今週の注目レース

弥生賞(GII)

中山競馬場 2000m(芝)馬齢 3歳オープン

出走馬情報

カデナ

牡3歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:フレンチリヴィエラ
  • 母の父:French Deputy
ここに注目!

前々走の500万下・百日草特別(東京・芝2000m)は直線でなかなか前が開かず2着に敗れたが、前走の京都2歳Sでは力強い末脚を発揮して重賞初制覇を決めた。今回、皐月賞と同じ舞台で好結果を出したいところだ。

「前々走の500万下・百日草特別は最後の直線でなかなか進路が開かず、脚を余しての2着でしたが、前走の京都2歳Sはスムーズなレースができ、強い内容で勝利を飾ってくれました。その後は予定通りに放牧へ出して英気を養い、1月下旬に帰厩しました。調教の動きがひと追いごとに良化していますから、上々の仕上がりで出走できそうです。中山・芝コースは初めてですが、関東圏への輸送自体はすでに経験しているので、不安はありません。本番の皐月賞と同じ舞台で中身の濃いレースを期待しています」と、厩舎スタッフは本馬の素質を高く評価している。重賞連勝へ視界は明るい。

コマノインパルス

牡3歳

調教師:菊川正達(美浦)

  • 父:バゴ
  • 母:コマノアクラ
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

前走の京成杯を豪快な末脚で優勝。レースを使われるごとにパワーアップを果たしている印象だ。すでに中山・芝2000mを2度経験して、共に好走している点は強調材料。息の長い末脚を武器に、重賞連勝を目指す。

「前走の京成杯(1着)の時は、馬体重こそ僅かに減っていましたが、トモの形が良くなって馬体が充実していました。2着馬はクビ差でしたが、それ以上に強い内容だったと思います。この中間は疲れを取るためにひと息入れましたが、弥生賞を目標に乗り込みをスタートしました。調教の動きがスムーズで、ここも好調を維持したまま出走できそうです。相手はさらに強化されますが、本番の皐月賞が楽しみになるような競馬を期待しています」と、厩舎スタッフの表情は明るい。実戦を重ねながら磨きをかけた末脚で、重賞連勝を目指す。

ダンビュライト

牡3歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:タンザナイト
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前々走の朝日杯フューチュリティSこそ大敗(13着)したが、3走前のサウジアラビアロイヤルCが2着、前走のきさらぎ賞が3着と、重賞制覇が視野に入っている。過去4戦で良から不良まで全ての馬場状態を経験し、力を要すコンディションへの不安がない点にも注目だ。

「前々走の朝日杯フューチュリティSが案外の結果(13着)でしたので、前走のきさらぎ賞の時は中間の調教を強化し、馬具も工夫して臨みました。結果は3着でしたが、持続力のある末脚を発揮して上位争いを演じてくれたので、収穫は大きかったと思います。その後は、この弥生賞を目標に栗東の坂路で乗り込みを進めています。動きは上々で、好調をキープしたまま出走できるでしょう。ここまで厳しいレースを重ねてきた経験を生かして、重賞のタイトルを獲得してほしいです」と、厩舎サイドは本馬の成長に確かな手応えを感じ取っている。すでに重賞で2度好走している馬。ここは有力なV候補だろう。

グローブシアター

牡3歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:シーザリオ
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

半兄エピファネイア(父シンボリクリスエス)はGI 2勝馬、全兄リオンディーズもGI ホースという良血馬。本馬もデビュー2戦目の前走・ホープフルSで3着と才能の片りんを見せており、ここは重賞Vの期待が高まる。

「前走のホープフルS(3着)は道中で少し気を抜く場面がありましたが、最後の直線ではバテずに末脚を伸ばしてきたので、今後につながる内容を残せたと思います。その後は放牧へ出して成長を促し、2月上旬から栗東の坂路を中心に乗り込みを進めています。ここまでは順調にきていますし、血統面からも将来が楽しみな馬ですから、前哨戦で好結果を出してクラシック本番を迎えたいです」と、厩舎サイドは本馬のケアに懸命だ。デビュー2戦目のGII で3着と、高い能力を示している良血馬。皐月賞に出走するためには、ここで優先出走権(3着以内)を獲得したいところだ。

ダイワキャグニー

牡3歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:トリプレックス
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走の500万下・セントポーリア賞(東京・芝1800m)を勝って2戦2勝。また、前走で2着に退けたエトルディーニュが次走の共同通信杯で2着に好走したことからも、本馬の能力の高さがうかがえる。

「前々走のメイクデビュー東京(芝1800、1着)の時にイレ込みがきつかったので、その後は間隔を空けて前走の500万下・セントポーリア賞に臨みました。前走もテンションは高めでしたが、実戦では影響がなく、強い内容で勝ち上がってくれたのでホッとしています。まだキャリア2戦で、今回はメンバーも強化されますが、この馬も能力の底を見せていないので、重賞でどんなレースができるかとても楽しみです」と、陣営の期待は高まっている。好位からスッと抜け出した前走のレースぶりから、初の中山・芝コースへの不安はなさそう。抜群のセンスと卓越した瞬発力を生かして、無傷のまま重賞制覇に挑む。

マイスタイル

牡3歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ファーストナイナー
  • 母の父:フォーティナイナー
ここに注目!

重賞初挑戦だった前々走のシンザン記念は5着も、前走の500万下・こぶし賞(京都・芝1600m)を快勝。成長曲線が遅めのハーツクライ産駒だが、この馬は現時点での完成度が高く、レースセンスも光るものがある。

「デビューした当時と比較して走るフォームが大きくなっており、着実に成長を遂げています。ハーツクライ産駒だけに本格化は先かと思っていましたが、これなら春のクラシックでも活躍が可能でしょう。前走の500万下・こぶし賞が稍重馬場での勝利で、パワーを要求されるコンディションになっても問題はありません。2度目の重賞挑戦になる今回はメンバーが強くなりますが、不安よりも楽しみの方が大きいです」と、厩舎スタッフは本馬の完成度に自信を深めている様子だ。素早く好位を取り、直線で力強い末脚を使う競馬はセンス十分。初の重賞タイトル奪取を果たしても不思議はない。

ベストアプローチ

牡3歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:New Approach
  • 母:Sant Elena
  • 母の父:Efisio
ここに注目!

デビュー2戦目の京都2歳Sで3着に好走したように、豊かな才能を感じさせる一頭。前走の500万下・セントポーリア賞(東京・芝1800m)は6着だったが、ゴール前の伸び脚は目を引いた。今回、上位進出の可能性は十分だ。

「前走の500万下・セントポーリア賞はトップスピードへ乗るまでに時間を要しましたが、ゴール前は目を引く伸び脚を見せてくれました。着順は6着でも、3着馬とは同タイムでゴールインしていますから、次につながる競馬だったと思います。重賞でも通用する能力があることは3走前の京都2歳S(3着)で証明していますし、長距離輸送も前走で経験できました。引き続き調教の動きは申し分ないので、ここで収得賞金を加算したいです」と、陣営の期待は大きい。この中間は古馬との併せ馬で絶好の動きを披露している。うまく流れに乗って末脚を生かすことができれば、差のない競馬ができそうだ。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: