今週の注目レース

ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)

中山競馬場 1600m(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析関連動画

波乱の決着も多い激戦必至のハンデキャップ競走

ダービー卿CTは実績に応じた負担重量が課されるハンデキャップ競走ということもあって、前評判の低い馬が健闘する年も少なくない。上位人気馬が揃って敗れた2008年は、3連単100万1530円の高額配当決着となった。また、2015年のダービー卿CTで重賞初制覇を果たしたモーリスが、その後国内外のGI 競走を6勝するなど、このレースで好走した馬が後のビッグレースにおいて活躍する例もあり、今後の古馬マイル戦線を展望する上でも注目しておきたい一戦だ。今回は阪神・芝1600mで行われた2011年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

5歳以下の馬が優勢

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、年齢が「5歳以下」だった。一方、「6歳以上」の馬は3着内率9.0%と苦戦している。比較的若い馬を重視すべきレースと言えるだろう。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 3-5-2-33 7.0% 18.6% 23.3%
5歳 6-2-5-26 15.4% 20.5% 33.3%
6歳 1-1-2-34 2.6% 5.3% 10.5%
7歳 0-2-0-23 0% 8.0% 8.0%
8歳 0-0-1-10 0% 0% 9.1%
9歳 0-0-0-3 0% 0% 0%
10歳 0-0-0-1 0% 0% 0%
5歳以下 9-7-7-59 11.0% 19.5% 28.0%
6歳以上 1-3-3-71 1.3% 5.1% 9.0%

なお、「6歳以上」の馬のうち、前年以降に「JRAの右回りのGI もしくはGII」において3着以内に入った経験のない馬は優勝例がなく、3着内率も4.5%にとどまっている。前年以降に、今回と同じ右回りのGI・GII で好走していない6歳以上の馬は割り引きが必要だ。〔表2〕

〔表2〕「6歳以上」の馬の、前年以降に「JRAの右回りのGI もしくはGII」において3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 1-2-1-7 9.1% 27.3% 36.4%
なし 0-1-2-64 0% 1.5% 4.5%

前走から中5週以内の馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走との間隔が「中5週以内」だった。一方、「中6週以上」だった馬は3着内率6.1%と苦戦している。臨戦過程を比較する際は、前走との間隔がそれほど空いていない馬を高く評価したい。〔表3〕

〔表3〕前走との間隔別成績(過去10年)
前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中5週以内 9-9-9-84 8.1% 16.2% 24.3%
中6週以上 1-1-1-46 2.0% 4.1% 6.1%

外寄りの枠に入った馬は割り引き

阪神競馬場で行われた2011年を除く過去9回の3着以内馬27頭中21頭は、馬番が「1〜10番」だった。一方、「11〜16番」だった馬は3着内率11.5%と苦戦している。外寄りの枠に入った馬の好走率が低いレースだ。〔表4〕

〔表4〕馬番別成績(阪神競馬場で行われた2011年を除く過去9回)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜10番 7-6-8-69 7.8% 14.4% 23.3%
11〜16番 2-3-1-46 3.8% 9.6% 11.5%

なお、馬番が「11〜16番」だった馬のうち、前走の4コーナーの通過順が「4番手以下」だった馬は3着内率6.1%とさらに苦戦している。ちなみに、3着以内に入ったのは2008年1着のサイレントプライドと同3着のダンスフォーウィンだけで、2009年以降は該当馬が全て4着以下に敗れている。先行力が高くないタイプの馬が外寄りの枠に入った場合は評価を下げるべきだろう。〔表5〕

〔表5〕馬番が「11〜16番」だった馬の、前走の4コーナーの通過順別成績(阪神競馬場で行われた2011年を除く過去9回)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
3番手以内 1-3-0-15 5.3% 21.1% 21.1%
4番手以下 1-0-1-31 3.0% 3.0% 6.1%

近年は前走好走馬が強い

2009年以降の過去8年の3着以内馬24頭中17頭は、前走の着順が「5着以内」だった。該当馬は3着内率30.9%と好走率も高い。それに対し、「6着以下、競走中止」だった馬は3着内率9.5%と苦戦している。2008年以前は前走で大敗を喫していた馬が巻き返すことも少なくなかったが、近年は前走好走馬が優勢だ。〔表6〕

〔表6〕前走の着順別成績(過去8年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 7-6-4-38 12.7% 23.6% 30.9%
6着以下、競走中止 1-2-4-67 1.4% 4.1% 9.5%

なお、前走の着順が「6着以下、競走中止」だった馬のうち、そのレースの条件が「国内外のGI・GII 」以外のレースだった馬は3着内率3.6%とさらに苦戦している。前走でGII より格の低いレースに出走して6着以下に敗れていた馬は、今回も上位争いに食い込む可能性が低いと見るべきだろう。〔表7〕

(伊吹雅也)

〔表7〕前走の着順が「6着以下、競走中止」だった馬の、そのレースの条件別成績(過去8年)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
国内外のGI・GII 0-2-3-13 0% 11.1% 27.8%
その他のレース 1-0-1-54 1.8% 1.8% 3.6%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: