今週の注目レース

中山牝馬ステークス(GIII)

中山競馬場 1800m(芝)ハンデ (牝) 4歳以上オープン

データ分析関連動画

伏兵に要注意のハンデ戦

阪神競馬場で行われた2011年を除く過去10回の中山牝馬Sにおいて、3着以内に入った単勝2桁人気の馬は7頭を数え、3着以内が単勝5番人気以内の馬によって占められたのは、2015年の1回だけとなっている。春が近づいてきて、気温の上昇とともに調子も上がってくるタイプの馬が上位争いに加わるケースも多いだけに、そういった馬に警戒するとともに、過去の傾向も頭に入れておきたいところだ。今回は、阪神競馬場で行われた2011年を除く2006年以降の過去10回の結果から、好走馬に共通する傾向を探っていきたい。

5歳馬と6歳馬が中心

2011年を除く過去10回を対象に年齢別の成績を集計してみると、好成績を残しているのは5歳馬と6歳馬。4歳馬は56頭が出走したものの、優勝したのは2015年のバウンスシャッセのみ。また、2番人気以内に支持された4歳馬は12頭いたが、3着以内に入ったのは2006年2着のディアデラノビアと2016年2着のルージュバックだけになっている。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(2011年を除く過去10回)

年齢別成績(2011年を除く過去10回)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 1-4-0-51 1.8% 8.9% 8.9%
5歳 5-3-5-38 9.8% 15.7% 25.5%
6歳 3-4-2-29 7.9% 18.4% 23.7%
7歳以上 1-0-2-10 7.7% 7.7% 23.1%
  • 備考:2014年は2着同着

負担重量別の成績に特徴あり

中山牝馬Sはハンデキャップ競走だが、2011年を除く過去10回の負担重量別成績を調べてみると、ハンデ「52kg以下」で3着以内に入ったのは延べ33頭中2頭だけと、軽ハンデ馬は苦戦気味だ。好走馬が多いのは、「53kg」・「54kg」・「56kg以上」となっているが、「55〜55.5kg」からは優勝馬が出ていないという点は気になるところだ。〔表2〕

〔表2〕負担重量別成績(2011年を除く過去10回)

負担重量別成績(2011年を除く過去10回)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
50kg以下 0-0-0-8 0% 0% 0%
51〜52kg 0-2-0-23 0% 8.0% 8.0%
53kg 3-2-4-38 6.4% 10.6% 19.1%
54kg 3-4-1-22 10.0% 23.3% 26.7%
55〜55.5kg 0-2-1-23 0% 7.7% 11.5%
56kg以上 4-1-3-14 18.2% 22.7% 36.4%
  • 備考:2014年は2着同着

単勝オッズ別の成績にも要注目

2011年を除く過去10回の単勝オッズ別成績を調べてみると、「4.9倍以下」の馬は14頭が該当したもののわずか2勝のみと苦戦気味。それに対して、「5.0〜9.9倍」と「10.0〜19.9倍」のエリアが健闘しているほか、「20倍以上」の馬も8頭が3着以内に入っている。「50倍以上」の馬で上位に食い込んだのは、昨年の3着馬メイショウスザンナ(単勝120.0倍)だけと、極端に評価の低い馬は苦戦傾向を示しているが、伏兵馬の台頭には注意しておきたい一戦と言えるだろう。〔表3〕

〔表3〕単勝オッズ別成績(2011年を除く過去10回)

単勝オッズ別成績(2011年を除く過去10回)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
4.9倍以下 2-1-1-10 14.3% 21.4% 28.6%
5.0〜9.9倍 4-5-2-21 12.5% 28.1% 34.4%
10.0〜19.9倍 3-2-2-25 9.4% 15.6% 21.9%
20.0〜29.9倍 0-1-2-26 0% 3.4% 10.3%
30.0〜49.9倍 1-2-1-15 5.3% 15.8% 21.1%
50倍以上 0-0-1-31 0% 0% 3.1%
  • 備考:2014年は2着同着

近走の単勝人気に要注意

2007年以降の中山牝馬Sのうち、阪神競馬場で行われた2011年を除く過去9回全てで「3走前までに単勝10、11番人気になったことがあった」という馬が連対している。該当馬の中には、中山牝馬Sで下位人気だった馬も多いだけに、今年も近走の単勝人気をチェックしておくことをお勧めしたい。〔表4〕

※表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕3走前までに単勝10、11番人気だったことがある中山牝馬S連対馬一覧(2011年を除く過去10回)

3走前までに単勝10、11番人気だったことがある中山牝馬S連対馬一覧(2011年を除く過去10回)
年度 着順 馬名 該当レース
2007年 1着 マイネサマンサ 3走前 スワンS 11番人気
2008年 2着 マイネカンナ 2走前 愛知杯 10番人気
2009年 1着 キストゥヘヴン 前走 東京新聞杯 11番人気
2010年 1着 ニシノブルームーン 2走前 エリザベス女王杯 10番人気
2012年 1着 レディアルバローザ 2走前 エリザベス女王杯 11番人気
2013年 1着 マイネイサベル 前走 エリザベス女王杯 10番人気
2着 スマートシルエット 前走 東京新聞杯 10番人気
2014年 2着 ケイアイエレガント 前走 節分S 10番人気
2015年 2着 アイスフォーリス 前走 中山金杯 11番人気
2016年 1着 シュンドルボン 2走前 エリザベス女王杯 11番人気
  • 備考:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前2走のローテーションに要注目

中山牝馬Sでは、「前2走が愛知杯と、京都競馬場で行われたGI またはGII」だった馬が3連勝中となっている。ちなみに昨年は、このデータの該当馬が2頭だけ(優勝馬シュンドルボンと16着馬クインズミラーグロ)だった。〔表5〕

(浅野靖典)

〔表5〕過去3年の優勝馬の前2走

過去3年の優勝馬の前2走
年度 優勝馬 2走前 前走
2014年 フーラブライド 愛知杯(中京) 日経新春杯(京都)
2015年 バウンスシャッセ 秋華賞(京都) 愛知杯(中京)
2016年 シュンドルボン エリザベス女王杯(京都) 愛知杯(中京)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: