海外競馬発売

香港マイル(G1)

シャティン競馬場 1600m(芝)3歳以上

  • 発売開始時刻日本時間12月10日(日曜)10時00分

  • 発走予定時刻日本時間12月10日(日曜)16時50分

現地リポート

  • 2017年12月9日(土曜)第5回(最終回)

    地元のホープ、リョン騎手が騎乗するビューティージェネレーション

    シーズンズブルーム(せん5歳)と並ぶ香港マイル路線における上がり馬といえば、ビューティージェネレーション(せん5歳)である。今シーズンに入って、重賞を3戦して2勝3着1回。3走前のセレブレイションカップ(G3)ではシーズンズブルーム(2着)を下している。キャリアが浅いため、レーティングはまだ低いが、管理するジョン・ムーア調教師の期待は高い。

  • 2017年12月8日(金曜)第4回

    成長も充実も著しいローリーポーリー

    「ビューティフルフィリー」
    ローリーポーリー(牝3歳)について聞くと、開口一番そう答えたのがシーミー・ヘファナン騎手。今回は3走ぶりに同馬の手綱をとる。
    「今年になってG1を3つ勝っているように、成長も充実も著しい。そういう馬ですよ」
    ヘファナン騎手が続けてそう語るように、前々走のサンチャリオットSやロートシルト賞などG1を勝利し、今年、急激に開花した感がある。

  • 2017年12月7日(木曜)第3回

    台風の目となるか!?シーズンズブルーム

    今年の香港マイルで台風の目となりそうなのが、前哨戦の香ジョッキークラブマイル(G2)で居並ぶ香港のマイル戦線の猛者を一刀両断にしたシーズンズブルーム(せん5歳)であることに異論はないだろう。そのシーズンズブルームが、レースでも騎乗するジョアン・モレイラ騎手を背に、芝コースの1800mのスタート地点から向正面いっぱいを使って追い切られた。僚馬を2馬身ほど先行させ、3コーナーに入る手前の100m付近で馬なりのままかわしてフィニッシュした。その動きを調教スタンドから双眼鏡で見守ったのが、管理するチャプ−シング・シャム調教師である。

  • 2017年12月6日(水曜)第2回

    イギリスからの遠征馬、ライトニングスピア

    12月6日、現地入り後、初めて馬場に姿をみせたのがイギリスのライトニングスピア(牡6歳)だ。2日(土曜)には到着していただけに、3日間は検疫厩舎周辺での運動のみだった。理由をトラベリングヘッドラッド(遠征主任)のイアン・ラッセル氏に聞くと、次のように答えた。
    「長い時間の輸送だったので、万全を期して厩舎で調整をしました。アクシデントがあったわけではありません」

  • 2017年12月5日(火曜)第1回

    虎視眈々と連覇を狙う昨年の覇者ビューティーオンリー

    香港マイルには、昨年の覇者ビューティーオンリー(せん6歳)が出走する。しかし、昨年のその勝利以来8戦、この春の安田記念(6着)も含め勝利からは見放されている。その間ずっと手綱を取っているのがザカリー・パートン騎手だ。この馬の最近のレースぶりについて伺うと、少し眉間にシワを寄せて、答えた。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: