海外競馬発売

ジャックルマロワ賞(G1)

ドーヴィル競馬場 1600メートル(芝)3歳以上

  • 発売開始時刻日本時間8月12日(日曜)午前7時00分

  • 発走予定時刻日本時間8月12日(日曜)午後11時20分

現地リポート

  • 2018年8月11日(土曜)第5回(最終回)

    ヨーロッパ一流マイラーが集結、各陣営がライバル視するのは?

    アイルランドから遠征するローマナイズド(牡3歳。K.コンドン厩舎)の手綱を取るのはS.フォーリー騎手。中間の追い切りにも騎乗し、「馬はとてもハッピーな状態」という彼に、怖い存在の相手がいるかを聞くと、同じ国から遠征する“あの馬”の名を挙げた。

    アルファセントーリ。ここ最近の彼女の競馬ぶりは驚異的だね。・・・

  • 2018年8月10日(金曜)

    巻き返し期すレコレトスと、再び激走が期待されるイギリスからの遠征馬

    レコレトス(牡4歳。フランス・C.ラフォンパリアス厩舎)は今年のイスパーン賞(G1)の勝ち馬。昨年までは2000メートル前後を中心に使われ、グレフュール賞(G2)やプランスドランジュ賞(G3)勝ちがあったが、G1では仏ダービー3着や英チャンピオンS4着など、あと一歩足りなかった。
    しかし、今年からマイル戦線に名乗りを上げると休み明けにも関わらずいきなりミュゲ賞(G2)を優勝。続く1850メートルのイスパーン賞も連勝。初のG1制覇を成し遂げてみせた。

  • 2018年8月9日(木曜)

    G1を3連勝。さらなる快進撃が期待される本命馬と、名門・ファーブル勢

    現在G1を3連勝中。ジャックルマロワ賞でも当然、人気になりそうなのがアルファセントーリ(牝3歳。アイルランド・J.ハリントン夫人厩舎)だ。 アイルランドの主要競馬場の一つ、カラ競馬場から車で南へ約30分。周回1400メートルの馬場を有すプライベート厩舎を持つのがミセス・ジョン・ハリントンことジェシカ・ハリントン女性調教師だ。

  • 2018年8月8日(水曜)

    調教師、騎手が「マイルは良い」と言うインテロジャントと、現地滞在中のウィズユー

    「ドーヴィルには当日輸送で運びます」
    管理するF.シャペ調教師がそう語るのはインテロジャント(牡3歳)だ。
    前走は今回と同じドーヴィルで競馬をしているが、そのまま残す事はせず、一旦シャンティイの厩舎に戻った。その後はリオンの坂路コースで調教されており、同氏は次のように続けた。
    「ハッキングで1本、キャンターで1本がこの馬の調整法。ジャンプラ賞(G1。前走)はよくしのいで勝ってくれたけど、その後も変わらず良い状態をキープできています」

  • 2018年8月7日(火曜)

    アイルランドから2頭出しのコンドン勢と動向が注目されるサンダースノー

    現地時間8月7日、アイルランドで追い切られたのがローマナイズド(牡3歳、アイルランド、K.コンドン厩舎)だ。手綱をとったのは主戦のS.フォーリー騎手。追った後の感触を次のように語った。
    「元々少し難しい面のある馬で、朝の調教ではそれほど動かないんだ。さらにセントジェームズパレスS(G1。6月19日)以来、間は開いているからどうかと思ったけど、この馬なりにブランクを感じさせない動きをしてくれました。状態、仕上がり共に良さそうです」

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: