今週の注目レース

クイーンカップ(GIII)

東京競馬場 1600m(芝)別定 (牝) 3歳オープン

データ分析関連動画

近年はGI に直結する3歳牝馬限定重賞

昨年の優勝馬メジャーエンブレムは桜花賞こそ1番人気で4着に敗れたが、次走のNHKマイルCを完勝。一昨年の2着馬ミッキークイーンは、その後オークスと秋華賞を制した。一昔前は、クイーンCの上位馬が3歳GI 戦線で活躍するケースはあまり多くなかったが、近年は様相が変わってきた感がある。となれば今年も注目が必要。その一戦の傾向を、過去10年の結果からチェックしてみることにしよう。

上位人気馬が優勢

過去10年のクイーンCでは、単勝1倍台に支持された馬が勝率50.0%、それに続く「2.0〜4.9倍」のエリアが連対率57.1%、3着内率85.7%と上位人気に支持された馬が高い好走率をマークしている。また、過去10年の優勝馬はすべて14.9倍以下(最も高いオッズだったのは2009年のディアジーナの13.4倍)で、3着馬11頭(2013年は3着同着)のうち6頭が「15.0〜49.9倍」だったという点は覚えておいてもいいかもしれない。〔表1〕

〔表1〕単勝オッズ別成績(過去10年)

単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.9倍以下 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
2.0〜4.9倍 5-3-4-2 35.7% 57.1% 85.7%
5.0〜9.9倍 2-3-1-11 11.8% 29.4% 35.3%
10.0〜14.9倍 1-1-0-13 6.7% 13.3% 13.3%
15.0〜19.9倍 0-1-3-5 0% 11.1% 44.4%
20.0〜49.9倍 0-1-3-32 0% 2.8% 11.1%
50倍以上 0-1-0-62 0% 1.6% 1.6%
  • 備考:2013年は3着同着

枠番別の成績に偏りあり

過去10年の出走馬の合計は158頭で、フルゲートとなる16頭立てで行われたことが8回ある(2014年は1頭が競走除外となったため15頭立て)。その成績を枠番別に分類してみると、3枠から4頭、5枠から3頭の優勝馬が出ているのが特徴的だ。さらに、それを馬番別に見てみると、3枠の4勝は全て6番によるもので、5枠の3勝は全て9番によるものとなっている。それに対し、その間の4枠は全て4着以下に敗れており、3着以内に入ったのは2000年のジェミードレス(3着)が最後、連対したのは1994年のエイシンバーモント(2着)が最後で、1着になると1974年(当時は中山競馬場で開催)のレスターホース(4枠6番)までさかのぼらなければならない。〔表2〕

〔表2〕枠番別成績(過去10年)

枠番別成績(過去10年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 0-2-1-16 0% 10.5% 15.8%
2枠 0-1-3-16 0% 5.0% 20.0%
3枠 4-1-1-13 21.1% 26.3% 31.6%
4枠 0-0-0-20 0% 0% 0%
5枠 3-2-2-13 15.0% 25.0% 35.0%
6枠 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
7枠 1-2-3-14 5.0% 15.0% 30.0%
8枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%
  • 備考:2013年は3着同着

前走のレース別成績もチェック

過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、好成績を挙げているのは前走が「GI・GII」だった馬で、「GIII(グレード表記の無い「重賞」を含む)」から臨んだ馬も上々の成績となっている。それに対し、中山競馬場以外の「オープン特別」・「500万下特別」から臨んだ馬や、「平場の500万下」・「新馬」・「未勝利」から臨んだ馬は苦戦気味だ。〔表3〕

※表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕前走のレース別成績(過去10年)

前走のレース別成績(過去10年)
前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
GI・GII 3-4-4-13 12.5% 29.2% 45.8%
GIII 3-1-3-21 10.7% 14.3% 25.0%
中山のオープン特別 1-1-1-8 9.1% 18.2% 27.3%
中山以外のオープン特別 0-0-0-8 0% 0% 0%
中山の500万下特別 2-2-1-16 9.5% 19.0% 23.8%
中山以外の500万下特別 1-0-0-10 9.1% 9.1% 9.1%
平場の500万下 0-0-0-13 0% 0% 0%
新馬 0-1-2-7 0% 10.0% 30.0%
未勝利 0-1-0-24 0% 4.0% 4.0%
地方競馬のレース 0-0-0-7 0% 0% 0%
  • 備考:2013年は3着同着
  • 備考:GIII にはグレード表記のない「重賞」を含む

下位人気で好走した経験のある馬に要注目

過去10年のクイーンCでは、「4走前までに、単勝7番人気以下で連対していた」という馬が2007年と2012年を除いた年で連対している。つまり、下位人気で好走した経験をフロックとみなすのは危険ということなのかもしれない。今年もそのような経験を持っている馬が出走してきたら、マークしておく手はありそうだ。〔表4〕

(浅野靖典)

※表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕4走前までに単勝7番人気以下で連対していたクイーンC連対馬一覧(過去10年)

4走前までに単勝7番人気以下で連対していたクイーンC連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2008年 1着 リトルアマポーラ 2走前 500万下 9番人気 1着
2009年 1着 ディアジーナ 2走前 ひいらぎ賞 8番人気 2着
2010年 2着 プリンセスメモリー 4走前 新馬 11番人気 1着
2011年 2着 マイネイサベル 3走前 新潟2歳S 9番人気 1着
2013年 1着 ウキヨノカゼ 2走前 新馬 10番人気 1着
2014年 2着 マジックタイム 4走前 新馬 13番人気 2着
2015年 1着 キャットコイン 前走 ひいらぎ賞 8番人気 1着
2016年 2着 フロンテアクイーン 前走 菜の花賞 7番人気 2着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: