今週の注目レース

フィリーズレビュー(GII)

阪神競馬場 1400m(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

レーヌミノル

牝3歳

調教師:本田優(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ダイワエンジェル
  • 母の父:タイキシャトル
ここに注目!

後続を6馬身差突き放した昨年の小倉2歳S(1着)でのレース内容を踏まえれば、短距離がベストの印象を受ける。現3歳世代の牝馬ではトップクラスの実力馬。前走のクイーンC(4着)から200m距離が短縮される今回は、負けられない一戦になりそうだ。

デビュー2戦目の小倉2歳Sを、1分08秒0の優秀な走破時計で完勝。3走前の京王杯2歳Sは2着に敗れたものの、優勝馬がモンドキャンノ(次走の朝日杯フューチュリティSで2着)なら評価は下がらず、前々走の阪神ジュベナイルフィリーズでは、正攻法のレース運びから3着に入った。今年初戦となった前走のクイーンCは、好スタートから先手を奪い、息を入れながら逃げる展開。最後は上位3頭の決め手に屈して4着も、残り100m付近まで懸命に粘っていた。芝1400mへ距離が短縮される今回は持ち味のスピードをフルに生かせそうで、前走を1度使われた上積みも見込めるだけに、上位争い必至だ。

ジューヌエコール

牝3歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:クロフネ
  • 母:ルミナスポイント
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前々走のデイリー杯2歳S(1着)では、直線が平坦の京都・芝コースに加え、ペースが緩かったこともあって芝1600mをこなしたが、母系の血統背景は短距離志向が強い。今回、芝1400mへの距離短縮は歓迎材料だろう。

3走前のオープン特別・ききょうS(阪神・芝1400m)は、スタートで後手を踏んだものの直線で豪快に突き抜けて勝利。前々走のデイリー杯2歳Sは、好位のインで脚をためると直線で力強く抜け出し、無傷の3連勝で重賞制覇を果たした。前走の阪神ジュベナイルフィリーズ(11着)は、直線の入り口でバランスを崩すシーンがあっただけに参考外の結果。騎乗したM.バルザローナ騎手は「スピードが勝ったタイプで、距離は1200〜1400mぐらいの方がいいのかもしれない」と、本馬の距離適性に言及していた。ここまでの実績から能力の高さは証明済みで、非凡なレースセンスもセールスポイント。今回は仕切り直しの一戦になる。

カラクレナイ

牝3歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ローエングリン
  • 母:バーニングレッド
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

祖母のレッドチリペッパーは、現役時代に強烈な末脚を武器にして重賞2勝を挙げた馬。本馬も祖母をほうふつとさせる瞬発力が武器で、先行馬の末脚が鈍るハイペースになれば、まとめて差し切るシーンがありそうだ。

1番人気に支持された前走の500万下・万両賞(阪神・芝1400m)は、レースの前半600m通過タイム34秒4という緩みのない流れ。展開が向いた面はあったとはいえ、残り100m付近で先頭を捕らえると、ゴール前では鞍上が手綱を緩めて着差以上に強い勝ちっぷりを披露した。良馬場でマークした1分22秒1の走破時計は、馬場状態の差はあるものの、翌日の古馬オープン特別・タンザナイトS(稍重)と同タイムという優秀なもの。騎乗した川田将雅騎手は「まだ幼い面が残っていますが、ラストはいい脚を使ってくれました。これからもっと良くなりそうです」と将来性の高さを評価していた。今回、重賞でも能力は引けを取らないはずだ。

アズールムーン

牝3歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:Malibu Moon
  • 母:ターシャズスター
  • 母の父:Spanish Steps
ここに注目!

今回は、前走の兵庫ジュニアグランプリ(JpnII、園田・ダート1400m、5着)から約3か月半の休み明け。500kgを超える大型馬で仕上がりが鍵になるが、2月中旬から時計を出し始め、ひと追いごとに動きが良くなっており、力を出せる状態で臨めそうだ。

前々走の500万下・りんどう賞(京都・芝1400m)は、約2か月半の休み明けで、馬体重(514kg)がプラス14kgとひと回り大きくなっていた。レースでは、逃げて前半600m通過タイム37秒0のスローペースに持ち込み、ラスト2ハロンを11秒3-11秒4のラップでまとめて優勝。騎乗した石橋脩騎手は「ハナを切っていても道中でためが利いていました。休養前はまだ惰性で走っている感じだったので、今日のレースには成長を感じました」と、心身共に上昇していることは明らかだ。ダートに挑んだ前走は5着だったが、今回は、実績のある芝に戻して巻き返しを図る。

タガノカトレア

牝3歳

調教師:岡田稲男(栗東)

  • 父:エンパイアメーカー
  • 母:タガノチャーリーズ
  • 母の父:Saint Ballado
ここに注目!

父はアメリカのダートG1 を3勝した馬で、母系もダートでの活躍馬を多く輩出している。本馬もダートでデビュー2連勝を飾っており、今回は芝への適性が鍵になるが、まだ能力の底を見せていない印象で、その走りが注目される。

前々走のメイクデビュー阪神(ダート1400m)は、スタートで後手を踏み後方待機策となったが、4コーナー10番手から直線で豪快に突き抜けて勝利を飾った。前走の500万下(京都・ダート1400m)では、スタートを決めるとメンバー中最速タイとなる上がり3ハロン36秒7(推定)の末脚で楽に抜け出して、無傷の2連勝をマーク。騎乗した菱田裕二騎手は「昇級初戦でしたが、本当に強いレースを見せてくれました」と、能力の高さに太鼓判を押していた。ダート向きの血統背景ではあるが、母自身は現役時代に芝とダートで共に2勝を挙げた兼用タイプ。芝をこなす下地が全くないわけではない。

ゴールドケープ

牝3歳

調教師:荒川義之(栗東)

  • 父:ワークフォース
  • 母:ジュエルオブナイル
  • 母の父:デュランダル
ここに注目!

デビュー4戦目で先行策に切り替えてから成績がアップし、前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは6着に健闘。2009年の小倉2歳S優勝馬の母から豊かなスピードを受け継いでおり、ここもすんなりと先行できれば粘り込みが可能だろう。

昨年10月の未勝利(新潟・芝1600m)では、2番手追走から直線で抜け出し、デビュー4戦目で初勝利をマーク。重賞挑戦となった3走前のファンタジーSでは、先行策から懸命に粘って5着に健闘した。前々走の500万下・白菊賞(京都・芝1600m)は、重馬場のタフな馬場コンディションで、レースの前半800m通過タイムが47秒8という厳しい流れだったが、好位追走から力強く押し切って2馬身差の快勝。前走の阪神ジュベナイルフィリーズは6着に敗れたものの、一線級のメンバーがそろっていたことを踏まえれば悲観する内容ではなく、一戦ごとに力をつけていることは確かだろう。今回、200mの距離短縮で粘りが増せば、好結果が期待できる。

ベルカプリ

牝3歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ボランス
  • 母の父:Montjeu
ここに注目!

今回がデビュー9戦目と、この時期の3歳牝馬としては豊富なキャリアを誇る。スピードが削がれる馬場コンディション(重)だった前々走を除けば、掲示板(5着以内)を外していない安定感も魅力だ。今回、これまで培ってきた経験を生かして上位進出を狙う。

デビュー5戦目の未勝利(京都・芝1600m)で、1分33秒7の好タイムをマークして初勝利。続くデイリー杯2歳Sでは見せ場十分の5着に健闘した。前々走の500万下・白菊賞(京都・芝1600m)は、重馬場の馬場コンディションが合わなかったのか離された7着に敗れたが、3か月弱の休養で立て直された前走の500万下(京都・芝1400m)では、好スタートを決めて先手を奪うと、前半600m通過タイム36秒2のスローペースに持ち込み、ゴール寸前では並びかけてきた2着馬をしのぎ切る勝負根性も見せて2勝目を挙げた。卓越したスピードと先行力が持ち味で、休み明けを1度使われた上積みも見込める今回、重賞でも軽視は禁物だ。

クインズサリナ

牝3歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:ダノンシャンティ
  • 母:ケイアイギャラリー
  • 母の父:ウォーニング
ここに注目!

母系の血統はスプリント色が強く、本馬も芝1200mでデビュー2連勝をマーク。しかし、前々走のファンタジーSでは持ち味のスピードを末脚に転化して4着に入り、距離への融通性を見せた。ここも侮れない存在だ。

デビュー2戦目のオープン特別・フェニックス賞(小倉・芝1200m)を、ハイペースの中2番手追走から力強く抜け出して快勝。続く小倉2歳Sと3走前のオープン特別・もみじS(京都・芝1400m)は共に6着だったが、前々走のファンタジーSでは、後方で脚を温存し、メンバー中最速タイとなる上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚で4着に健闘した。前走の阪神ジュベナイルフィリーズは15着と大敗。騎乗したV.シュミノー騎手は「折り合いはついていたのですが、4コーナー入り口で手応えがなくなりました。距離が長かったようです」と敗因を述べていた。200mの距離短縮になる今回は、あらためて注目したい。

(京増 正臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: