海外競馬発売

香港スプリント(G1)

シャティン競馬場 1200m(芝)3歳以上

  • 発売開始時刻日本時間12月10日(日曜)10時00分

  • 発走予定時刻日本時間12月10日(日曜)15時40分

前哨戦紹介

  • 注記:太字は香港スプリント出走予定馬
  • 注記:12月1日(金曜)時点での情報を基に作成

香ジョッキークラブスプリント(G2)

2017年11月19日(日曜) 香港・シャティン競馬場

芝1200m 10頭 良

優勝ミスタースタニング(せん5歳)

  • 騎手:N.ローウィラー
  • 調教師:J.サイズ(香港)
  • 2着 アメージングキッズ 1 1/2
  • 3着 ディービーピン 1 1/2
  • 4着 ペニアフォビア 3
  • 5着 ザウィザードオブオズ 3
  • 7着 ノットリスニントゥーミー 4
  • 9着 ラッキーバブルズ 4 3/4

備考:着差は1着馬からの着差

香港スプリントの前哨戦、香ジョッキークラブスプリントは、1頭が取り消して(獣医委員による除外)10頭立て。1番人気は、5月のチェアマンズスプリントプライズ(G1・芝1200m)の勝ち馬ラッキーバブルズで単勝2.4倍。4頭出しのJ.サイズ厩舎のミスタースタニングが3.2倍の2番人気。同じくサイズ厩舎のザウィザードオブオズが3.6倍の3番人気で出走を迎えた。

レースは、単勝35倍と人気のなかったペニアフォビアが予想通りに逃げたが、意外にもペースは上がらず。オーストラリアのN.ローウィラー騎手が後方から競馬を進めたミスタースタニングは、直線入り口で4番手まで押し上げると、馬場の真ん中を気持ち良く伸びて優勝。前走のプレミアボウル(G2・芝1200m)に続く重賞連勝で本格化をアピールした。1馬身半差の2着にこちらも後方待機のアメージングキッズ、3着にディービーピンが入って、サイズ厩舎の馬たちが上位を独占した。4着に逃げたペニアフォビアザウィザードオブオズは5着。1番人気に推されたラッキーバブルズは、内を狙ったものの前が塞がり、脚を余して9着に敗れた。良馬場の勝ちタイムは1分09秒33。

勝ったミスタースタニングは、ヨーロッパでも評価の高いエクシードアンドエクセル(その父デインヒル)を父に持つ5歳せん馬。重賞初挑戦となった4月の香スプリントカップ(G2・芝1200m)を制して、香港短距離戦線の最前線に浮上。続くチェアマンズスプリントプライズ(G1・芝1200m)でもラッキーバブルズにクビ差まで迫る2着に好走し、今年9月に幕を開けた新シーズン初戦となった10月のナショナルデーカップ(G3・芝1000m)は先行して6着に敗れたが、中2週で臨んだプレミアボウルをトップハンデ(133ポンド=60kg)で制していた。上位5頭と、7着のノットリスニントゥーミー、9着のラッキーバブルズは、本番の香港スプリントで再戦する。

文:奥野 庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: