海外競馬発売

香港マイル(G1)

シャティン競馬場 1600m(芝)3歳以上

  • 発売開始時刻日本時間12月10日(日曜)10時00分

  • 発走予定時刻日本時間12月10日(日曜)16時50分

前哨戦紹介

  • 注記:太字は香港マイル出走予定馬
  • 注記:12月1日(金曜)時点での情報を基に作成

香ジョッキークラブマイル(G2)

2017年11月19日(日曜) 香港・シャティン競馬場

芝1600m 12頭 良

優勝シーズンズブルーム(せん5歳)

  • 騎手:J.モレイラ
  • 調教師:C.シャム(香港)
  • 2着 ヘレンパラゴン 1/2
  • 3着 ビューティージェネレーション 1
  • 4着 ビューティーオンリー 1 1/4
  • 5着 シシュアンダール 2
  • 7着 ホースオブフォーチュン 2 1/4
  • 8着 ウエスタンエクスプレス 2 1/2
  • 12着 ジョイフルトリニティ 4 3/4

備考:着差は1着馬からの着差

香港マイルの前哨戦としてシャティンの芝1600mを舞台に行われた香ジョッキークラブマイルは、新星・シーズンズブルームが快勝。本番の有力候補に浮上した。前走のセレブレイションカップ(G3・芝1400m)はビューティージェネレーション(1着)の逃げ切りを許して2着に惜敗していたが、最後の伸びは目立っており、ここではビューティーオンリーと並んで単勝3.7倍の1番人気に推されていた。人気を分け合ったビューティーオンリーは、1番人気で出走した前走のシャティントロフィー(G2・芝1600m)を後方のままで終えた(9着)が、ファンは叩かれての上積みを見込んでいた。重賞を連勝中のビューティージェネレーションが、単騎で行ける展開面での有利を買われて6.8倍の3番人気となった。

レースは予想通りビューティージェネレーションが先手を奪い、ウィナーズウェイ、ジャイアントトレジャーが、これをかわしに行く出入りの激しい展開。いつものような出足がきかないシーズンズブルームは、J.モレイラ騎手が8番手を追走した。直線に向いて、先頭に立ったビューティージェネレーションがしぶとく粘るが、外から追い上げてきたシーズンズブルームがラスト100mで逆転。メンバー中最速(上がり2ハロン22秒55)の脚による後方一気を演出した。半馬身差の2着にヘレンパラゴンビューティージェネレーションは3着、ビューティーオンリーは4着に終わった。良馬場の勝ちタイムは1分34秒13。

シーズンズブルームは、シャマーダルの仔でオーストラリアのG1・エプソムHなどを制したキャプテンソニャドールを父に持つオーストラリア産の5歳せん馬。オーストラリアでルキャピテーヌの馬名で2戦1勝して香港に移り、移籍2戦目から芝1400mの一般戦を2連勝。今年1月からの4歳三冠シリーズに参戦して、一冠目の香港クラシックマイル(芝1600m)は後の三冠馬ラッパードラゴンの2着に善戦したが、続く香港クラシックカップ(芝1800m)が3着、香港ダービー(芝2000m)が4着と距離の壁を感じさせた。昨シーズンの最終戦となった6月18日のクラス2ハンデ(芝1600m)からJ.モレイラ騎手にスイッチ。ここを勝つと、シーズンオフを挟んで今季初戦のクラス1ハンデ(芝1200m)も連勝。重賞に初挑戦(4歳三冠シリーズは特別条件競走)となった10月のセレブレイションカップでは、ビューティージェネレーションの逃げ切りを許したものの、最後に強烈な末脚を披露していた。G1での実績がなく、香港マイルの出走予定馬の中ではレーティング最上位の119で並ぶビューティーオンリーヘレンパラゴンに4ポンド差の115だが、ヨーロッパのブックメーカーでは1番人気に推すところもあり、台風の目になっている。

文:奥野 庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: