今週の注目レース

阪神大賞典(GII)

阪神競馬場 3000m(芝)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

サトノダイヤモンド

牡4歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マルペンサ
  • 母の父:Orpen
ここに注目!

昨年の菊花賞を制しているが、あくまで同世代による一戦。母系がスプリンター寄りの血統だけに、今回は生粋のステイヤーが集う芝3000mのレースでどのような走りを見せるのか、注目だ。

昨年末の有馬記念で年上の実力馬たちを下し、世代最強馬から現役最強馬の座に一歩近づいた。陣営が今年の最大目標として明言しているレースが、世界最強馬を決めるフランスの凱旋門賞(G1)。そこへ向かうためにも、国内のレースに専念する上半期のGI で、日本最強馬であることを証明したい。ここまで8戦して6勝、2着1回、3着1回という堅実な成績を誇り、道中で折り合いを欠くようなことがないので、芝3000m以上の長距離でも上手に走れる馬だ。今回は、次走に予定されている天皇賞(春)に向けた前哨戦ゆえに、目一杯の仕上げで挑んでくるわけではなさそうだが、結果はおのずとついてくるはずだ。

シュヴァルグラン

牡5歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ハルーワスウィート
  • 母の父:Machiavellian
ここに注目!

昨年までは調教で動かない馬というイメージがあったが、この中間の追い切りでは過去に例を見ないほどの軽快な走りを見せている。晩成型血統のハーツクライ産駒。5歳の春を迎え、昨年以上のスケールアップを果たす可能性が高い。

昨年春に本レースで重賞初制覇を果たし、続く天皇賞(春)では3着に好走。秋にはアルゼンチン共和国杯を勝利して臨んだジャパンカップで3着と、GI タイトルを狙えるポジションまで出世を果たした1年だったと言えるだろう。前走の有馬記念では勝ったサトノダイヤモンドから0秒5差の6着に敗れたが、この時は外枠(7枠14番)からのスタート。序盤でいいポジションを取ることができなかったのが敗因の一つで、同馬との勝負付けはまだ済んでいない印象だ。今年初戦には昨年と同じ阪神大賞典を選択。折り合いに不安がなく、過去3勝の阪神・芝コースが舞台とあれば、好勝負に持ち込めるはずだ。

ワンアンドオンリー

牡6歳

調教師:橋口慎介(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ヴァーチュ
  • 母の父:タイキシャトル
ここに注目!

芝2400mでの実績は十分だが、母の父がタイキシャトル、祖母の父がDanzigと、母系の血統背景は短距離向き。芝3000mの距離を走るのは2014年の菊花賞(9着)以来約2年5か月ぶりで、距離への対応が鍵になりそうだ。

2014年の日本ダービーを制し、同世代の頂点に立った馬だが、同年秋の神戸新聞杯を最後に勝ち星から見放されている。ただ、近走の内容は決して悲観するようなものではない。特に、前走のアメリカジョッキークラブC(5着)では、前めのポジションを取れず後ろからの競馬になったが、直線はあきらめずに最後まで脚を伸ばしていた。今回は少頭数が予想され、他馬の影響を受けにくく、自分のスタイルで競馬ができれば、前走以上の結果を残す可能性がありそうだ。阪神・芝コースでの成績は〔3・1・0・2〕で、着外の2回は共にGI の宝塚記念。このコースとの相性自体は良いと考えていいだろう。

トーセンバジル

牡5歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ケアレスウィスパー
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

前走のジャパンカップは、勝ち馬と1秒1差の11着に敗退。ただ、勝ち馬から1秒差以上離されたのはこのレースがキャリア初で、それ以前の3度の重賞挑戦では、5着、4着、3着と堅実な走りを見せていた。今回、初経験となる芝3000mの距離に対応できれば、チャンスは十分だ。

1600万下・オクトーバーS(東京・芝2400m)を勝利し、500万下クラスから一気の3連勝でオープンクラス入りを果たすと、前走はジャパンカップに挑戦。さすがに国内最高峰のレースは甘くなく11着と大敗を喫したが、この経験は今後に生きてくるはずだ。血統面に目を向けると、近親にはカンパニー(8歳時にGI 2勝)、トーセンジョーダン(5歳時の天皇賞・秋でGI 初制覇)を筆頭に、活躍馬の名がずらりと並ぶ。この血統の特徴と言えるのが、晩成タイプが多いこと。本馬が本領を発揮するのも、5歳を迎えたこれからなのかもしれない。

タマモベストプレイ

牡7歳

調教師:南井克巳(栗東)

  • 父:フジキセキ
  • 母:ホットプレイ
  • 母の父:ノーザンテースト
ここに注目!

今年で7歳となり、コース適性が明確になってきている。京都・芝コースで4勝をマークしているのに対し、今回の阪神・芝コースでは4戦していずれも4着以下に敗退。その全てが重賞とはいえ、気になる材料ではある。

前走のオープン特別・万葉S(京都・芝3000m)を制し、2014年9月のオープン特別・丹頂S(札幌・芝2600m)以来約2年4か月ぶりの勝利をマーク。レースの上がり3ハロンタイムが37秒6(推定)という上がりのかかる展開が向いた面もあるのだろうが、折り合いに不安がなく、レース運びの上手な本馬の長所が、強敵不在のオープン特別で生きたと言っていいだろう。昨年の本レースでは、勝ったシュヴァルグランに1秒0離されたとはいえ4着でゴールイン。長距離重賞ではスタミナだけでなく決め手も必要になるので、まだ好結果を残せていないが、ここも上位進出の可能性は十分だ。

レーヴミストラル

牡5歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:レーヴドスカー
  • 母の父:Highest Honor
ここに注目!

前走の日経新春杯(10着)時に太め残りだった馬体(プラス16kgの506kg)が絞れているかを、当日のパドックでしっかりとチェックしたい。自慢の瞬発力を生かすには直線の長いコースがベストなので、今回は直線の短い内回りコースを攻略できるかどうかも鍵だろう。

約8か月半ぶりの実戦だった前走の日経新春杯は10着。馬体重の506kgはデビュー以来で最も重く、太めが残っているように見えた。さらに、58kgのトップハンデを背負ってことも敗因に挙げられるのだが、前年に制していたレースで、直線の長い京都・芝の外回りコースという条件も悪くなかっただけに、勝ち馬から1秒6差は負け過ぎの印象も受ける。それゆえに今回は捲土重来を期す重要な一戦となるが、ハードに追われている中間の調整過程から状態面の上積みが見込めるだけに、前走以上の走りを見せてもおかしくない。ここまでGII 2勝の実績を軽く扱うことはできないだろう。

スピリッツミノル

牡5歳

調教師:本田優(栗東)

  • 父:ディープスカイ
  • 母:バアゼルクローバー
  • 母の父:ラムタラ
ここに注目!

ジリっぽいところがある馬で、GI 級との対戦になる今回、切れ負けしないかどうかが心配だ。稍重と重馬場で計4勝をマークしており、力の要る馬場コンディションになれば、チャンスも出てくるだろう。

4走前の1600万下・比叡S(京都・芝2200m)を好位追走から抜け出す競馬で勝利し、オープンクラス入りを決めた。3走前のオープン特別・ディセンバーS(中山・芝2000m)は、勝ったツクバアズマオー(次走で今年の中山金杯を優勝)と0秒4差の8着。前々走のオープン特別・万葉S(京都・芝3000m)では勝ち馬のタマモベストプレイから0秒3差の3着と、長距離への対応力を示した。前走の小倉大賞典(8着)は距離が短かったことに加え、ハイペースの展開に馬が戸惑った印象があり、敗因は明確。芝の長丁場となる今回は先行できそうで、4走前の再現があってもおかしくない。

トウシンモンステラ

牡7歳

調教師:村山明(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ピンクパピヨン
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

オープンクラスでは好結果が出ていないが、前走のダイヤモンドSで4着に入り、豊富なスタミナを示した。今回、スタートからスムーズに流れに乗れれば、上位進出の可能性もありそうだ。

2014年10月のディープインパクトC(京都・芝2400m)を勝ってオープンクラス入りを果たしたが、その後はオープンクラスで6度の重賞挑戦を含む13戦を消化して3着以内に入ったことがなく、2016年1月のオープン特別・万葉S(京都・芝3000m)と前走のダイヤモンドS4着が最高着順になっている。父がキングカメハメハで、母はサンデーサイレンス産駒。叔母にはベッラレイア(2007年のオークス2着馬)がいる良血馬。前走は53kgの軽ハンデが生きた感もあるが、まずまずの走りを見せており、今回、強敵相手にどこまで走れるかが焦点になる。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: