今週の注目レース

皐月賞(GI)

中山競馬場 2000m(芝)定量 牡・牝 3歳オープン

データ分析関連動画

歴史的な名馬を輩出してきたクラシック三冠の第一弾

グレード制が導入された1984年から2016年までの皐月賞優勝馬33頭中、およそ3分の2にあたる21頭は、皐月賞以降にもJRAのGI で優勝を果たしている。他の3歳クラシック競走について同様の集計を行ったところ、当該レースの後にJRAのGI を制した優勝馬の数は、桜花賞が13頭、オークスが11頭、日本ダービーが11頭、菊花賞が17頭だった(いずれも2016年末現在)。クラシックレースの中でも、優勝馬がその後の大舞台で活躍するケースが最も多い一戦だ。今回は東京・芝2000mで行われた2011年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通しているポイントを分析してみたい。

1800m以上の重賞で連対経験のある馬が優勢

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、「JRAの1800m以上の重賞」において連対経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率6.3%と苦戦している。重賞で優勝争いに絡んだことがない馬や、1800m未満の重賞でしか連対経験のない馬は割り引きが必要だ。〔表1〕

〔表1〕JRAの1800m以上の重賞での連対経験の有無別成績(過去10年)
連対経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-8-8-72 9.3% 17.5% 25.8%
なし 1-2-2-75 1.3% 3.8% 6.3%

なお、「JRAの1800m以上の重賞」で連対経験がなかった馬のうち、若葉Sで「3着以下」だった馬と若葉S「不出走」の馬を合わせた3着内率は3.1%にとどまっている。3着以内に入ったのは2008年1着のキャプテントゥーレと2009年3着のセイウンワンダーだけで、2010年以降の該当馬46頭はいずれも4着以下に敗れている。「JRAの1800m以上の重賞」で連対経験がない馬の中で、「若葉Sで2着以内に入っていた馬」以外はさらに評価を下げるべきだろう。〔表2〕

〔表2〕JRAの1800m以上の重賞で連対経験がなかった馬の、若葉Sでの着順別成績(過去10年)
若葉Sでの着順 成績 勝率 連対率 3着内率
2着以内 0-2-1-13 0% 12.5% 18.8%
3着以下、不出走 1-0-1-62 1.6% 1.6% 3.1%

前走好走馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、前走の着順が「2着以内」だった。一方、「3着以下」だった馬は3着内率8.9%と苦戦している。前走の成績を比較する際は、着順が良かった馬を素直に重視したい。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
2着以内 9-7-7-75 9.2% 16.3% 23.5%
3着以下 1-3-3-72 1.3% 5.1% 8.9%

なお、前走の着順が「3着以下」だった馬のうち、そのレースが「弥生賞」以外のレースだった馬の優勝例はなく、3着内率も3.7%にとどまっている。前走で「弥生賞」以外のレースに出走して3着以下に敗れていた馬は、苦戦する可能性が高いと判断したいところだ。〔表4〕

〔表4〕前走の着順が「3着以下」だった馬の、前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
弥生賞 1-2-2-20 4.0% 12.0% 20.0%
その他のレース 0-1-1-52 0% 1.9% 3.7%

前走で単勝1番人気だった馬に注目

過去10年の3着以内馬30頭中19頭は、前走の単勝人気が「1番人気」だった。該当馬は3着内率46.3%と好走率も非常に高い。直近のレースで「1番人気」に支持されていた馬は、レースの内容にかかわらずマークしておくべきだろう。〔表5〕

〔表5〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 7-6-6-22 17.1% 31.7% 46.3%
2番人気以下 3-4-4-125 2.2% 5.1% 8.1%

キャリア6戦以上の馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、通算出走数が「5戦以内」だった。一方、「6戦以上」だった馬は3着内率9.9%と苦戦している。キャリアが豊富な馬は評価を下げたい。〔表6〕

〔表6〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
5戦以内 7-8-8-83 6.6% 14.2% 21.7%
6戦以上 3-2-2-64 4.2% 7.0% 9.9%

ジョッキーとの相性も重要

過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、「今回と同じ騎手が騎乗したJRAのレースで優勝経験がある」馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率6.8%と苦戦している。各馬の戦績をチェックする際は、今回と同じ騎手で臨んだレースでの成績も確認しておきたいところだ。〔表7〕

〔表7〕今回と同じ騎手が騎乗したJRAのレースでの優勝経験の有無別成績(過去10年)
優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-9-8-65 7.9% 18.0% 27.0%
なし 3-1-2-82 3.4% 4.5% 6.8%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

近年は共同通信杯組とスプリングS組が強い

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも前走で「共同通信杯」か「スプリングS」に出走して2着以内に入っていた。ちなみに、前走が弥生賞だった馬は2010年のヴィクトワールピサを最後に、前走が若葉Sだった馬は2007年のヴィクトリーを最後に、前走の着順が3着以下だった馬は2008年のキャプテントゥーレを最後にそれぞれ優勝が途絶えている。〔表1〕や〔表3〕で挙げた傾向からもわかる通り、中距離の重賞で連対経験がある馬や前走で2着以内に入っていた馬を重視したいレースだが、近年の傾向を考慮するならば、「共同通信杯」や「スプリングS」の好走馬を特に高く評価すべきだろう。〔表8〕

(伊吹雅也)

※表は横にスクロールすることができます。

〔表8〕優勝馬の「前走のレース」「前走の着順」「JRAの1800m以上の重賞での最高着順」(過去6年)
年度 優勝馬 前走のレース 前走の着順 JRAの1800m以上の
重賞での最高着順
2011年 オルフェーヴル スプリングS 1着 1着(スプリングS)
2012年 ゴールドシップ 共同通信杯 1着 1着(共同通信杯)
2013年 ロゴタイプ スプリングS 1着 1着(スプリングS)
2014年 イスラボニータ 共同通信杯 1着 1着(共同通信杯ほか)
2015年 ドゥラメンテ 共同通信杯 2着 2着(共同通信杯)
2016年 ディーマジェスティ 共同通信杯 1着 1着(共同通信杯)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: