今週の注目レース

アーリントンカップ(GIII)

阪神競馬場 1600m(芝・外)別定 3歳オープン

データ分析関連動画

多数の活躍馬を送り出している注目重賞

2002年の日本ダービー馬タニノギムレットを筆頭に、のちにGI を制する数々の活躍馬が飛躍へのステップにしているアーリントンC。昨年は9番人気のヤングマンパワーが勝ち、2着と3着にも5番人気以下の馬が食い込む波乱の決着となったが、今年もこの先の重賞戦線に向けて注目すべき一戦であることに変わりはない。その一戦の傾向を、過去10年のデータをもとにチェックしていくことにしよう。

伏兵馬にも要注意

過去10年の単勝オッズ別成績を調べると、「2.9倍以下」の支持を受けた馬が連対率62.5%をマークするなど上々の成績を残している。また、「5.0〜9.9倍」、「10.0〜19.9倍」のエリアから好走馬が多く出ている点にも注目できるだろう。それに対し、「3.0〜4.9倍」の成績がいまひとつとなっているのは気になるところだ。〔表1〕

〔表1〕
単勝オッズ別成績(過去10年)

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 3-2-0-3 37.5% 62.5% 62.5%
3.0〜4.9倍 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
5.0〜9.9倍 2-3-5-14 8.3% 20.8% 41.7%
10.0〜19.9倍 3-1-2-13 15.8% 21.1% 31.6%
20.0〜29.9倍 0-0-1-10 0% 0% 9.1%
30.0〜49.9倍 1-1-2-15 5.3% 10.5% 21.1%
50倍以上 0-2-0-37 0% 5.1% 5.1%

前走のレース別の成績は?

当レースは多方面から出走馬が集まる一戦だが、過去10年の前走のレース別成績を調べると、重賞から臨んできた馬が好相性となっている。ただし、前走が「東京・中山のGIII」だった馬は3着以内に入っていない。その他では、「オープン特別」組は3勝と上々の成績。「500万下」から臨んだ馬に関しては、「特別レース」と「平場のレース」の間に大きな差はない。〔表2〕

〔表2〕
前走のレース別成績(過去10年)

前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
GI、GII 1-2-1-10 7.1% 21.4% 28.6%
京都・阪神のGIII 2-4-4-13 8.7% 26.1% 43.5%
東京・中山のGIII 0-0-0-5 0% 0% 0%
オープン特別 3-1-0-15 15.8% 21.1% 21.1%
500万下(特別) 2-1-2-18 8.7% 13.0% 21.7%
500万下(平場) 2-2-2-21 7.4% 14.8% 22.2%
新馬、未勝利 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
地方競馬のレース 0-0-0-5 0% 0% 0%

前走の距離もチェック

過去10年の前走の距離別成績を調べてみると、3着以内馬30頭中26頭は前走で「1400m」か「1600m」のレースに出走していた。それに対し、「1800m以上」のレースに出走していた距離短縮組が成績的にいまひとつとなっている。また、前走が「1200m」だった馬も2着馬が1頭いるものの、苦戦傾向となっている。〔表3〕

〔表3〕
前走の距離別成績(過去10年)

前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
1400m 5-1-2-26 14.7% 17.6% 23.5%
1600m 4-8-6-41 6.8% 20.3% 30.5%
1800m以上 1-0-2-27 3.3% 3.3% 10.0%

誕生月別の成績に特徴が?

過去10年のアーリントンC出走馬を誕生月別に分けて成績をまとめてみると、優勝馬はすべて「3月」生まれか「4月」生まれだった。「1、2月」や「5月以降」に生まれた馬からは優勝馬が出ておらず、率の上でも苦戦気味となっている。〔表4〕

〔表4〕
誕生月別成績(過去10年)

誕生月 成績 勝率 連対率 3着内率
1、2月 0-4-2-27 0% 12.1% 18.2%
3月 5-3-4-33 11.1% 17.8% 26.7%
4月 5-2-3-27 13.5% 18.9% 27.0%
5月以降 0-1-1-13 0% 6.7% 13.3%

スピードタイプに要注目

過去10年のアーリントンCでは、「過去に芝のレースで逃げ切り勝ちを収めたことがある馬」が2011年と2012年を除いて連対している。ちなみに、2011年はこれに該当するテイエムオオタカが3着に入り、2012年は出走馬の中に該当する馬がいなかった。今年も出走各馬の成績をチェックして、逃げ切り勝ちの実績がある馬に注目してみるのも面白いかもしれない。〔表5〕

(浅野靖典)

〔表5〕
過去に芝のレースで逃げ切り勝ちを収めたことがあったアーリントンC連対馬一覧(過去10年)

年度 着順 馬名 逃げ切り勝ちを収めたレース
06年 1着 ステキシンスケクン 3走前 新馬 芝1200m
07年 2着 ローレルゲレイロ 6走前 新馬 芝1000m
08年 1着 ダンツキッスイ 6走前 新馬 芝1600m
09年 2着 マイネルエルフ 4走前 未勝利 芝1800m
10年 1着 コスモセンサー 5走前 新馬 芝1600m
13年 1着 コパノリチャード 前走 白梅賞 芝1600m
14年 1着 ミッキーアイル 前走 シンザン記念 芝1600m
15年 2着 アルマワイオリ 5走前 新馬 芝1500m
該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載

ご注意

当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: