今週の注目レース

阪神大賞典(GII)

阪神競馬場 3000m(芝)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

シュヴァルグラン

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ハルーワスウィート
  • 母の父:Machiavellian
ここに注目!

2週前、1週前と2週連続追い切りで先着を許したが、併せた相手(サラトガスピリット・古馬1000万下)が調教でよく走る馬なので、割り引く必要はないだろう。本馬自身の動きは良好で、馬体にも張りがある。

昨年秋に条件クラスを3連勝してオープンクラス入り。その勢いに乗って重賞初制覇を目指した前走の日経新春杯だったが、結果は勝ったレーヴミストラルから0秒3差の2着に敗退した。勝ち馬には最後の直線での瞬発力勝負で遅れを取った印象だが、本馬が今後の目標とする天皇賞(春)、またその前哨戦にあたる本レースは、瞬発力よりも持久力を要求されるレースになりやすい。前走よりメンバーが強化された印象はあるものの、スタミナが豊富で折り合いも自在な本馬の適性からすれば、今回の方がよりチャンスは大きいと考えられる。新星誕生の瞬間を見届けたい。

タンタアレグリア

牡4歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ゼンノロブロイ
  • 母:タンタスエルテ
  • 母の父:Stuka
ここに注目!

前々走の菊花賞(4着)は京都までの長距離輸送だったが、馬体重はプラス6kg(478kg)での出走だった。輸送による疲れの少ないタイプなら、前走のダイヤモンドS(4着)からの上積みを見込んでいいだろう。今回が試金石の一戦となりそうだ。

前走のダイヤモンドSは着順こそ4着だったが、勝ったトゥインクルからは1秒7も離された。雨の影響で力の要る馬場(稍重)が向かなかったというのもあるのだろうが、1番人気に支持されていたことを思えば、そのレースぶりに物足りなさが残ったのも事実。もともと使って良くなるタイプの馬で、休み明けを1度使われた今回が真価を問われる一戦となるだろう。関西まで遠征してくるのは、陣営が3000m以上の長距離への適性を評価しているからで、実際に前々走の菊花賞(4着)では、3走前のセントライト記念(6着)から着順を上げている。今回好走できれば、目標とする天皇賞(春)に向けて、視界は大きく開けそうだ。

トーホウジャッカル

牡5歳

調教師:谷潔(栗東)

  • 父:スペシャルウィーク
  • 母:トーホウガイア
  • 母の父:Unbridled’s Song
ここに注目!

一昨年の菊花賞を勝つまでの本馬は、追い切りの動きでも他馬を圧倒するほどだった。条件クラスの馬と併せて見劣りした1週前追い切りの動きは、当時と比べて物足りない印象で、レースまでにどこまで上向いてくるかが鍵となる。当日の気配は要チェックだ。

今回の出走馬の中で唯一のGI 優勝馬。一昨年の菊花賞を3分01秒0のJRAレコードで勝利したが、その時の2着馬サウンズオブアース、3着馬ゴールドアクターが昨年の有馬記念でワンツーフィニッシュしており、ハイレベルなレースだったと言えるだろう。その激戦の影響もあってか、昨年は2つのレースに出走(宝塚記念4着、札幌記念8着)したのみ。札幌記念後に脚部不安を発症し、秋シーズンは休養を余儀なくされた。順調にレースを使えるかどうかが最大のポイントであり、約7か月ぶりの実戦になる今回も、相手関係というより自分自身との戦いになるだろう。能力を発揮できれば、好勝負が可能なはずだ。

アドマイヤデウス

牡5歳

調教師:橋田満(栗東)

  • 父:アドマイヤドン
  • 母:ロイヤルカード
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

GI を3戦した昨秋は結果こそひと息だったが、気配そのものは決して悪くなかった。この中間も動きが目立っており、毛づやも良い。重馬場だった前走の京都記念で3着に好走してはいるが、本来は良馬場が理想だろう。

昨春は、日経新春杯、日経賞とGII を連勝。勇躍臨んだ天皇賞(春)では3番人気の支持を受けたが、15着と大敗を喫した。レースでは、大外枠(17頭立ての8枠17番)からのスタートで前に壁を作ることができず、道中は馬群の外側を掛かり気味に追走する形となり、直線で失速した。芝3200mの距離も長かったのかもしれないが、得意とする馬群の中で脚をためる形に持ち込めなかった影響も大きかったはずだ。2枠2番からのスタートだった前走の京都記念では、道中は内めで折り合いをつけて、直線しぶとく脚を伸ばし3着に好走した。今回も、道中で脚を温存できるかどうかが鍵となるだろう。

カレンミロティック

せん8歳

調教師:平田修(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:スターミー
  • 母の父:A.P. Indy
ここに注目!

中間の調教では目立つ動きを見せていないが、乗り込み量が足りていれば問題ないタイプ。久々でも能力を発揮できそうだ。跳びの大きい走りをする馬で、ごちゃつく形の競馬は苦手なので、少頭数は歓迎だろう。

昨秋の京都大賞典で勝ったラブリーデイから0秒3差の3着に好走したが、その後は天皇賞(秋)13着、ジャパンカップ15着と結果を残せなかった。ただ、東京・芝コースでは、この2戦を含めて〔0・0・0・3〕の成績で、このコースを苦手にしている可能性もありそうだ。2013年の金鯱賞で重賞初制覇を達成以降は勝利こそないが、2014年の宝塚記念で2着、昨年の天皇賞(春)で3着と、GI でも好勝負を演じている実力馬。昨年の本レースでは4着に敗れているが、距離やコースに苦手意識はないはずで、今回、スムーズな競馬ができれば巻き返しがありそうだ。久々に勝利の美酒を味わいたいところだろう。

アドマイヤフライト

牡7歳

調教師:橋田満(栗東)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:アドマイヤキセキ
  • 母の父:トニービン
ここに注目!

中長距離レースのパドックでは、一般的に落ち着いている方が良いと言われているが、本馬は少しうるさいくらいの方が力を発揮できるタイプ。7歳を迎えたが、馬体は変わらず良く見せている。

4歳時の2013年に条件クラスを3連勝した頃の勢いこそ感じられなくなったものの、間隔を詰めて走ることが多くないこともあり、7歳にしてキャリアはまだ25戦。年齢による衰えは感じられない。前々走の日経新春杯は8着に敗れたが、もともと速い上がりのレースは苦手なタイプで、勝ったレーヴミストラルの上がり3ハロンが33秒1(推定)という瞬発力勝負に対応できなかったのだろう。前走のオープン特別・白富士S(東京・芝2000m)では、勝ち馬から0秒3差の4着とまずまずの内容だった。これまで芝3000m以上の距離ではひと息の成績だが、道中のペースや展開次第ではクリアできるだろう。阪神・芝コースでは2勝をマークしており、コース相性は良好だ。

カムフィー

牡7歳

調教師:池上昌和(美浦)

  • 父:ダンスインザダーク
  • 母:ナイトクルーズ
  • 母の父:ノーザンテースト
ここに注目!

キャリア34戦のベテランホースだが、阪神への遠征は今回が初となる。昨年10月の京都遠征(1600万下・オルフェーヴルメモリアル、3着)時は、馬体重がマイナス14kg(454kg)での出走。今回、長距離輸送で馬体重がこの時以上に減るのは避けたいところだ。

1600万下クラスからの格上挑戦だった前々走のステイヤーズSで2着に好走したが、2016年の初戦となった前走のダイヤモンドSでは、勝ったトゥインクルから5秒2も離された11着に大敗。ただ、雨の影響で力を要する馬場(稍重)が本馬に向かなかった印象で、度外視していいだろう。2015年のダイヤモンドSでも3着に好走しており、芝3000m以上の距離では〔0・1・1・1〕の成績をマーク。近年では珍しい“ステイヤー”と言えるだけの馬だ。父は菊花賞馬で、産駒からもザッツザプレンティ、デルタブルース、スリーロールスと3頭の菊花賞馬を輩出している。こうした名馬の系譜に本馬も名を連ねることができるのか、注目だ。

マイネルメダリスト

牡8歳

調教師:田中清隆(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ツクバノーブル
  • 母の父:アサティス
ここに注目!

他馬が雨の影響で力を要する馬場(稍重)に苦しむ状況でも5着を確保した前走のダイヤモンドSの内容から、成績以上に渋った馬場が上手なタイプと考えられる。今回、天気が崩れて馬場が渋るようなら、好走確率は上がりそうだ。

一昨年の目黒記念を優勝しており、今回のメンバーの中でも実績的には引けを取らない存在だが、その後の11戦で二桁着順が8回と、不振が続いている。ただ、3走前のステイヤーズSが4着で、前走のダイヤモンドSが5着。共に着差こそ離されているものの、一時期と比べれば復調気配にあると見てよさそうだ。今年で8歳を迎えたキャリア47戦のベテランホースで、今後の大きな成長を見込むのは難しいだろうが、阪神・芝コースは〔0・1・2・1〕と得意にしている舞台。馬場状態や展開次第で上位進出の余地はあるだろう。

(松浪大樹)

ご注意

当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: