今週の注目レース

アンタレスステークス(GIII)

阪神競馬場 1800m(ダート)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

古馬ダート中距離戦線の猛者が激突

2011年まで京都・ダート1800mで争われていたアンタレスSは、2012年に開催時期が繰り上げられて阪神・ダート1800mに変更された。2月にGI のフェブラリーSが行われた4歳以上のダート戦線だが、このレースでは中距離を活躍の舞台とするダート巧者が激突する。歴代の勝ち馬には、夏以降のダート重賞戦線で主役級の活躍を見せた馬も多い。注目の一戦を前に、ここでは京都で行われた2011年以前を含めた過去10年の結果から、レースの傾向を分析する。

近走の着順が重要

過去10年の出走馬について、過去3走で3着以内に入っていた回数別に成績をまとめると、連対馬20頭中17頭は2回以上3着以内に入った実績を持っており、好走率では「3回」・「2回」の2グループが「1回」・「0回」の2グループを大きく上回っている。過去3走で3着以内に入った回数が多い馬ほど、上位争いに加わってくる可能性が高いとみるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕過去3走での3着以内の回数別成績(過去10年)
3着以内の回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 4-5-1-17 14.8% 33.3% 37.0%
2回 5-3-7-34 10.2% 16.3% 30.6%
1回 1-1-2-39 2.3% 4.7% 9.3%
0回 0-1-0-36 0% 2.7% 2.7%

GI・JpnI 以外の直近のダート戦での単勝人気に注目

過去10年の出走馬の、GI・JpnI を除く直近で出走したダートのレースでの単勝人気別に成績を調べると、優勝馬は該当したレースで「1番人気」か「2番人気」に支持されていた馬に限定されており、3着内率では「3番人気」と「4番人気」を境に大きな差がついている。ただし、「1番人気」組は優勝馬9頭と勝利数で圧倒しているものの、2・3着は各1頭ずつとなっているのは気になるところだ。今年の出走馬についても、GI・JpnI を除く直近で出走したダートのレースでの単勝人気に注目するのも面白そうだ。〔表2〕

〔表2〕GI・JpnI を除く直近で出走したダートのレースでの単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率  連対率 3着内率
1番人気 9-1-1-20 29.0% 32.3% 35.5%
2番人気 1-3-3-18 4.0% 16.0% 28.0%
3番人気 0-3-2-10 0% 20.0% 33.3%
4番人気 0-1-0-15 0% 6.3% 6.3%
5番人気 0-0-1-10 0% 0% 9.1%
6〜9番人気 0-2-2-24 0% 7.1% 14.3%
10番人気以下 0-0-1-26 0% 0% 3.7%
ダート未経験 0-0-0-3 0% 0% 0%

直近のダート1900〜2100m戦での着順は要チェック

過去10年の出走馬について、直近で出走したダート1900〜2100mのレースでの着順別に成績を調べると、優勝馬10頭のうち7頭は該当するレースで「1着」となっており、残る3頭は「ダート1900〜2100m未出走」の馬だった。「1着」組については優勝馬が7頭いるのに対し、2・3着がそれぞれ1頭ずつと勝ち切るケースが多いことは頭に入れておきたい。好走率に目を向けると、3着内率では「3着」と「4着」の間に大きな差がついている。直近で出走したダート1900〜2100mのレースで好走していた実績は、高く評価した方がよさそうだ。〔表3〕

(河野道夫)

〔表3〕直近で出走したダート1900〜2100mのレースでの着順別成績(過去10年)
着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 7-1-1-15 29.2% 33.3% 37.5%
2着 0-4-3-13 0% 20.0% 35.0%
3着 0-1-4-13 0% 5.6% 27.8%
4着 0-1-0-12 0% 7.7% 7.7%
5着 0-1-1-12 0% 7.1% 14.3%
6〜9着 0-1-0-18 0% 5.3% 5.3%
10着以下 0-0-0-14 0% 0% 0%
ダート1900〜2100m未出走 3-1-1-29 8.8% 11.8% 14.7%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: