今週の注目レース

サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)

東京競馬場 1600m(芝)馬齢 2歳オープン

出走馬情報

クライムメジャー

牡2歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:クライウィズジョイ
  • 母の父:トニービン
ここに注目!

デビュー前の栗東坂路で4ハロン50秒2の好時計をマークし、能力の高さをアピールしていた馬。半兄にこれまで重賞4勝のサトノノブレス(父ディープインパクト)がいる血統背景から成長力も兼ね備えていそうで、先々まで目が離せない存在だ。

1番人気に支持された前走のメイクデビュー中京(芝1600m)は、スタートを決めて好位の外めを追走。最後の直線ではフラつきながらも残り200m付近で先頭に立ち、力強く押し切って初勝利をマークした。騎乗したM.デムーロ騎手は「ずっと遊んでいたくらいで、道中の手応えは楽でした。賢く、センスのある馬で、強いレースだったね」と、初戦のレースぶりを高く評価していた。また、2着に退けたアドマイヤミヤビが次走の未勝利戦を快勝したことからも、本馬の能力の高さを推し量ることができるだろう。ダイワメジャー産駒らしい筋骨隆々の造りで、見栄えのする好馬体。ペース次第では大幅な時計短縮の競馬にも対応できそうで、今回、どのようなパフォーマンスを見せるのか、注目の一戦だ。

ダンビュライト

牡2歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:タンザナイト
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

父は今年期待の新種牡馬ルーラーシップ。母は現役時代に3勝を挙げ、本馬の近親にはアロンダイトやマリアライトなどの活躍馬が名を連ねている。血統的にも将来性豊かな素質馬と言えるだろう。

前走のメイクデビュー中京(芝1600m)は、不良馬場の中、好位の内めを手応え十分に追走。直線に入って持ったまま先頭に並びかけ、残り200mあたりから満を持して追い出されると、後続を5馬身差突き放す圧勝劇を演じた。騎乗した松若風馬騎手は「前半はいい位置で流れに乗れました。直線でフワフワするところがありましたし、馬場を気にしてのめっていましたが、追い出してからはしっかり伸びてくれました。ためればもっと脚を使えるタイプだと思います」と、非凡なポテンシャルとセンスの良さを評価している。躍動感あふれるフットワークから、良馬場でより能力を発揮できる印象を受け、速い時計の決着にも対応可能だろう。今回は3か月ぶりの実戦となるが、本レースを目標に定め、順調に乗り込みを消化。重賞初制覇に向けて、出走態勢は整った。

ブレスジャーニー

牡2歳

調教師:本間忍(美浦)

  • 父:バトルプラン
  • 母:エルフィンパーク
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

前々走のメイクデビュー東京(芝1400m、3着)では、レースの上がりを1秒5も上回る上がり3ハロン32秒9(推定)の瞬発力を披露した。今回は約3か月半の休み明けで、仕上がり具合がポイントになりそうだ。

前々走のメイクデビュー東京は、メンバー中最速となる上がり3ハロン32秒9(推定)の末脚で勝ち馬から0秒3差の3着に追い込み、能力の片りんをアピール。前走の未勝利(東京・芝1600m)では、道中は中団馬群のインで折り合いに専念し、4コーナーで徐々に外へ持ち出されると、直線は軽く促す程度で鮮やかに抜け出して、ロジムーン(2着)に2馬身1/2差で完勝した。母系は曽祖母のダイナカールにさかのぼり、エアグルーヴを筆頭に数々の一流馬を輩出する名門ファミリーの出身で、血統的な裏付けは十分。また、キャリアの浅い2歳馬同士の一戦だけに、本レースと同じ舞台で勝利を挙げている点は強みと言える。非凡な瞬発力を武器に、あっさり差し切っても不思議ではない。

ロジムーン

牡2歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ゼンノロブロイ
  • 母:ムーンライトダンス
  • 母の父:Sinndar
ここに注目!

母はアイルランドの重賞ウイナーで、その半兄Grey Swallow(父 Daylami)は2004年の愛ダービーを含むG1・2勝馬。血統のスケールが大きく、本馬も大舞台での活躍が期待される。

3走前のメイクデビュー東京は、勝ち馬とのコース取りの差が出てクビ差惜敗の2着。続く未勝利(共に東京・芝1600m)では、3コーナー手前で進路が狭くなり、ポジションを下げざるを得なかった分、勝ち馬ブレスジャーニーに後れを取って2着に敗れた。約2か月半の休養を挟んだ前走の未勝利(新潟・芝1600m)は、中団で脚をためると、直線はメンバー中最速となる上がり3ハロン33秒8(推定)の末脚で楽に抜け出して後続に3馬身差の快勝。鞍上の戸崎圭太騎手は「1週前追い切りに乗った時に馬が良くなっていると感じました」と、本馬の成長ぶりに目を細めていた。まだ能力の底は見せておらず、このメンバーに入っても遜色のない素質を秘めていることは確かだ。

ウィンドライジズ

牡2歳

調教師:牧光二(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:タッソーニー
  • 母の父:テンビー
ここに注目!

レースを使われながらパフォーマンスを上げ、前走の未勝利(札幌・芝1500m)で初勝利をマーク。ここまで連対を外していないように相手なりに走れるタイプで、初の重賞挑戦となる今回も、差のない競馬が期待できるだろう。

3走前のメイクデビュー函館は、2番手から抜け出しを図ったものの、勝ち馬の決め手に屈して2着に敗れ、前々走の未勝利(共に函館・芝1200m)では、勝ち馬に逃げ切りを許しハナ差の2着に惜敗。前走の未勝利は、スローペースの流れを2番手で折り合い、直線入り口で先頭に躍り出ると、危なげなく押し切って待望の初勝利を挙げた。前走で騎乗した横山和生騎手は「普段はもっとカリカリしているのですが、今日は落ち着いていました。距離延長にも対応してくれましたし、まだ奥がありそうです」と、素質の高さを認めている。テンションの上がりやすいタイプで、これまでの3戦が滞在競馬だっただけに、今回、東京競馬場への輸送が鍵になるが、レースセンスの良さを生かせば、上位進出も可能だろう。

バリンジャー

牡2歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:バイユーストーム
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

前走の函館2歳S(6着)は、函館までの長距離輸送を経ており、調整面での難しさがあった点は否めない。今回は2か月半の休み明けとなるが、ゲート練習を含め仕上げに抜かりはなく、あらためて注目したい。

1番人気に支持された前々走のメイクデビュー福島(芝1200m)は、4コーナーで馬と馬の間の狭いスペースを割る勝負根性を見せて、最後は後続を2馬身1/2差引き離し快勝した。前走の函館2歳Sは6着に敗れたが、騎乗した浜中俊騎手が「隣の馬がゲートで暴れていたので、それに反応して後ろにモタれました」とコメントした通り、スタートで後手を踏んだことが敗因と言えるだろう。ただ、メンバー中最速となる上がり3ハロン35秒0(推定)の末脚で、2歳コースレコード決着(1分09秒2)の0秒7差まで追い上げたように、能力の一端は示している。半兄に2011年のJpnIII・佐賀記念(佐賀・ダート2000m)を制したメテオロロジスト(父Golden Missile)がいる血統背景から、芝1600mへの距離延長はプラス材料となりそう。広い東京・芝コースでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待は大きい。

セイウングロリアス

牡2歳

調教師:武市康男(美浦)

  • 父:リーチザクラウン
  • 母:コスモビートアウト
  • 母の父:サッカーボーイ
ここに注目!

父は2009年の日本ダービー2着など、随所で潜在能力の高さを見せた個性派。今年デビューの初年度産駒は、本馬を含めすでにJRAで5頭が勝利している。父譲りの仕上がりの早さとスピードを生かして、上位進出を目指したい。

3走前のメイクデビュー福島(芝1800m)は、勝ち馬から離された3着に敗れたが、4コーナーで馬群に包まれ、直線では他馬に寄られるシーンがあっただけに、度外視できる一戦と言える。前々走の未勝利(新潟・芝1600m)では、前半800m通過タイム49秒2のスローペースで逃げ込みを図るパフォーム(2着)を、好位追走からゴール前でキッチリ捕らえて優勝。前走の500万下・アスター賞(中山・芝1600m)は9着に敗れたが、騎乗した内田博幸騎手が「イレ込んでいたし、レースでもあれだけ掛かると厳しくなるね。気がいい馬ではあるが、今日はそれが悪い方に出ました」とコメントした通り、敗因ははっきりしている。今回も当日の落ち着きはポイントになるが、前々走のパフォーマンスを発揮できれば、見劣りしないはずだ。

シャイニードライヴ

牡2歳

調教師:尾形充弘(美浦)

  • 父:カジノドライヴ
  • 母:ブライティアナイル
  • 母の父:アドマイヤベガ
ここに注目!

父は3歳時の2008年にアメリカのG2・ピーターパンSを圧勝。日本調教馬によるアメリカダート重賞初勝利の快挙を達成した。産駒からJRAの重賞勝ち馬はまだ出ておらず、今回、本馬がその第1号となるかに注目だ。

前々走のメイクデビュー新潟(芝1600m)は、12番人気と評価は高くなかったが、スタートから終始気合をつけられて先手を取ると、鞍上の木幡巧也騎手が「直線で仕掛けた時の反応がすごく良かったです」とのコメント通り、ラスト2ハロン目に10秒7のラップで加速して後続を突き放し、最後は2着馬にハナ差まで詰め寄られたものの、見事に押し切って初陣勝ちを飾った。前走の500万下・アスター賞(中山・芝1600m)は、前々走とは勝手の違う馬群の中でもまれる競馬となり、最後の直線で伸び脚を欠いて10着に敗退。ただ、勝ち馬から0秒7差と着順ほど内容は悪くなく、次につながる経験はできた印象だ。まだキャリアが浅く、成長の余地を残しており、前走の敗戦だけで見限るのは早計だろう。

(京増真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: