過ぎて0秒3差の2着に敗れたが、直線の瞬発力比べをしぶとく食い下がり、3着以下は7馬身引き離して能力の高さをアピールした。2戦ともに先手を奪っているが、道中は緩急が利いており、ハナにこだわらなくても競馬ができるタイプだろう。ファンディーナが次走のフラワーCで後続を5馬身差突き放して快勝したことから、本馬も重賞で通用する計算が成り立つはずだ。

ヤマカツグレース

牝3歳

調教師:池添兼雄(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ヤマカツマリリン
  • 母の父:グラスワンダー
ここに注目!

半兄に重賞5勝を挙げ、先日の大阪杯で3着に入った現役馬ヤマカツエース(父キングカメハメハ)がいる血統。本馬はまだ1勝だが、約4か月の休み明けだった前々走のフィリーズレビューで5着に善戦しており、ここでも能力は引けを取らない。

昨年9月のメイクデビュー札幌(芝1500m)を1番人気に応えて勝ち上がると、続く500万下・りんどう賞(京都・芝1400m)ではメンバー中最速の末脚で2着まで追い込み、能力の片りんをアピールした。3走前のファンタジーSで9着に敗れた後は休養に入り、約4か月ぶりとなった前々走のフィリーズレビューは、直線じわじわと脚を伸ばして5着。前走の500万下・君子蘭賞(阪神・芝1800m)では、400mの距離延長にもスムーズに対応し、2番手追走からしぶとく粘って2着に好走した。ベストの距離はマイル前後かもしれないが、前走のレースぶりを見る限りは、芝2000mも守備範囲だろう。

ビルズトレジャー

牝3歳

調教師:田中剛(美浦)

  • 父:ダノンシャンティ
  • 母:メジロヒラリー
  • 母の父:エルコンドルパサー
ここに注目!

牡馬との対戦だった前々走のホープフルSが勝ち馬と0秒6差、前走の共同通信杯が同0秒7差で共に7着と、レース内容は及第点。折り合い面の難しさがあるものの、祖母メジロドーベルにさかのぼる母系はスタミナ豊富で、牝馬同士なら上位争いが可能だろう。

昨年10月のメイクデビュー東京(芝1400m)で、鮮やかな差し切りを決めて初陣勝ちを飾ると、続く500万下(東京・芝1400m)では、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒0(推定)の末脚で追い込み、勝ち馬から0秒1差の2着に惜敗。近2走は重賞挑戦となったが、上がり3ハロンタイムを見ると、前々走のホープフルSが1着レイデオロに次ぐ2番目、前走の共同通信杯でも3番目の時計で走っており(いずれも推定)、牡馬の強敵相手にも瞬発力はそれほど引けを取っていない。牝馬限定の今回のメンバーなら能力は十分に通用しそうで、前が止まる厳しい展開になれば、まとめて差し切るシーンもありそうだ。

(京増 正臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: