今週の注目レース

金鯱賞(GII)

中京競馬場 2000m(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

大阪杯に向けての一戦に衣替え

金鯱賞は2011年まで宝塚記念の前哨戦として行われ、2012年に暮れの開催に移設されて有馬記念の前哨戦に位置付けられたが、今年からGI に昇格した大阪杯の前哨戦として、3月に行われることとなった。春の古馬中距離戦線のリニューアルによって、今年の出走馬がどういったラインナップになるのか要注目だ。今回は移設初年度ということもあり、別定重量のGII として行われる金鯱賞とは格付けと負担重量の決定方法は違うが、この時期にハンデ戦のGIII として同コース(中京・芝2000m)で行われていた2006〜2010年の中京記念(小倉競馬場で行われた2011年は除く)、および2012〜2016年の中日新聞杯の計10レースの結果を参考にして、好走馬の共通点などをチェックしていきたい。

年齢別の成績をチェック

2006〜2010年の中京記念(小倉競馬場で行われた2011年は除く)、および2012〜2016年の中日新聞杯を対象に年齢別の成績を調べてみると、全体的にあまり差のない成績となっており、7歳以上の馬も上々の成績を残している。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(2006〜2010年の中京記念、および2012〜2016年の中日新聞杯)

年齢別成績(2006〜2010年の中京記念、および2012〜2016年の中日新聞杯)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 2-3-3-30 5.3% 13.2% 21.1%
5歳 3-1-3-35 7.1% 9.5% 16.7%
6歳 2-3-2-29 5.6% 13.9% 19.4%
7歳 2-3-0-31 5.6% 13.9% 13.9%
8歳以上 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%

前走の条件別成績も確認

2006〜2010年の中京記念(小倉競馬場で行われた2011年は除く)、および2012〜2016年の中日新聞杯を対象に、前走の条件別成績を調べてみると、該当馬が6頭と少ない前走「GI」組を除くと、前走がGII だった馬の成績が上位となっている。金鯱賞が大阪杯の前哨戦という位置付けで行われるだけに、出走馬の臨戦過程が対象としたレースと変わってくる可能性はあるが、参考にしてみたいデータだ。〔表2〕

〔表2〕前走の条件別成績(2006〜2010年の中京記念、および2012〜2016年の中日新聞杯)

前走の条件別成績(2006〜2010年の中京記念、および2012〜2016年の中日新聞杯)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
GI 0-1-1-4 0% 16.7% 33.3%
GII 5-3-3-34 11.1% 17.8% 24.4%
GIII 2-5-4-62 2.7% 9.6% 15.1%
オープン特別 1-1-2-26 3.3% 6.7% 13.3%
1600万下 2-0-0-16 11.1% 11.1% 11.1%

中京・芝2000mの馬番別成績は?

2012年にリニューアルされた中京競馬場。その2012年から2017年1月までに中京・芝2000mで行われた新馬・未勝利を除く全レースの馬番別成績を調べてみると、全体的に内寄りの馬番の方が良好な成績になっている。ただし、その中でも「1〜2番」はやや劣勢となっている点は、覚えておいた方がいいかもしれない。〔表3〕

〔表3〕馬番別成績(2012年から2017年1月までに中京・芝2000mで行われた新馬・未勝利を除く全レース)

馬番別成績(2012年から2017年1月までに中京・芝2000mで行われた新馬・未勝利を除く全レース)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1、2番 11-12-16-183 5.0% 10.4% 17.6%
3、4番 22-20-16-163 10.0% 19.0% 26.2%
5、6番 15-17-12-178 6.8% 14.4% 19.8%
7、8番 13-19-23-167 5.9% 14.4% 24.8%
9、10番 21-15-18-161 9.8% 16.7% 25.1%
11、12番 12-13-7-155 6.4% 13.4% 17.1%
13、14番 13-8-9-111 9.2% 14.9% 21.3%
15、16番 2-5-6-91 1.9% 6.7% 12.5%
17、18番 2-2-5-68 2.6% 5.2% 11.7%

好走馬の近走成績に特徴が

中京競馬場がリニューアルオープンした2012年以降の中日新聞杯を対象に、連対馬の共通点を探してみると、「3走前までに重賞で4着または5着に入っていた」という馬が毎年「1頭だけ」連対していることがわかった。このようなデータがあることを頭に入れておく手はあるだろう。〔表4〕

(浅野靖典)

〔表4〕3走前までに重賞で4着または5着に入っていた連対馬一覧(2012〜2016年の中日新聞杯)

3走前までに重賞で4着または5着に入っていた連対馬一覧(2012〜2016年の中日新聞杯)
年度 着順 馬名 該当レース
2012年 2着 ダンツホウテイ 前走 小倉大賞典 4着
2013年 1着 サトノアポロ 前走 アメリカJCC 4着
2014年 2着 ラキシス 前走 京都記念 4着
2015年 1着 ディサイファ 前走 アメリカJCC 5着
2016年 1着 サトノノブレス 3走前 アルゼンチン共和国杯 4着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: