今週の注目レース

マーチステークス(GIII)

中山競馬場 1800m(ダート)ハンデ 4歳以上オープン

2016年 ショウナンアポロン

2016年 ショウナンアポロン

2015年 マイネルクロップ

2015年 マイネルクロップ

2014年 ソロル

2014年 ソロル

※レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

ダート適性馬の目標となる競走を設置し、ダート競走体系を整備するため、1994年に5歳(現4歳)以上・ハンデキャップの重賞競走として本競走が創設された。中山競馬の開催中止に伴い阪神競馬場・ダート1800mで行われた2011年を除き、第1回から中山競馬場・ダート1800mを舞台に行われている。

競走名の『マーチ(March)』とは、本競走の開催時期である3月を英語に訳したもの。ローマ神話における農耕の神マルスが由来となっており、古代ローマの暦では、農耕の始まる3月が1年の始まりであったとされている。

コースの特徴

中山・ダート1800m

ホームストレッチの入り口からスタートして、直線の坂を上る。ゴール板を過ぎてからも2コーナーまで上りが続き、その後向正面半ばまで下っていく。3〜4コーナーはほぼ平坦で、最後の直線は308m。ゴール前には再び坂が待ち受ける。“スタート直後の加速時”と“ゴール前の苦しい場面”で急な坂を上るタフなコース。特に良馬場(乾いた馬場)の場合、前半から負荷がかかるため後半にバテやすく、スタミナと馬力を兼ね備えた馬が好走しやすい。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: