今週の注目レース

フェアリーステークス(GIII)

中山競馬場 1600m(芝・外)別定 (牝) 3歳オープン

データ分析関連動画

下位人気馬の食い込みが多い3歳牝馬限定重賞

かつては暮れの中山開催で芝1200mの条件で行われていたが、2009年から1月の中山開催に繰り上げられ、距離が芝1600mに延長された。それ以降の8年のうち7年で10番人気以下の馬が3着以内に好走し、最近は5年連続で2着以内に入っている。その流れから、今年も伏兵馬の台頭に注意を払うべきだろう。前評判を覆して好走したのはどのような馬だったのか、現在の条件で行われた過去8年の結果から傾向をチェックしておこう。

単勝人気別の分布を確認

過去8年の出走馬の単勝人気別成績を調べると、「1番人気」馬は3勝を挙げているものの、3着内率は50.0%とやや物足りない数値になっている。全体的に見て上位人気馬の信頼度がいまひとつである反面、「10、11番人気」の馬がかなりの好成績を示している点が特徴的だ。しかしながら、「12番人気以下」で好走したのは、2012年2着のマイネエポナ(14番人気・87.8倍)だけとなっている。〔表1〕

〔表1〕
単勝人気別成績(過去8年)

単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-0-1-4 37.5% 37.5% 50.0%
2番人気 0-1-2-5 0% 12.5% 37.5%
3番人気 2-0-1-5 25.0% 25.0% 37.5%
4、5番人気 0-2-2-12 0% 12.5% 25.0%
6〜9番人気 0-2-1-29 0% 6.3% 9.4%
10、11番人気 3-2-1-10 18.8% 31.3% 37.5%
12番人気以下 0-1-0-39 0% 2.5% 2.5%

前走の条件にも注目

過去8年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、フェアリーSでもっとも好結果を残しているのは、前走が「阪神JF」だった馬。500万下の「赤松賞」から臨んだ馬も2勝を挙げており、この2レースは好相性のローテーションと考えていいだろう。

さらに、前走の距離別成績を調べてみると、前記した2レースを含む「1600m」のレースから臨んだ馬が7勝をマーク。それに対し、前走が1400m以下だった距離延長組は苦戦傾向を示している。〔表2〕〔表3〕

〔表2〕
前走のレース別成績(過去8年)

前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
阪神JF 3-0-1-9 23.1% 23.1% 30.8%
その他の重賞、オープン特別 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
赤松賞 2-0-1-8 18.2% 18.2% 27.3%
その他の500万下特別 0-3-2-30 0% 8.6% 14.3%
平場の500万下 0-0-1-6 0% 0% 14.3%
新馬 2-3-0-17 9.1% 22.7% 22.7%
未勝利 1-2-2-21 3.8% 11.5% 19.2%

〔表3〕
前走の距離別成績(過去8年)

前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m 0-0-1-10 0% 0% 9.1%
1400m 0-1-1-24 0% 3.8% 7.7%
1600m 7-4-4-54 10.1% 15.9% 21.7%
1800m 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
2000m 0-2-2-6 0% 20.0% 40.0%

当日の馬体重にも要注目

過去8年のフェアリーSでは、当日の馬体重が「440〜458kg」だった馬が7勝を挙げる活躍ぶり。それより少し重い「460〜478kg」だった馬は32頭が出走して、2着以内に入ったのが1頭だけ(2011年2着スピードリッパー=460kg)と、対照的な成績になっている。この辺りも注目に値するデータと言えるだろう。〔表4〕

〔表4〕
当日の馬体重別成績(過去8年)

馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
400〜418kg 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
420〜438kg 0-2-3-21 0% 7.7% 19.2%
440〜458kg 7-3-1-31 16.7% 23.8% 26.2%
460〜478kg 0-1-3-28 0% 3.1% 12.5%
480kg以上 1-2-0-16 5.3% 15.8% 15.8%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

東京・芝1600mからの臨戦馬が4連勝中

過去4年のフェアリーSでは、「前走が東京競馬場の芝1600m」だったという馬が4連勝中。競馬場は違っても、直近でマイルのレースに出走していたことがアドバンテージになっているのかもしれない。〔表5〕

(浅野靖典)

〔表5〕
過去4年の優勝馬の前走のレース

年度 優勝馬 前走のレース
13年 クラウンロゼ 新馬(東京・芝1600m) 1着
14年 オメガハートロック 新馬(東京・芝1600m) 1着
15年 ノットフォーマル 赤松賞(東京・芝1600m) 8着
16年 ビービーバーレル 赤松賞(東京・芝1600m) 3着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: