今週の注目レース

阪神大賞典(GII)

阪神競馬場 3000m(芝)別定 4歳以上オープン

2016年 シュヴァルグラン

2016年 シュヴァルグラン

2015年 ゴールドシップ

2015年 ゴールドシップ

2014年 ゴールドシップ

2014年 ゴールドシップ

※レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

本競走は、1953年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ競走として創設された重賞競走で、創設当初は阪神競馬場・芝2000mで行われていた。1956年に負担重量が別定重量に変更され、距離は1957年に2200m、1965年に芝3100mに延長されたのち、1974年に芝3000mに変更され現在に至っている。

創設以来(1957〜1960年を除く)、暮れの阪神開催を彩る名物レースとして親しまれてきたが、1987年より開催時期が春の1回阪神競馬に繰り上げられ、5歳(現4歳)以上の競走に変更されたことで、本競走は天皇賞(春)の前哨戦として位置付けられた。なお、2014年より本競走の1着馬に天皇賞(春)への優先出走権が与えられている。

コースの特徴

阪神・芝3000m(内回り)

向正面からスタートして、内回りコースを1周半するレイアウト。向正面(バックストレッチ)、3コーナー、4コーナー、直線(ホームストレッチ)をそれぞれ2回通ることになる。1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、3コーナー半ばから4コーナー、直線の半ばにかけて緩やかな下りとなる。直線距離は356.5m(Aコース使用時)で、ゴール前には急な上り坂(高低差1.8m)が待ち受ける。3000mを乗り切るスタミナと気性に加えて、同じ3000mでも京都に比べて、直線の坂でも止まらない末脚や馬力が要求される。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: