海外競馬発売

ベルモントステークス(G1)

ベルモントパーク競馬場 2400メートル(ダート)3歳

発売開始時刻
日本時間6月8日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間6月9日(日曜)午前7時37分

2019年ベルモントステークスブックメーカーオッズ

6月7日(金曜)時点での情報を基に作成

ユーエスレーシングはアメリカのブックメーカー。ラドブロークス、コーラルの2社は、イギリス政府が公認する正規のブックメーカーです。JRAのオッズとは異なりますので、参考としてご覧ください。

表は横にスクロールすることができます。

ブックメーカーオッズ(単勝オッズ)
馬名(生産国) ユーエスレーシング ラドブロークス コーラル
タシトゥスTACITUS (USA) 2.8 2.6 2.7
ウォーオブウィルWAR OF WILL (USA) 3.0 3.0 3.0
マスターフェンサーMASTER FENCER (JPN) 9.0 13 15
イントレピッドハートINTREPID HEART (USA) 11 13 13
エバーファストEVERFAST (USA) 13 13 11
サーウィンストンSIR WINSTON (USA) 13 13 13
バーボンウォーBOURBON WAR (USA) 13 17 17
スピンオフSPINOFF (USA) 16 15 13
タックスTAX (USA) 16 26 21
ジョービアJOEVIA (USA) 31 41 41
  • 注記:勝馬投票券の購入は、JRAインターネット投票をご利用ください。UMACA投票(競馬場、ウインズ)でのご購入は、発売レース一覧をご覧ください。
  • 注記:各社のオッズ及び出走予定馬は、6月7日(金曜)時点でのものです

外枠の2頭が人気のまま。マスターフェンサーも高評価

大外ゲート番「10」からの発走となったタシトゥス(牡3歳)のオッズを、各社わずかではあるが引き上げた(評価ダウン)一方、ゲート番「9」を引いたウォーオブウィル(牡3歳)のオッズは3社とも変えなかった。ただし、タシトゥス1番人気、ウォーオブウィル2番人気の序列には変わりがない。

ゲート番「3」という好枠を引いたマスターフェンサー(牡3歳)のオッズをカット(評価アップ)し、5番人気から3番人気に浮上させたのがユーエスレーシングだ。また、ラドブロークスはマスターフェンサーの数字は変えなかったものの、エバーファスト(牡3歳)のオッズを引き上げたため、ここでもマスターフェンサーは横並びの3番人気となっている。実は、現地時間5月29日(水曜)に行われた追い切りで軽くつまずくアクシデントがあった以前は、同馬を各社とも3番人気前後に推しており、アクシデントで下がった評価が、獣医検査の結果を通じて全く異常なしとの診断が出たことから、元に戻ったと見ることもできそうである。

逆に、各社ともオッズを引き上げたのがスピンオフ(牡3歳)だ。先週、今週と抜群の追い切りを披露し、ゲート番も「6」と悪くないところを引いただけに、いささか不可解なオッズの動きである。同馬を管理するT.プレッチャー調教師はイントレピッドハート(牡3歳)と2頭出しだが、実績では劣るイントレピッドハートの方が上位人気となっている。

文:合田 直弘

ブックメーカーオッズの表示方法について

ブックメーカー各社が発表しているオッズは、一般的に「4/5」や「4:5」といった形で表示されます。これはどちらも、“「5」購入すれば、的中したときに5(購入単位)+4(配当)=「9」払戻される”ことを意味します。

この例をJRAのオッズ表示に換算すると、JRAのオッズ=馬券が的中した場合の「倍率」ですので、「4/5」は「5」購入すると「9」払戻されるので、9÷5=「1.8」倍となります。

当コーナーでは、ブックメーカーの一般的なオッズ表示をJRAのオッズ表示に換算して掲載しております。また、換算後のオッズは、小数点第1位までの表示(小数点第2位以下は切り捨て)となります。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: