JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 競馬ギャラリー
開催お知らせ出馬表払戻金レース結果特別レース登録馬レーシングカレンダー馬場情報今週の注目レース
日本と世界の名手たちの競演!「第23回 ワールドスーパージョッキーズシリーズ」
レース選択へ戻る
データ分析ルール騎乗馬一覧・結果出場騎手過去の成績


出場騎手 海外招待騎手 文:合田直弘

ライアン・ムーア(イギリス)

1983年9月18日、父ゲイリー・ムーアが調教師で、弟ジェイミー・ムーアは障害の騎手という、競馬一家に生まれる。障害騎手としてプロデビューし、2000年5月18日にトウセスター競馬場で父が管理するマーシービートに乗って、初騎乗・初勝利の離れ業を演じた。平地競馬では、2002年1月にリングフィールドのオールウェザーで、マーウェルズクリスに騎乗して挙げたのが初勝利。翌2003年には平地で39勝を挙げて、見習い騎手チャンピオンの座に輝いた。2004年には早くも年間勝ち星が100勝を突破してトップジョッキーの仲間入りを果たし、ノットナウケイトに騎乗してインターナショナルSを制しG1 初勝利を飾った2006年に、182勝を挙げて初の全英リーディングの座を獲得した。マイケル・スタウト厩舎の主戦となった2008年に2度目のリーディングを奪取。コンデュイットによるキングジョージなど世界各国で7つのG1 を制した今季も、3度目のリーディングを確定的にしている。


ご注意:当コーナーの情報は、制作段階の情報に基づき制作されております。出走回避などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。