現地リポート

  • 2017年3月24日(金曜)第5回(最終回)

    シャドーロールでG1獲りに挑む理由と、“大魔神”ドバイに上陸!

    リブチェスター(牡4歳)は、連日、ダートコースでキャンター。前日(23日)のリポートでは、レースで騎乗するW.ビュイック騎手のコメントを紹介したが、今日(24日)は、管理するR.フェイヒー調教師(イギリス)に話を伺った。

  • 2017年3月23日(木曜)第4回

    有力各陣営が口をそろえて「怖いのはあの馬!!」

    現地時間23日、リブチェスター(牡4歳)は、ダートコースでキャンターを行った。その様子を見守っていたのは、レースで手綱を取るW.ビュイック騎手だ。
    「タフな馬なので輸送で、へこたれることなく飼葉を食べているようで す。だから実際、すごく良く見えましたね」

  • 2017年3月22日(水曜)第3回

    伯楽が語るザラックと母ザルカヴァとの類似点

    現地時間22日、名牝ザルカヴァの子、ザラック(牡4歳)が芝コースを併せ馬で追い切られた。内馬場から追い切りを見守った直後には、「(馬が)馬場の外側を走っていたので、少し見づらかったね……」と語っていたA.ドゥロワイエデュプレ調教師(フランス)だが、その後に話を伺うと丁寧に答えてくれた。

  • 2017年3月21日(火曜)第2回

    虎視眈々、頂点を狙うフランス勢

    2008年の凱旋門賞馬ザルカヴァの子、ザラック(牡4歳)がダートコースで軽快なキャンターを披露した。管理するA.ドゥロワイエデュプレ調教師(フランス)がまだ現地入りしておらず、スタッフも筆者のいるスタンド側には来なかったため、情報を入手するのは困難を極めたが、それでも引き上げてくる際、乗り手に声をかけるとニコリと笑いながら答えてくれた。

  • 2017年3月20日(月曜)第1回

    2頭出しの日本馬は共に順調さをアピール!

    現地時間20日の朝、ドバイターフに出走を予定する日本馬2頭が共にダートコースに入った。

    昨年の覇者リアルスティール(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、安藤貴英調教助手を背にダートコースでキャンターをした後、ポニーを付けてパドックをスクーリングした。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: