現地リポート

  • 2017年3月24日(金曜)第5回(最終回)

    前年王者の指揮官が語る、現地での調教法の変え方とは?

    現地時間24日、前年の覇者ポストポンド(牡6歳)を管理するR.ヴェリアン調教師(イギリス)は、前日(23日)に芝コースで追い切った後のポストポンドの様子を、次のように語った。
    「追い切ってひと晩明けましたが、ダメージもなく元気です」

  • 2017年3月23日(木曜)第4回

    昨年の覇者ポストポンドが抜群の最終追い切りを披露!

    現現地時間23日、まだ空も真っ暗な時間帯にポストポンド(牡6歳)が芝コースで追い切られた。動きは鋭く、併せた相手を楽々3馬身以上突き放してみせた。

    追い切りを見届けたR.ヴェリアン調教師(イギリス)は、満足げな表情で語り出した。

  • 2017年3月22日(水曜)第3回

    ポストポンドは23日に芝へ入れる予定。調教師がライバルと思っている馬は…

    現地時間22日、ポストポンド(牡6歳)を管理するR.ヴェリアン調教師(イギリス)が現地入りした。
    「馬は前走(ドバイシティーオブゴールド、2着)を叩かれてさらに良くなっています」
    表の馬場に出てこないためその姿を確認できないことを伝えると、若い調教師は申し訳なさそうにほほ笑んだ後、答えた。

  • 2017年3月21日(火曜)第2回

    ジョッキーの母が語る今年のドバイシーマクラシックの見解は!?

    21日、ドバイシーマクラシック出走予定馬で馬場入りしたのは、日本のサウンズオブアース(牡6歳、栗東・藤岡健一厩舎)ただ1頭。まだ暗い早朝のうちに馬場入りし、キャンターでダートコースを1周。その後、パドックをスクーリングした。

  • 2017年3月20日(月曜)第1回

    昨年の覇者ポストポンドが敗れた前哨戦を制したのは……

    現地時間20日、ドバイシーマクラシック出走予定馬で馬場入りしたのは、地元馬を除くと日本のサウンズオブアース(牡6歳、栗東・藤岡健一厩舎)くらい。ダートコースをキャンターで1周半乗られる調整で、手綱を取った仲田雅興調教助手は次のように語った。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: