海外競馬発売

ベルモントステークス(G1)

フランス シャンティイ競馬場 2400m(芝)3歳以上 牡・牝

  • 発売開始時刻日本時間10月1日(日曜)10時00分

  • 発走予定時刻日本時間10月1日(日曜)23時05分

前哨戦紹介

  • 備考1:太字は凱旋門賞出走予定馬
  • 備考2:9月22日時点での情報を基に作成

愛セントレジャー(G1)

2017年9月10日(日曜) アイルランド・カラ競馬場

芝2800m 10頭 重

優勝オーダーオブセントジョージ(牡5歳)

  • 騎手:R.ムーア
  • 調教師:A.オブライエン(アイルランド)
  • 2着 トルセドー 9
  • 3着 マウントモリアー 4 1/2

3歳で挑戦した一昨年に本レースを制し、昨年は伏兵ウィックローブレーブ(1着)に半馬身差の2着だったオーダーオブセントジョージ(父ガリレオ)の長距離実績は群を抜いていた。前哨戦の愛セントレジャートライアルS(G3・芝2800m)は2着馬に4馬身3/4差をつけて快勝。臨戦過程も文句なく、鞍上はR.ムーア騎手という盤石ぶりで、単勝オッズ1.4倍の圧倒的1番人気に支持された。2番人気は、昨年のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1)3着、カナディアンインターナショナル(G1)2着とG1で好走し、今年5月のヨークシャーカップ(G2)を勝っているダートマスで6倍。昨年の覇者ウィックローブレーブが12倍の3番人気で続いた。

荒れた馬場で行われたレースはロードイエーツが先手を取り、道悪にしては淀みないペースで流れる。オーダーオブセントジョージは中団6番手あたりを進む。ムーア騎手が包まれるのを嫌って3コーナーで馬を外に持ち出し、4コーナーでは早々と先頭。内に切れ込んでラチ沿いを伸び、後続に9馬身差をつけてゴールに飛び込んだ。一昨年優勝時の11馬身差には及ばなかったものの、ステイヤーの血が騒いだ。道中は勝ち馬の内につけ、直線でジワジワと伸びたトルセドーが2着。唯一の3歳馬マウントモリアーが3着。ウィックローブレーブは直線でいったんは2番手に上がったものの、力尽きて4着。2番人気のダートマスは8着に敗れた。

愛セントレジャー2勝は史上5頭目。重馬場の勝ちタイムは3分07秒82。良馬場で行われた3歳時(2015年)は3分03秒19で優勝しており、スタミナとスピードのバランスが取れていて、馬場を問わない強みが存分に発揮された。

レース直後、A.オブライエン調教師はオーストラリアのメルボルンカップ(G1)参戦と、この勝利で浮かび上がってきた凱旋門賞参戦の可能性について問われると、「(58kgのトップハンデが設定されたメルボルンカップより)凱旋門賞の方が好ましい」ときっぱり。昨年3着に健闘した実績も加味されて、凱旋門賞へ進路が取られた。

オーダーオブセントジョージの通算成績は20戦10勝。G1は愛セントレジャー2勝と昨年のアスコットゴールドカップ(イギリス・芝4000m)の計3勝。最新の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」の「芝E部門(2701m以上)」では、今年のアスコットゴールドカップを制したビッグオレンジ、天皇賞(春)優勝のキタサンブラックと肩を並べる121ポンドのトップ評価を受けている。

昨年の凱旋門賞で史上初の1〜3着独占の偉業を成し遂げたオブライエン厩舎は、今年も複数頭の凱旋門賞参戦を計画。3歳牝馬の中から選抜されたウィンター、昨年の凱旋門賞2着馬ハイランドリール、英セントレジャー優勝馬カプリ、そして、昨年を上回る状態での挑戦となりそうなこの馬に、再度の夢が託されている。

文:奥野庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: