今週の注目レース

フィリーズレビュー(GII)

阪神競馬場 1400m(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

2016年 ソルヴェイグ

2016年 ソルヴェイグ

2015年 クイーンズリング

2015年 クイーンズリング

2014年 ベルカント

2014年 ベルカント

※レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

1967年に4歳(現3歳)牝馬限定・定量・芝1400mの重賞競走として創設された『阪神4歳牝馬特別(報知杯桜花賞トライアル)』が本競走の前身。その後、レース名が2回変更されたのち、2001年に馬齢表記の国際基準への変更に伴い、現在のレース名『報知杯フィリーズレビュー(桜花賞トライアル)』に改称された。なお、2003年に負担重量が馬齢重量に変更された。桜花賞トライアルとして1990年まで1〜5着馬に桜花賞の優先出走権が与えられていたが、1991年より1〜3着馬に変更された。

コースの特徴

阪神・芝1400m(内回り)

2コーナーの引き込み線からスタートして、3コーナーまでは約450m。3コーナー半ばから4コーナー、直線の半ば(残り190m付近)にかけて緩やかに下り、ゴール前に急な上りがある。直線距離は356.5m(Aコース使用時)。阪神・芝1200m(内回り)と同様に前半が速くなりやすい構造だが、直線の坂で負荷もかかることによってタフさも要求される。スプリントやマイルとは距離が異なり、コース形態も独特なので、阪神・芝1400mのスペシャリストが繰り返し好走する傾向も見られる。

(亀谷敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: