今週の注目レース

カペラステークス(GIII)

中山競馬場 1200m(ダート)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

上位人気馬がことごとく敗れている波乱続きのダート重賞

2008年に創設され、今年で9回目の開催となるカペラSだが、過去8回の単勝1番人気馬はいずれも2着以下に敗れており、3着以内に入ったのは2009年のダイワディライト(2着)だけで、残る7頭は全て4着以下だった。また、単勝2番人気で連対を果たしたのも2011年の優勝馬ケイアイガーベラのみ。2番人気馬に限れば、同馬と2013年3着のシルクフォーチュンを除く6頭は全て2桁着順に敗れている。上位人気馬の苦戦が続いている波乱含みの一戦を読み解くべく、今回は過去8年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

年明け以降の実績に注目

過去8年の3着以内馬24頭中、JRA所属の22頭は、いずれも“同年にJRAの4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われたオープンクラス・ダートのレース”で5着以内に入った経験があった。オープンクラスでの実績がない馬や、ローカル場(札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉)を主戦場としてきた馬は割り引きが必要だ。なお、地方所属馬のうち、2008年3着のフジノウェーブは同年の東京盃(大井・ダート1200m)で1着、2014年2着のサトノタイガーは同年のJBCスプリント(盛岡・ダート1200m)で2着に入るなど、それぞれ同年のダートグレード競走で連対経験があった。〔表1〕

〔表1〕
JRA所属馬の、“同年にJRAの4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われたオープンクラス・ダートのレース”で5着以内に入った経験の有無別成績(過去8年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 8-7-7-54 10.5% 19.7% 28.9%
なし 0-0-0-41 0% 0% 0%

1400mのレースに実績のある馬が優勢

JRA所属馬に限定すると、過去8年の3着以内馬22頭中18頭は、前走の距離が「1300m以上」だった。一方、前走が「1200m以下」だった馬は3着内率7.0%と苦戦している。臨戦過程を比較する際は、今回よりも長い距離のレースを経由してきた馬に注目してみたい。〔表2〕

〔表2〕
JRA所属馬の、前走の距離別成績(過去8年)

前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m以下 0-2-2-53 0% 3.5% 7.0%
1300m以上 8-5-5-42 13.3% 21.7% 30.0%

また、同じくJRA所属馬に限定すると、過去8年の3着以内馬22頭中18頭は、“同年にJRAの1600万下から上のクラスのダート1400mのレース”で5着以内に入った経験のある馬だった。該当馬は3着内率32.7%と好走率も優秀だ。ダート1200mのレースだけではなく、今回より1ハロン長いダート1400mのレースにも実績がある馬を重視すべきだろう。〔表3〕

〔表3〕
JRA所属馬の、“同年にJRAの1600万下から上のクラスのダート1400mのレース”で5着以内に入った経験の有無別成績(過去8年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 8-4-6-37 14.5% 21.8% 32.7%
なし 0-3-1-58 0% 4.8% 6.5%

前走から中5週以内の馬が中心

過去8年の3着以内馬24頭中22頭は、前走との間隔が「中5週以内」だった。一方、「中6週以上」だった馬は3着内率4.8%と苦戦している。前走との間隔に余裕がある馬は評価を下げた方がよさそうだ。〔表4〕

〔表4〕
前走との間隔別成績(過去8年)

前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中5週以内 7-7-8-61 8.4% 16.9% 26.5%
中6週以上 1-1-0-40 2.4% 4.8% 4.8%

3歳と7歳以上の馬は不振

過去8年の連対馬16頭は、いずれも「4〜6歳」の馬だった。「7歳以上」の高齢馬や、「3歳」馬は過信禁物と見た方がいいかもしれない。〔表5〕

〔表5〕
年齢別成績(過去8年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-0-0-6 0% 0% 0%
4歳 3-1-2-19 12.0% 16.0% 24.0%
5歳 3-4-2-24 9.1% 21.2% 27.3%
6歳 2-3-2-25 6.3% 15.6% 21.9%
7歳 0-0-1-19 0% 0% 5.0%
8歳 0-0-0-4 0% 0% 0%
9歳 0-0-1-3 0% 0% 25.0%
10歳 0-0-0-1 0% 0% 0%
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の単勝人気もポイント

過去8年の優勝馬8頭は、いずれも前走の単勝人気が7番人気以内だった。また、この8頭は“同年にJRAの4大場で行われたオープンクラス・ダートのレース”で5着以内に入った経験があった点、前走の距離が1400m以上だった点、“同年の1600万下から上のクラスのダート1400mのレース”で連対経験があった点、年齢が「4〜6歳」だった点も共通している。勝ち馬を検討する際には、〔表1〕〜〔表3〕や〔表5〕で挙げた傾向を重視したいところだ。〔表6〕

(伊吹雅也)

〔表6〕
優勝馬の「前走の単勝人気」「“同年にJRAの4大場で行われたオープンクラス・ダートのレース”での最高着順」「前走の距離」「“同年の1600万下から上のクラスのダート1400mのレース”での最高着順」「年齢」(過去8年)

年度 優勝馬 前走の単勝人気 “同年にJRAの4大場で行われた
オープンクラス・ダートのレース”での最高着順
前走の距離 “同年の1600万下から上のクラスの
ダート1400mのレース”での最高着順
年齢
08年 ビクトリーテツニー 3番人気 4着
(オアシスS)
1400m 1着
(渡月橋S)
4歳
09年 ミリオンディスク 5番人気 1着
(栗東S)
1400m 2着
(霜月Sほか)
5歳
10年 セイクリムズン 3番人気 1着
(霜月Sほか)
1400m 1着
(霜月Sほか)
4歳
11年 ケイアイガーベラ 1番人気 2着
(エニフS)
1400m 2着
(エニフS)
5歳
12年 シルクフォーチュン 7番人気 1着
(根岸S)
1600m 1着
(根岸S)
6歳
13年 ノーザンリバー 4番人気 1着
(京都オータムリーフP)
1400m 1着
(京都オータムリーフP)
5歳
14年 ダノンレジェンド 3番人気 5着
(オータムリーフS)
1400m 1着
(テレビ静岡賞)
4歳
15年 キクノストーム 2番人気 1着
(大和S)
1400m 1着
(大和S)
6歳

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: